【40代編集部長の婚活記#248】なぜ40代独女は恋愛で「ネガティブ思考」になるのか?

40代の婚活には、新たな発見がある。40代の婚活を始めて4年8カ月、OTONA SALONE編集部長・アサミ、49歳。これまでに100人以上もの男性と婚活を通じて出会ってきた。現在進行形のお相手は、SNSで出会ったキャットさん(46歳・バツイチ・起業家)。

キャットさんとの会話は、とても興味深い内容で……! この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

 

初対面でギャップを指摘される

キャット「僕が思うに、アサミさんってある意味、二面性があるんじゃないかなって」

アサミ「二面性? 二重人格とかですか?」

キャット「ギャップ、ですかね」

アサミ「どんなギャップを感じます?」

キャット「仕事と恋愛でのギャップだったり、外見と内面のギャップだったり、浅い関係性と深い関係性でのギャップだったり、かな」

キャットさんとの会話は、いままでデートした相手とはまったく違った。なにげに、自分のことをここまで質問されるのは、初めてかもしれない。

 

ふだんはなにげに「聞き役」

過去の婚活デートの会話を振り返ってみると、私が質問するパターンが圧倒的に多かった。つまり私は“聞き役”であり、会話の“進行役”というパターン。

とはいっても、婚活デートで私が聞き役に徹していると気づく人はいなかったと思う。それは、よくしゃべっているというか、絶え間なく質問を繰り出しているからだ。付き合いが浅い相手に対しては、会話が途切れないよう次々と質問してしまう癖がある。

親しくなった相手となら、聞き役と話し役を交互に担うこともできるし、なんなら無言でもいられるんだけど。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク