「どろねいむ」ではもちろんありません。「泥濘む」の読み方、知っていますか?

2021.08.31 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「泥濘む」です。

 

「泥濘む」の読み方は?

「泥」と「丁寧(ていねい)」の「寧」によく似た部分を持つ「濘」の字から「どろねいむ」と読んだ人もいるかもしれませんが、残念ながらそれは不正解。「泥濘む」の読みは日常生活でも割と身近に使われている表現です。

「泥濘む(=泥濘)」は

雨や雪解けなどで、地面の土がどろどろになる。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

このような状態の地面を、あなたはなんと表現しますか?

正解は……

「ぬかるむ」です。

なお「泥濘」は「ぬかるみ」または「デイネイ」と読みます。

「濘」は“どろ。ぬかるみ。ぬかる。”を意味する漢字です。二字熟語の成り立ちにはさまざまなものがありますが、「泥濘む」「泥濘」は同じ意味の漢字を組み合わせたものだとわかります。

では「泥む」「濘る」はなんと読む!?

もちろん「どろむ」「ねいる」ではありませんよ!「泥む」のほうが読み方が難しいかもしれません。

まずは「濘る」から。「濘る」は

雨などで道がどろどろになる。

出典元:※

を意味します。例文には「道が濘って歩きにくい」などが挙げられます。これは純粋に「泥濘む」「泥濘」の読みがヒントです。

正解は……

「ぬかる」です。

では「泥む」はなんと読むでしょう。

「泥む」の意味は

1 そのことに心がとらわれる。こだわる。執着する。
2 物事がはかばかしく進まないでいる。進むのに難渋する。とどこおる。
3 なじむ。なれ親しむ。
4 悩み苦しむ。病む。
5 植物がしおれる。生気がなくなる。
6 ひたむきに思いを寄せる。執心する。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

で、「滞る」とも書きます。聞いたことがあるかもしれない表現には2の意味で「暮れ泥む空」などが挙げられます。

正解は……

「なずむ」です。

 

※ぬか–る|言葉|漢字ペディア

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>>こちら

■【編集部より】
あなたの「お家費」って、手取りの30%に収まっていますか?

>>>アンケート回答はこちらから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク