#35結婚できない女が「譲れない」めんどくさい条件【40代編集長の婚活記】

44年の人生の中で「結婚したい」と思わずにきたOTONA SALONE編集長のアサミが、よっこらしょと重い腰を上げてスタートした40代の婚活。婚活パーティで出会った55歳の男性・ホワイトさんとデートに至る。ホワイトさんはバツサンだったり、息子がいたりと気になる点はあるものの、話は面白いし、スマートな立ち居振る舞いという魅力な点も感じつつ、今後をどうしようかと悩む。そんなとき、再びデートのお誘いがきて……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

2回目のデートのお誘いがきた

デートをしてから3日が経ち、ホワイトさんからメッセージが届いた。デートの誘いだった。

ホワイト「今週末、お時間ありませんか? 知人が恵比寿に寿司店をオープンして。ご一緒に行きませんか?」

婚活を始めて以来、2回目のデートの誘いをもらったことがなかったのでうれしかったし、お誘いの店がお寿司というのもとても魅力的な言葉だった。そういえば前回のデートのとき好きな食べ物の話をした。そのとき私が「お寿司が好き」と答えていたことを覚えていたのだろう。そういう点も、オトナであり、スマートだ。

早速メールを返信しよう。

アサミ「ありがとうございます! ぜひ。いつがよろしいですか?」

と、返信すればいいのだが……メッセージを打とうとする指が止まる。迷っている。

 

脳内で、天使と悪魔がせめぎ合う

迷っている私の脳内で、どこからともなく天使の声が聞こえてきた。

天使「何をためらってるの? 行ってみればいいじゃない!」

すると、悪魔の声も聞こえてくる。

悪魔「やっぱりさ、バツサンは嫌なんでしょ? 3回も離婚してるって絶対何か問題があるからじゃん」

天使「離婚の理由はホワイトさんの浮気だったわけじゃないし、それなのに自分が悪いって言うなんて。いい人よ!」

悪魔「嘘ついてるかもしれないよ? それに3回目の離婚理由は話してくれてないしね」

天使「その話を聞く意味でも、デートに行ったほうがいいじゃない!」

そうだよね、そういえば3回目の理由はまだ聞いてなかったし……。

悪魔「でもやっぱりバツサン男にあえて行きたくはないんでしょ」

天使「もう一回会ってみないとわかんないよ」

 

離婚歴以外で気になることの本音は?

確かにバツサンという事実はかなり引っかかっている。でも、気になっているのはそれだけじゃ、ない。

悪魔「実はバツサンのこと以上に気になってることあるんだよ」

天使「え、息子さんのこと?」

悪魔「それもホントはイヤなんでしょ」

痛いところつくなぁ、悪魔。正直言うとやっぱり子供はいないほうが……。

天使「でも息子さんは二人とも成人しているし、一緒に住んでいるわけじゃないもの」

悪魔「ま、それはギリ許容範囲でしょうね。でもほかに許せないことがあるはず」

天使「見た目のことも言ってたわね。ちょっと初老っぽいって。ダンディでいいじゃない!」

いや、見た目のことはほんのちょっと気になっただけで。すみません。会っているうちに見慣れてくると思うんだけど……。

天使「お金持ちっぽい感じが自分と釣り合わないってハナシ?」

悪魔「それはちょっといい子ぶって書いただけでしょう」

うるさい、悪魔! おだまり!

 

実はそれ以上に気になる、あの問題

息子も見た目も家柄も、気にならないではないけれど、それはまぁね……。

悪魔「もっと気になってる、結婚相手に譲れない条件があるんでしょ?」

天使「この間あげた気になる点はこの4つだったじゃない」

悪魔「あとから追加されたの!」

天使「何が?」

悪魔「本音をいうと、においがイヤなんでしょ!」

ドキッ!

悪魔「この人、実はにおい問題に超うるさいんだよ」

天使「もしかして……タバコのにおい?」

悪魔「そう。においにわりと敏感で、苦手なにおいがする人はアウトなんだよ」

……はい。悪魔の指摘の通り。私はホワイトさんの「タバコのにおい」が気になっていた。

友人や知人、ときどき食事をする相手からタバコのにおいがするぶんにはまったく構わない。実際に身近にたくさんいるし、その方々と一緒に時間を過ごすこともある。でもそれは限られた時間。結婚=一緒に生活することを視野にいれるとなると、話は別。タバコを吸わない人がいい。タバコのにおいのする部屋で24時間を過ごすのはちょっとツライのだ。

 

デートの帰り道、気になったこと

婚活パーティのときもデートのときも、お店が禁煙なこともあってホワイトさんはタバコを吸っていなかった。食事中は向かい合わせの席だったし、何より店内は鍋のいい香りがたちこめていたので、ホワイトさんからタバコのにおいは感じられなかった。だから、「におい問題」はないと思っていた。

でも帰り際に一瞬席を外したあと、タバコのにおいがした。聞けば1日1箱ちょっと吸うとのことだった。その後の帰り道はタバコのにおいが気になってしかたなかった。タバコを吸ったあとのホワイトさんと並んで歩くと、やっぱり衣服に染み付いたタバコ独特の香りがしていた。

タバコを吸わない人間は、吸う人よりタバコのにおいに敏感。加えて、私自身がやや嗅覚にすぐれているほうなのだと思う。会社でも周囲の人が気づかないにおいにいち早く気づくことが何度もある。

 

結婚相手に求める、ぶっちゃけた本音

私にとって、結婚相手に求める譲れない条件のひとつ「におい」問題。40過ぎても結婚できない女が、何を上から目線で言うんだと思う人もいるかもしれない。

しかし、これがぶっちゃけた本音。

この本音を書くのは、すごく迷いがあった。

生理的なことを条件にあげるのは失礼なことかもしれないし、「お前が言うな」と思われる部分もあるだろうし。

でも、本当に「におい問題」は大きく、苦手なにおいはストレス。一緒に生活をするうえで避けて通れない問題だ。

「美人は3日で飽き、ブスは3日で慣れる」という言葉や、「見慣れる」という言葉が一般的に使われるように、たぶん視覚というの徐々に慣れてくるものだと思う。

ちょっと話がはずれるが、「聞き慣れる」「食べ慣れる」もよく使われる。聴覚や味覚も次第に慣れてくるものなのだ。

でも、においという点については「嗅ぎ慣れる」というより「嗅ぎ慣れない」という言葉のほうが一般的に使用頻度が高い。それは、人間の五感の中でも嗅覚は慣れにくいということを暗に示しているのかもしれない。

 

またしても天使のささやき

ホワイトさんがバツサンということよりも、においのほうが引っかかっているのかもしれない。においだけでイヤとか……なんて狭量な女。なんてめんどくさい女。この程度のことでNGを出してたら、一生結婚できないのかもしれない。

天使「でも、とりあえずデートしてみたら?」

またも天使がささやく。

天使「ホワイトさんにちゃんと話をすれば、タバコをやめてくれるかもしれないじゃない」

あ、そうか。そうだよね。話してみないとわからないよね。天使の言葉にちょっとしたがってみようと思わなくもなかった。

 

【脳内天使のアドバイスに従って、とりあえず行ってみる? 続きはコチラ】

#36するどい指摘?40代独女が「結婚できない理由」とは?【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#34どこまでOK?男性の離婚歴と子供の数【40代編集長の婚活記】

 

スポンサーリンク

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事