【40代編集部長の婚活記#250】完結編!恋愛に自信がない40代独女のコンプレックス

40代の婚活は、自分発見の連続かもしれない。婚活歴4年8カ月のOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)は、これまでに100人以上もの男性と出会ってきた。

現在進行形のお相手は、SNSで出会ったキャットさん(46歳・バツイチ・起業家)。

キャットさんは私の恋愛と、それ以外の思考回路の大きな隔たりについて、原因を解明してくれるようで……!? この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

 

成功体験があるか、ないか?

人生で告白した経験がまったくない私に、キャットさんが指摘した。

キャット「恋愛の告白において経験0なのですから、成功体験がないわけで。だから恋愛に自信がなくて、モテないとか、ネガティブな思考回路になるのではないかと」

確かに。告白してないわけだから、その成功体験はない。仮に自分から告白して、成功する自信はまったくない。

キャット「告白されるっていうのは、基本的に成功体験じゃないんですよね。もともと自分がすごく好きな相手だったとしても、自分からアクションを起こした結果のゲインではないから」

なるほど! キャットさんの説明に、ものすごく合点がいった。

 

告白してくれた男性のこと

キャット「過去におつきあいしたお相手は、告白されたパターンだけでしたよね」

アサミ「はい」

キャット「意識していなかった相手からなのか、それとも気になっていた相手なのか。どちらですか?」

アサミ「両方あります。でも、意識してなかった相手のほうが多いかな。好きって言ってもらえたので、ありがたいなぁと」

もともと恋愛感情があまり湧いてこない人生だったので、つきあう前に意識した相手って……2人しかいないな。そのうち1人は、この婚活記に書いている人だし。

キャット「ありがたい?」

アサミ「私に好意を持ってくだるなんて、稀有な存在だと」

大学生になって知り合う人の数が増えると、変わった好みの男性も出てくるものだなぁと驚いたことを、いまでもよく覚えている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク