作り置きも◎。簡単「クロックムッシュ」で、自分を愛しむひとりごはん

2021.03.17 FOOD

v i v o 花本さんに教わる簡単レシピシリーズ、今日はフランスの国民食ともいえるホットサンド『クロックムッシュ』です。

 

使用するホワイトソースは市販のものでももちろん構いませんが、お時間ある方は是非ご自身で作ってみてくださいね。手作りのホワイトソースの味は格別ですよ! 今日はその世界一簡単なホワイトソースの作り方も一緒にご説明していきますの で、少し長くなりますが、どうぞご期待ください。

 

休日にぴったりの食パンランチ:クロックムッシュとは?

皆さん、『クロックムッシュ』と聞いてどんな食材を使っているかパッと思い浮かびますか?

 

パリ生まれのこのホットサンドは、基本的に食パン・ハム・チーズ・ホワイトソースの4食材で構成されています。すごくシンプルな王道のホットサンドとも言えるでしょう。だからといってパンやハム・チーズといった食材に特にこだわる必要はありません…… 何を使っても大体美味しくできます(笑)。

そう、こだわるべきはホワイトソースです。世界一簡単な自家製ホワイトソースの作り方お教えしましょう!

 

ホワイトソースの黄金比

【材料】
バター      30g
小麦粉      30g
牛乳          300ml

これがホワイトソースの黄金比です。バターと同量の小麦粉に10倍の牛乳。後はテフロン加工のフライパンと泡立て器を用意しましょう。

 

【作り方】
①先ずはテフロンフライパンにバターを入れます。

 

②バターが溶けたら小麦粉を加えましょう。

 

③泡立て器で混ぜながら小麦粉とバターを馴染ませ…

 

④表面がフツフツとなったら、牛乳を一気に加えます。泡立て器で混ぜながら加熱していき、沸騰したら完成です。塩コショウはお好みで。

 

⑤どうですか?とっても簡単でしょ。完成まで5分とかかりませんよ。出来上がったらタッパーなどに移してあげましょう。乾燥を防ぐために熱いうちに表面にラップをするのを忘れずに。

 

クロックムッシュを組立てる。

さあ、後は塗って挟んで焼くだけです。ホワイトソースは温かいまま使用してもいいですが、冷蔵庫で5日ほどは保存可能なので時間あるときに作り置きしておくのがオススメです。

【材料】
食パン                  2枚(8枚切り)
ハム                      2枚
ホワイトソース  適量
ピザ用チーズ      30g

【作り方】

①食パン2枚にホワイトソースをたっぷりと塗りましょう。

 

②ハムをのせてホワイトソースを塗った部分を重ね合わせます。

 

③表面にもう一度ホワイトソースをたっぷりと。  (※パンの4隅までしっかりとホワイトソースを塗ってあげましょう。塗ってない部分があると、この後オーブントースターで焼く時、その部分だけ焦げてしまうので……)

 

④ここにチーズをのせます。

 

⑤後はオーブントースターでこんがり焼けば完成です。

 

写真のようにしっかりと焦げ目が付くまで焼いてあげた方が美味しいです。

さらにこのクロックムッシュ、冷凍保存もできるのでとっても便利ですよ。チーズまでのせた状態でラップで包んで冷凍庫へ。後は食べたい時に軽く電子レンジで温めてオーブントースターに入れるだけです。

 

後、食べる時は、手で食べようとすると火傷するので注意してくださいね。焼きたてのチーズとホワイトソースは思いのほか熱いです……笑。

ナイフとフォークを使って食べるのがフランス流。休日のランチなんかにいかがでしょう。

出典>>「クロックムッシュ」の材料4つ言えますか?【シェフのテク】

 

休日にぴったりの食パンおやつ:レンジで簡単「フレンチトースト」

お次は『レンジで作る!フレンチトースト』の紹介です。    特製の卵液をたっぷり染み込ませて、レンジで過熱。最後にちょっとだけオーブントースターを使用して、より香ばしく仕上げていきます。

このレシピは以前私が務めていたホテルのレシピがベースとなっていて、レンジ調理ですが味は本格派です!  他のレシピにはない、いくつかのポイントがありますので、そこだけしっかり押さえていきましょう。

 

今回はバゲットではなく食パンを使って作っていきます。バゲットは電子レンジとの相性が悪く、過熱中に固くなってしまうので避けましょう。

 

そして1番大事なのが、砂糖です。砂糖は黒砂糖を使用してください。  ここが今回のレシピの最大のポイントですので、お持ちでない方はぜひ購入を。高いものじゃないですしね。

 

【材料】

食パン(6枚切り)        1枚

                                       1個

牛乳                                   60ml

黒砂糖                               15g

バニラエッセンス           適量

塩ひとつまみ

この塩は入れても入れなくても大丈夫ですが、ほんのひとつまみだけ加えると味がグッと引き締まって美味しくなります。

 

 

【作り方】

①先ずは卵液を作っていきましょう。  ボウルに材料を全て入れ、泡立て器で混ぜていきます。黒砂糖が溶けにくいのでしっかりと。

 

②6枚切りの食パンを、ミミを残したまま適当な大きさに切ります。

 

③卵液の入ったボウルに入れ、軽く混ぜます。パンが卵液を吸いきればOK

 

④耐熱皿に並べ、ラップをして電子レンジで600wで1分。これで加熱は完了。

 

⑤上から黒砂糖(分量外)をたっぷりかけ、今度はオーブントースターへ。砂糖が溶けてカラメル状に焼き色がつけば完成です。大体3〜4分といったところでしょうか。

 

フライパンにバターをしいて、卵液浸したパンを焦がさずにこんがり焼くのは結構、至難の技。ですから今回はこの後足しオーブントースター方式で仕上げ、香ばしいフレンチトーストにしました。

ぜひマスターしていただいてご活用ください。

表面カリカリ、中はもっちりで、ちょっとブリュレっぽくて美味しいですよ!!

 

出典>>食パンで作る!朝ごはんにぴったりのレンジで簡単「フレンチトースト」

 

vivo daily stand

フレンチデリとデイリーワインをメインに提供する一人でも気軽に使える地域密着型のバル。都内に20店舗以上展開しています!

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク