これであなたも「愛され顔」に。ひと工夫で変われるアイメイク術

年齢を重ねると“可愛い”メイクに抵抗が出てくる人がいると思いますが、若作りに見せずに大人可愛い印象を作ることができたら、やってみたいですよね!

そこで今回は、さりげなく可愛らしさを演出するアイメイクテクニックを伝授します。

 

■可愛らしさと女性らしさを併せ持る“愛され”シャドウとは

可愛らしい色の代表と言えば「ピンク」。若い時から使っていたけど、大人になってからなぜか違和感を感じている人はいませんか?ピンクは膨張色なので、目もとに幅広く塗ってしまうとまぶたが腫れぼったく見えて、老けた印象になりがちです。

アラフォーになったら、ピンクはアイホール全体に入れるよりもまぶたのキワを意識して塗ることがポイント。アイホール全体にはシャンパンゴールドやピンクベージュのような目もとのくすみを飛ばして明るく見せてくれる、肌のなじみのよいカラーを取り入れ、二重の幅(一重の人は際から2ミリ程度の幅)にピンクを入れます。そうすることで、自然に可愛らしさをアップさせることができます。

 

■目尻の仕上げは“たぬき目”を意識して

アイラインを入れている人は、ぜひ目尻側の仕上げを見直してみてください。ラインがハッキリしていると可愛らしさよりも凛々しさの印象が強くなるため、目尻側のアイラインはリキッドで跳ね上げるように描くのではなく、ジェルタイプやチップを使ってブラウン系のアイシャドウで細く書くようにしてぼかした印象に仕上げるのがお勧め。下まぶたの目尻側3分の1だけラインを引くと目の錯覚効果でたぬきのようなたれ目に見せることができて可愛らしさがアップ。もともとツリ目の方はぜひチャレンジしてみてください。

目ヂカラをアップさせるにはラインを意識することが大切ですが、ブラックを使うと強い印象になってしまうため、ブラウンを使うことで女性らしい優しさのある目もとに仕上げましょう。

 

■マスカラを塗る時は、黒目の位置を強調

メイクは目の錯覚を使って印象操作ができる、楽しいテクニック。目がくりくりっとした女性は年代問わず可愛らしく見えますよね。マスカラを塗る時、まつ毛全体に同じ量を付けるのではなく、黒目の上下の部分だけ2度3度重ねづけすると黒目が強調されて、黒目がちな可愛らしい目元に見せることができます。

この時、黒目の一度ズレてしますと表情が不自然になってしまうので、鏡を見ながら慎重に重ね塗りしてくださいね。

 

メイクを上手に活用すれば、実年齢に関係なく可愛らしさを演出できます。色使いやメイクする位置を工夫してメイクでイメチェンしてみてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク