ずっと受け身のセックスばかりだった、けど。【40代、50代の性のリアル】#2(後編)

2021.06.04 LOVE

「フラれたときにあれだけ落ち込んでいたんだから、気持ちが動いて当然ですよね。でも私ともすでに関係が始まっていましたし、彼はふたりの女性のあいだを往き来しながら、ずいぶん揺れていました。私は私で、気持ちが乱れるばかりで食欲が落ち、急激に痩せてしまって。ユウスケさんはそれを心配して食事に連れ出してくれたりとやさしかったんですけど……最終的には『もう会えない』といわれました。元カノのもとへ戻ったかどうかはわかりません」

 

アヤコさんにとっては、手痛い経験だった。4年経ったいまも、ユウスケさんへの想いは残り、それを胸に抱えたまま婚活アプリでパートナーを探している。

 

パートナー探しに苦戦中

「男の人はもういいかなと思うときもあるし、年齢といいバツイチ子ありというプロフィールといい婚活の世界では厳しいなと痛感させられるし、私、何のためにやっているんだろうとわからなくなるときがあります。誰かとメッセージを交換し合っているときはいいけど、それが途切れるとすぐ気持ちが不安定になるわ、なんとか会った人とは中途半端な形で終わっちゃうわ、なんだか自分を傷つけるためにやっているみたい」

そういってアヤコさんは自信なさげに苦笑する。けれど話していて感じたことがある。アヤコさんはもともと自信のない人ではないのではないか。仕事の場ではこうした気弱な発言をすることなく、なんでもテキパキこなす器用な人のように見える。一方で恋愛もセックスも基本的には受け身の姿勢。アンバランスではあるが、それはそれでアヤコさんのパーソナリティなのだろう。

 

そんなアヤコさんに変化をもたらしたのが、ユウスケさんとのセックスだった。

 

これからのセックスは、自分次第

「なんだかんだいって、女性としてまだ終わりたくないっていう気持ちもあるんですよね。まだしばらくは誰としても彼とのセックスと比べてしまうと思うけど、あれは私と彼のふたりだからできたこと。彼以上の人はもう現れないかもしれません。今後は、それを知る前の自分に戻って求められるままのセックスをするのか、彼が教えてくれた“ちゃんと気持ちが通い合う”セックスをできる相手を探しつづけるのか……それは私次第なんでしょうね」

 

アヤコさんは迷っているふうだった。けれど、筆者の目には彼女がいまどちらを望んでいるのかは明らかった。今後、アヤコさんはまだまだ変わりつづけていく。そう思わされた。

 

>>次のお話「恋愛不要、セックスだけ欲しかった女性に変化が」へ(6/ 5 更新)

<<この記事の前編へ

 

【編集部より】

三浦ゆえ(Twitter:@MiuraYue)さんのインタビューを受けてくれる方を募集します。
ご自身のセックス観、セックスライフについて、
したい・したくない、している・しない、できる・できない……セックスに積極的な人も消極的な人も。
あなたの「40代、50代の性のリアル」を教えてください。
*対象は40代、50代の女性に限定させていただきます。
*記事化に際して、個人が特定できるような情報は一切掲載しません。掲載前には必ずの、内容についてのご確認をいただきます。
*当アンケート、およびインタビューで知り得た個人情報を、所期の利用目的以外で利用することはありません。また第三者に提供あるいは公開することもありません。
ご応募はこちらから

1 2

この記事を書いたのは
フリー編集&ライター 三浦ゆえ

スポンサーリンク

スポンサーリンク