買わないで!新年の運気が下がる「ダメ福袋」3つの見抜き方とは

2021.12.31 FASHION

12月から1月2月と、セールや福袋の登場に心躍り、ついつい財布のヒモも緩みがちです。でも、待ってください。買うときはわくわくしても、結局着なかった、使わなかった、という場合もあるのです。そうなると、お得な買い物がムダ遣いに大変身です。今回は、セールや福袋を買ってもいい場合・よくない場合についてFPが「コスパ」の視点から解説していきます。

 

「定価5万相当が1万円」、そのうち何円分が使える商品?

 

 

最近のバーゲンや福袋はかつてのような「売れ残りばかり」というわけでもなくなりました。分野によりけりなのですが、お正月は大きな商戦ですから、セールも福袋もメーカーが新規の大量発注をかけて原価を下げているケースが結構あります。特に福袋は、SNSで即写真が出回るので運試しの要素が減り、店頭で内容を確認してから買えるものがぐんと増えました。が、どのみち福袋には「不要なもの」が入っていますし、バーゲンの場合は「60%引きならいま買わないと損」など商品そのものの魅力とは別の損得勘定も働きがち。なにより、廉価な新規発注商品の場合は、プロパー品より品質そのものが落ちる可能性もあります。結果的に、買うときはコスパよく魅力的に思えていただけで、結局ムダ遣いになってしまった、ということになるのです。

 

セールや福袋で買ってNGなものは?

 

セールや福袋で買ってはいけないものはどんなものでしょうか。

 

NG1・中身の見えない福袋

 

かなり中身がよくなったとはいえ、福袋にはまだまだ「お得ではない商品」が詰め込まれている可能性があります。売れ残りだから、消費者側に見せられない、ということです。そのため、中身の見えない福袋は避けた方がベターです。例えば3万円相当の商品が入った1万円の福袋、開けてみると、1万円分しか使えるものがなく、あとは不用品だった、などということが往々にしてあります。

 

NG2・トレンドアイテム

ファッションには流行があります。そのため、今はやっているものをセールなどで手に入れても、着るのはほんの少しの期間、あとは来シーズンに持ち越し、となってしまいます。しかし、次のシーズンにはトレンドではなくなっており、着られないということも多くあります。「買って損した、いくらも着ないままクローゼットに眠っている」などということにならないようにしましょう。

 

NG3・値段のお得さで惹かれたもの

ちょっとデザインで気に入らない部分があるけど、安いから手に入れなきゃと思って買っても、結局着ません。そのため、十分魅力的だと思えるものを買うようにしましょう。

プロパー商品を高く手に入れても、お気に入りでよく使っていれば、1回あたりのコストが下がります。例えば、10万円のものでも10年使えば、1年あたり1万円。3万円のものでも、1年ごとに買ったら1年あたり3万円のコストになります。結局、使用頻度によってその商品のコスパも下がります。実は節約に、ということもあるのです。

次ページ>>「買ってOKな福袋」はズバリこれ

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク