【アラフォー編集長の婚活記40】40代独女が「運命の男性」と出会うには?

スポンサーリンク

いわゆる“結婚できない40女”であるOTONA SALONE編集長・アサミが、40代半ばにして初めて婚活をスタート。婚活パーティに参加してデートまでは至るけれどその後がまったく続かないまま婚活3連敗。先が見えない状況で、当たると評判の占い師の先生に婚活の行方を鑑定してもらうと、「結婚の可能性はある人は、もうすでに会っことがある人かもしれないですね」と言われ……! これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

七奈先生から見える結婚相手とは

婚活について占ってくれているのは、心理オントロジストの流光七奈先生。七奈先生によると私の結婚および結婚相手はこんな人らしい。

・結婚の時期は1~2年先

・同世代から5歳上くらいまでの男性

・離婚歴がある

・子供がいる(別れた奥さんが引き取っている)

・趣味か仕事で親しくなる

フムフムと聞いていたところ七奈先生がこう言ってきた。

 

七奈先生「結婚の可能性はある人は、もうすでに会ったことがある人かもしれないですね」

アサミ「え! マジですか!?」

すでに知っている人で上の条件に当てはまる人……。親しい友人や知人は別だが、ちょっとした知人の場合は離婚歴や子供の有無まではわからない。

アサミ「まったく心当たりがないんですけど!」

 

すでに会ったことのある相手はどんな人?

七奈先生はまた私の周りをみつめて、見えているであろう男性について少しずつ言葉にしていく。

七奈先生「普段はカジュアルな服装をしている……。チェックのシャツとか着てますね。スーツとかはあまり着ていないです」

アサミ「周りがスーツじゃない人だらけです」

七奈先生「カジュアルな服装でOKなお仕事なんでしょうね」

アサミ「その人と、どうやって距離が縮まるんでしょうか?」

七奈先生「久しぶりに何かお仕事で会う感じでしょうかね。今もよく会ったりしている人ではない。前に何かでご一緒したけれど今は違う。今後何かで一緒になるのかも」

アサミ「いつ頃からの知り合いですか?」

七奈先生「学生時代からの……ではないですね。お仕事してからのお知り合いですね」

アサミ「全然思い当たりません」

七奈先生「でも、候補はその人だけじゃないですね。3人くらい候補がいます」

 

候補の男性は3人もいる⁉

相手として見えている男性は1人だけじゃないらしい。3人も……!?  前からの知り合いに相手になってくれそうな人がまったく思い当たらないのに。

アサミ「3人とも……前からの知り合いなんですか?」

七奈先生「いえ、2人は違いますね。前から知っている人か、もしくは趣味を通じて知り合う人」

アサミ「趣味としてパッと思いつくのが、男性が集まりそうな趣味じゃないんですけど……。どんな趣味の集まりにご縁がありそうですか?」

七奈先生「なんかね、興味があるかどうかわからないけれど、見えているのは食べ歩きの同好会のような。そういう感じのところにご縁がありそう。食べ歩き興味あります?」

アサミ「参加したことはないですし、食べ歩きはしていないですけれど……食べることは好きです。昔より食に対する興味がでてきましたね」

七奈先生「もうちょっと別の言い方をするとワインの会とか。食に関する集まり、グループっていうんですかね。10人くらいとか。お相手のかたもお料理されるかたかもしれないですね。食に関する集まりになんか参加してみるといいかもしれないですね」

食に関する集まり……。ワインは好きだし、飲むけれど「ワイン好き」とまで言えるほどなにせ酒量が飲めない。よくお酒が強そうだと言われるのだが、実はかなり弱く、飲み過ぎると眠くなるか、体調が悪くなる(苦笑)。お酒好きだけどお酒に弱い、だから量が飲めないので「〇〇好き」と言えない非常に残念なお酒好き。そういう人間でも行っていいワインの会とかあるんだろうか。

 

趣味で知り合う男性の特徴を聞いてみる

アサミ「趣味で知り合うかたも……ちょっと年上までで、離婚歴や子供がいる人ですか?」

七奈先生「そうですね」

アサミ「他の特徴は?」

七奈先生「背が高い人、みたいですね。体型は太っても、やせてもいない。ガッチリでもない。普通」

かなり具体的なビジュアルを話す七奈先生。

七奈先生「つねに人が周りにいる、交友関係が広い人。人の縁を持っている。良くも悪くも人がいつも周りにいる。それがひとつのポイント。一人でポツンという人ではないですね」

アサミ「私がこうしたほうがいいとかは、ありますか?」

七奈先生「特別なことは必要ないです。ただ参加して、楽しんでください。アサミさんは、もともとそこまで結婚したい感じじゃないですからね。とにかく楽しく参加して、そのほうが自然に楽しく。無理して頑張る必要はないです」

 

40女、モテるための努力は必要?

自然に楽しく、食に関する集まりに参加しているだけでいい……? 過去3人にたった1度のデートだけで婚活失敗しているのだが、もうちょっと何というか、努力とかしなくていいんだろうか。

アサミ「モテ服とか、モテるための立ち居振る舞いとかどうなんでしょう?」

七奈先生「無理する必要ありません」

アサミ「料理を取り分けるみたいな、女子力アピールとか」

七奈先生「流れでそういう役割になったらですけど、頑張ることはないです」

アサミ「ホントに楽しく参加してるだけで?」

七奈先生「その場が楽しいなら楽しんでいるだけでいいと思います。楽しくないのに楽しいフリも必要ないです」

つまらないのに、無理して楽しそうにする必要はない、と。

七奈先生「ご縁がある人は何かピンとくると思います。感じがいい人だな、とか。その感覚を大事にしたほうがいいです。相手が積極的にきたとしてもご自身の気がのらないときは、ご縁がないのでやめていいです。ずるずる付き合うと、それ自体がストレスになりますから」

アサミ「趣味で知り合うとしたら、その時期っていつ頃ですか?」

七奈先生「今年の後半以降ですかね。ご趣味の集まりだとすると、早いうちに参加しておいてもいいかもしれません。本格的には今年の後半からですね。結婚は来年以降ですね」

 

出会うための次なる手は、どうする?

運命の人と今年の後半から出会う可能性があって、結婚は来年以降? かなり具体的な時期まで鑑定してくれた七奈先生。失敗の連続だったアサミの40代の婚活。鑑定でも言われたよう「結婚する気があまりない」にもかかわらず、婚活を続けること自体に心が折れかかっていた。

けれど、婚活の狩場=出会いの場を変えれば、ご縁のある出会いはある……。そう七奈先生に言われてだいぶやる気が戻ってきた。とはいえ婚活パーティとは違った趣味の集まり、食に関する集まり……。何に参加したらいいのか、それはそれでわからないのだった。

 

【婚活パーティ以外の集まりといっても何もない。本気で求む、集まりの場! 来週水曜17時をお楽しみに】

【続きはコチラ】

40代・結婚できない女は、過去の恋愛に「闇」がある!?【アラフォー編集長の婚活記41】

【前回はコチラ】

婚活3連敗の40代独女、結婚できるかを占ってみた【アラフォー編集長の婚活記39】

 

【PROFILE】
心理オントロジスト 流光七奈(りゅうこう なな)
物心ついた頃から次元を超えた見えない世界とつながる能力がある。幼少より様々な相談を受け、潜在意識レベルの癒しと解決策を提供してきた。近年はこの特殊能力と経験を可視化する作業をし、よりロジカルな心理オントロジストとして、個人鑑定の枠を超え、占い師や経営者のコンサルティングをおこなっている。LINE占い悩み相談所占い師ランキングでは常に上位をキープ。http://nana-healing.com/
※オントロジーとは 存在論という哲学の一部門。感覚や経験を超えた世界が存在するとし、その世界の普遍的な原理を理性的な思考によって認識しようとする学問。

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

浅見悦子の最新記事

LOVEに関する最新記事