いくつになっても、また絶叫するような歓びを味わいたい【性のリアル】

2021.07.17 LOVE

*連載一覧へ

前編から続きます。

 

【40代、50代の性のリアル #15 後編】

 

自分が夫とセックスするということが、もう考えられないかも

夫からの気遣いも日々、感じる。病状が悪化していたとき、夫の前でひどく取り乱したことがあった。本人もショックを受けたのか、それ以降は強い感情をぶつけてこなくなった。マチコさんが、強い言葉や大きな声を苦手としているからだ。

 

「穏やかに過ごせること自体は、ありがたいと思います。でも夫は仕事の愚痴も少なく、イライラを家に持ち帰らないようにしているみたいで、それはそれでストレスがたまらないかと思って心配になります」

 

思いやりから、セックスが遠のくこともある。けれど夫婦仲はいい。今後セックスが復活する可能性はゼロではないのでは?

 

「マッサージするなどスキンシップは欠かしていませし、いちゃいちゃしたい気持ちはあります。でもセックスとなると……怯んじゃうかも。私から茶化して、バタバタッと場をごまかして、セックスには至らないようにすると思います」

 

「ソロ活」「セルフプレジャー」、女性の性は大らかになってきている

薬が変更されて以降は、マチコさんの性的欲求も復活した。たまに性的な夢を見る、そのときの相手はいつも夫だ。でも、リアルな夫を性の対象として見ることは、もうない。

 

「いまは、ソロ活でいいかなと思っています。プレジャーグッズを買って使ってみたら、自分でするのとはぜんぜん違うなと思いました。自分の指だと力加減をしてしまうけど、グッズは思いもよらない動きで快感をもたらしてくれます。もうひとつあってもいいなぁと思って、狙っているグッズもあるんですよ」

 

ソロ活、セルフプレジャー……新しい言葉が出てきて、女性にとっても”当たり前”の行為と認識されるようになった。

 

もういちど、あの絶叫するような喜びを味わいたい

そんなマチコさんが「50代のうちに、女性用風俗を利用してみたい」と願うのはどうしてだろう?

 

「ソロ活では、中でイッたことがないんです。一度挿入してみたら私の粘膜が弱かったのか、角度が悪かったのか、出血してしまい……。なのでいまは、外への刺激だけで満足しています。でも、女性として生まれたからにはもう一度、あの死ぬほどの気持ちさを味わってみたいんです」

 

そのために婚外セックスを検討したこともある。けれど、好きになってはいけない人を好きになってしまうクセがあり、つらい別れを何度か経験したため、「お金でプロに頼むのが、きっとよい」という結論に至った。どんなお店があるんだろうと、調べたこともある。サービス内容や料金、利用した人からの評判などをつぶさにチェックした。

 

生涯最高の体験…深夜ドライブで「手だけの長い長い愛撫」が忘れられない

“あの”死ぬほどの気持ちよさをもう一度、というマチコさんには、忘れられない思い出がある。現在の夫と知り合ったのは、バイト先。当時は別に彼氏がいたが、別れたかった。その一方で夫のことが気になり、想いが高まった末、彼氏とは別れることにした。

 

「私からの告白でつき合うことになったその日、深夜のドライブに出かけたんです。車のなかで抱き合ったのですが、コンドームがなくて最後まではできませんでした。でもそのとき彼が手で長い時間、愛撫してくれたのが、強烈に気持ちよくて忘れられません。あのときを超える快感は今後も体験できないだろうと思うくらい」

 

その思い出があるから、マチコさんは行動できるのではないか、「女性用風俗を利用してみたい」と自分の欲望を発露させる場を決められるのではないか。自分はいいセックスを知っている、気持ちよくなれるというのは、ひとつの自信で、それがあるのとないのとでは、大きな違いになる。

 

50歳になる前に死んでいたかもしれなかった。この歓びをもう一度

マチコさんは現在、目標実現に向けて貯金に励んでいる。

 

「私は専業主婦なので、いますぐ利用しようとなると、夫の稼いだお金を使うことになって、それは違うと思うんです。生活をやりくりして自分で貯めたお金なら、堂々と行ける気がしています。病気のこともあって、50代になる前に死んでてもおかしくなかったと自分でも思うんです。ここまで生き延びたんだから、自分にご褒美をあげたい。それが私にとっては、女性用風俗なんです」

 

その目標を達成したあかつきには、ぜひもう一度お話を聞かせてほしい。

 

前編 <<<<

 

 

*この連載の記事一覧へ

 

【編集部より】

三浦ゆえ(Twitter:@MiuraYue)さんのインタビューを受けてくれる方を募集します。
ご自身のセックス観、セックスライフについて、
したい・したくない、している・しない、できる・できない……セックスに積極的な人も消極的な人も。
あなたの「40代、50代の性のリアル」を教えてください。
*対象は40代、50代の女性に限定させていただきます。
*記事化に際して、個人が特定できるような情報は一切掲載しません。掲載前には必ずの、内容についてのご確認をいただきます。
*当アンケート、およびインタビューで知り得た個人情報を、所期の利用目的以外で利用することはありません。また第三者に提供あるいは公開することもありません。
ご応募はこちらから

この記事を書いたのは
フリー編集&ライター 三浦ゆえ

スポンサーリンク

スポンサーリンク