【寝込むってホント?】コロナワクチン2回目。44歳女性編集者の身に起こった副反応とは【コロナワクチン体験記】

2021.07.21 WELLNESS

オトナサローネ編集部、星です。

7月19日(月)にコロナワクチン(ファイザー・2回目)を接種してきました。

1回目のワクチン接種でいくらか免疫がつくことで、2回目の接種の方が、免疫反応が起こりやすくなる……つまり、発熱や倦怠感などの症状が出やすくなると言われていますが、果たして星の場合はどうだったのか? ということをお伝えしたいと思います。

 

2021年7月19日12時半 ワクチン接種

病院の待合スペースに通され、事前に熱を計ると37.2度でした。37.5度を超えていなければ接種できるとのことでしたが、念のため室内で少し涼んだあと、もう一度熱を計ることに。結果、36.7度という無難な体温が計測されました。

診察室に入り、前回(1回目接種)のあとにどんな副反応が出たかをヒアリングされました。

「接種翌日に37度9分の熱が出ました。腕が痛み、眠気が強かったです」

と伝えると、前回より副反応が強くでる可能性があること、また、接種後に熱だけでなく咳や喉の痛みを伴う場合は副反応ではなく他の病気に感染している疑いがあるので、医療機関を受診するようにと説明を受けました。

 

今回もダルダルのTシャツを来ていったので、肩まで袖をまくりあげてワクチンを接種します。

「筋肉を伸ばしますよ~」(針ブスッ)

2回目は痛いと聞いていたので覚悟していたのですが、いつ針を刺したかも分からない「完全無痛」でした!

私は採血でも気が遠くなるくらい注射が苦手なので、痛くなかったのは本当に嬉しかったです。

 

家に帰ってからすぐ風呂に入り、そのあと普通に仕事をしていました。なぜなら、「接種直後の5時間くらいは元気」ということを前回の接種で学んでいたので、具合が悪くなる前に仕事をなるべく多く片付けたかったのです。

 

腕の痛みなどが出だしたのは接種後2時間が経ってからで、1回目の接種より穏やかな出だしでした。

しかし4時間後には脇がほとんど開かない状態になっていました。痛い範囲が1回目より広く、腕の後ろの方や首の方にもだるさがあります。そして頭が痛くなってきました。

 

5時間後、はやくも発熱。37.4度ですが、頭が回らなくなってきたので仕事を終了して休むことにしました。

 

そして10時間が断つ頃(夜10:30)には、すっかり病人のようになっていました。

熱は37.6度ですが、ハアハアと息があがるレベルでつらく、気を紛らわそうにも、Youtubeを観るのも辛かったです。腕、首、頭の痛みが酷く、鎮痛解熱剤(カロナール)を飲みました。

熱が低いのにこんなに倦怠感が強いのは初めての経験で、コロナの怖さを少し垣間見た気がしました。

 

風呂に入るのもだるく(昼に入っておいてよかった)、そのまま寝ることにしました。

 

翌日、本番がやってきた

朝5:30に起床し、熱を計ると37.3度でした。すごく寒いなと感じたのを覚えています。

それから時間が経つごとにどんどん熱が上がり、昼11:30には39.0度になっていました。体が動かないレベルでしんどかったです。

 

解熱鎮痛剤を使っても若干頭痛がやわらぐ程度で熱は下がらず、3時間くらいは布団に寝ている以外のことができない、きつい状態が続きました。腕もかなり痛いのですが、それがどうでも良くなるくらい体全体のしんどさが強かったです。

コロナに罹ったら、これよりひどい状態が何日も続くのだろうと思うと、本当にワクチンを打ってよかったと思いました。

 

昼ごはんも、お粥を少量食べるのがやっと…という状態でした。

熱が上がりきってから3時間が経過した14:30には38.5度まで熱が下がり、多少楽になってきましたが、明らかに楽になったのはそれから更に4時間が経過した18:30頃。熱はまだ38.0度ありましたが、ようやく「トンネルを抜けた」感じがしました。この時点で接種から30時間です。

夕食には、夫が作ってくれた冷やし中華を食べることができました。食事が摂れると、日常に復帰してきた感があって嬉しいですね。

 

23:00、熱を計るとまだ38.4度あり、体調も辛くなってきたので解熱鎮痛剤を飲んで寝ることにしました。

 

接種後2日。まだまだ終わらないが…

朝5:30起床、熱を計ると37.4度。二度寝して過ごしていたら、8:30にすごい汗をかいて、服も布団もビシャビシャになってしまいました。布団乾燥機をかけて、息子のベッドで寝させてもらうことに。

汗をかいたら熱も下がるかな~と思ったのですが、そうもいかず、昼過ぎに37.6度まで上がりました。

とはいえ、この日のしんどさは「風邪をひいた日」くらいのレベル。前日とは比べ物になりません

昼ごはんも自分で作って家族に振る舞うことが出来ました(そうめんですけれど…)

14時を過ぎるころには軽口を叩く余裕ができ、家族に「普段の調子に戻ってきたね!」と喜んでもらえました。

 

これを書いている17:30の時点で熱は37.3度ですが、もう普通に作業できますし、このまま副反応は終わっていくのだろうな…という感じです。

 

副反応まとめ

厚生労働省の資料によれば、コロナワクチン2回目接種後のメジャーな副反応は

・接種部位の疼痛:89.5%

・全身倦怠感:68.9%

・頭痛:53.1%

・37.5度以上の発熱:38.1%

参考資料:厚生労働省健康観察日誌集計の中間報告(7月7日)

とされていますが、私は(まあ、全部出たね…)って感じでした。

でもキツイのは一日だけ

また接種するか?と問われれば、私は「コロナの感染リスクが減るなら余裕で接種する!」と即答します。

 

買っておいてよかったものトップ3

最後に、個人的に「これ買っておいて本当に良かった…」と思う商品を書いておきます。

 

第1位:OS-1

→500ml×24本の箱を買ったのですが3日で20本消費しました

第2位:冷却シート(冷えピタなど)

→いらないかな…と思っていたのですが、めちゃ優秀でした。特に頭痛を和らげるのにGOOD。

第3位:麺類(ハムやきゅうりなどの具も一緒に)

→自分が動けないときは夫に冷やし中華を作ってもらい、ある程度動けるようになったら自分で冷そうめんを作りました。

1回目のときもそうでしたが、ワクチン接種後は頭がまわらなくなるし、食欲もなくなる(私の場合)ので、簡単に作ることができて食べやすい麺類は頼れる存在です。

 

参考になれば幸いです!

★1回目接種後の副反応に関する記事はこちら

 

 

■【編集部より】あなたの「お金の悩み・不満」を聞かせてください。

あなたが困っていること、不満なこと、不安に思うことは何ですか?

>>>アンケート回答はこちらから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク