「おかみさけ」ではありません。「お神酒」の読み方、知っていますか?

2022.01.18 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「お神酒」です。

「お神酒」の読み方は?

「神」も「酒」も小学校で習うため、馴染み深い漢字です。とはいえ、「神」や「酒」の馴染み深い読み方で「お神酒」を読むのは間違いです。「おかみさけ」でも「おしんしゅ」でもありません。

「お神酒」とは

1 神前に供える酒。2 酒をしゃれていう語。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「おみき」です。

「神酒(みき)」の他、「御酒(みき)」とも書きます。「お神酒」は「大神酒(おほみき)」などとも記されます。

「神」と「酒」にそれぞれ「み」と「き」という読みがあるわけではありません。「お神酒」の「お」も「み」も(「大神酒」の場合は「おほ」も)接頭語です。「神酒」は元々「御酒」と書き、これは酒を意味する「酒(き)」に尊敬を表す接頭語である「御(み)」がついたものです。それにさらに尊敬を表す接頭語「御(お)」がつき、その読みが「おみき」となりました。

「神酒」と同じような由来に「神輿(みこし)」があります。「御輿(みこし)」とも書きます。「神輿」は

祭礼のときにかつぎ回る神霊をのせた輿(こし)。おみこし。

出典元:みこし|言葉|漢字ペディア

を意味します。これも「輿」に尊敬を表す接頭語「御(み)」がついた言葉です。

 

参考文献

  1. 御神酒、お御酒(笑える日本語辞典)使い方 語源 意味
  2. 神様がもたらす神秘?特別なお酒「御神酒」のはなし|きくつかこらむ|菊の司酒造|kikunotsukasa

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク