じょにではない!「序に」の読み方知ってますか?

2021.12.25 QUIZ

漢字にはさまざまな読み方がありますから、ときに読み間違えてしまうことも。ただ、読み間違いって恥ずかしいんですよね。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!

 

第一問:「序に」の読み方、知っていますか?

「序盤(じょばん)」などの言葉から「・・・じょに?」と読んでしまう人もいるかもしれませんね。「序」という漢字からは想像しにくいかもしれませんが、正解は「〇〇〇に」と3文字です。

正解はコチラです!

「ついでに」です。

なお「序に」と聞いたとき、その意味を「一緒に」「おまけに」という風に捉えていませんか?実際の「序に」の意味は、

ある物事をするときに、その機会を利用して別の物事をするさまを表わす。ちょうど良いその機会に。そのおりにいっしょにつづけて。ついでがてら。

引用元:精選版 日本国語大辞典

となっています。「おまけに」という意味合いではなく、「続いて」「ほどなく」「間もなく」という意味なんですよね。

出典>>もちろん「じょに」ではありません。「序に」の読み方、知っていますか?

 

第二問:「具に」の正しい読み方、知っていますか?

「具」という漢字から「ぐに」と読んだ人も多いのではないでしょうか。もちろん「味噌汁の具に〜」などを表す場合には「具(ぐ)」という読み方で間違いありません。しかし「具に説明せよ」などの文脈では「具(ぐ)」と読むことはできません。

正解はコチラです!

「つぶさに」です。

1 細かくて、詳しいさま。詳細に
2 すべてをもれなく。ことごとく

引用元:小学館 デジタル大辞泉

を意味しますが、現代では「詳細に」などの言葉に置き換えることができるため、あまり「つぶさに」という表現を見かける機会はないかもしれません。

「具」という言葉には、

「具・備(つぶさ)」

① すべてそなわっているさま。もれなくそろっているさま。完全なさま
② こまかくくわしいさま。つまびらかなさま

引用元:精選版 日本国語大辞典

という意味があります。

「具」に表される「必要なものが備わっている」という意味にちなんで、「家具」や「道具」という言葉は

  • 家に備えておくもの→「家具」
  • 作業に必要なもの→「道具」

という成り立ちなのだとか。

出典>>「ぐに」ではありません!「具に」の正しい読み方、知っていますか?

 

★他の問題にもチャレンジ!

「うらめん」と読んでいませんか?「裏面」本来の読み方とは?!

答えは>>>こちら

続きを読む

       

【アンケートにご協力ください】「更年期対策」って何にいくらかかりますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク