【クイズ5問】咄嗟の行動で育ちの差。デートで正しい振る舞いはどっち?

2022.01.15 WORK

今回は、生活の振る舞いの中に意外に多い「エスコート」について、迷われている方がいらっしゃいますので、日常の振る舞いの中から例をあげて(一社)日本プロトコール&マナーズ協会松田玲子先生に教えていただきました。

【連載/気品を身につけるシンプルな教え#30/エスコート編(プライベートシーン)】

 

連載一覧

 

(一社)日本プロトコール&マナーズ協会

 

「エスコート」といったら男性が女性にするもの?

レディファーストという言葉を聞いたことがあると思います。元々は中世の騎士道精神から生まれた習慣で、欧米ではマナーの根幹であり、当たり前のように男性が女性をエスコートしますし、女性もごく自然にエスコートされています。ですので、女性を「上位者」男性を「下位者」という考えがあるのです。

 

それに比べ、日本人の多くはエスコートに不慣れです。苦手なのは男性だけではありません。女性もエスコートされることに戸惑ったり、遠慮したりすることもあるようです。

 

また、現代では「男性だから」「女性だから」と言うより、ジェンダーフリーの考え方もあります。諸説ありますが、今回「エスコート」というのは、“上位者への敬意表現であり、心遣いの振る舞いである”と理解しましょう。

 

ビジネスでは女性から男性をエスコートする場合だってある

ビジネスの場ではレディファーストの適用はありません! 社会的立場が上の方が上位者となります。ですから、女性が男性をエスコートする場合もあるわけです。

このように、「エスコート」の振る舞いは、プライベートシーンと、ビジネスシーンにわけて考えていくのが理解しやすいかも知れません。

 

今回はより身近なプレイベートシーンについて説明します。

 

Q1:デートで道を歩いているとき、あなたは歩道側を歩く? 車道側を歩く?

デートで屋外を歩く場合は、彼(下位者)が車道側、あなた(上位者)が内側を歩くというのが一般的です。歩いているとき、下位者は上位者のペースに合わせる配慮も大切。エスコートする側があなた(上位者)を置いてきぼりにするのは論外です。

 

Q2:デートの時、階段やエスカレーターであなたは先に乗る? 後に乗る?

階段やエスカレーターの場合は「上位者を守る」という観点から、下位者は上位者の下に位置するように上り下りをします。

 

このことをプライベートシーンに置き換えると、上位者とは女性のことで、下位者が男性のことですから、上りでは女性が先に上り、男性が後に続きます。一方、下りでは男性が先に進み、女性が後に続きます。

 

こんな逸話から、男性は女性を守ってあげることが大切

かつて欧米において、女性がコルセットをしてドレスを着ていた時代に、コルセットをきつくしめたため気を失う女性がいたため、男性が気を失う女性を支えていたということがあったという逸話があります。

 

Q3:レストランでお店の方が誘導した後に続くのは女性? 男性? どちら?

レストランでは、案内役の店員が一番前、次に上位者(女性)、下位者(男性)が最後に歩きます。店員がいない場合は、男性が女性を席までエスコートします。

 

Q4:レストランで店員がいない場合奥(上席)の席に座るのは男性? 女性? どちら?

店員がいない場合は、男性が女性を席までエスコートしますから、奥(上席)に座るのは女性です。

Q5:プライベートシーンで同性が集まっている場合は誰を上位者にするのか?

プライベートシーンでは、同性が集まる場合があります。その場合は、年長者や自分より立場の上の方を上位者として位置づけて、今回のことを行うことができれば、正しい敬意表現となります。

 

では、次により正しい知識を必要とするビジネスシーン。例えば上司と同乗する際のマナーについて考えてみましょう。

 

>>続きを読む 【クイズ3問】エレベーターで上司と同乗。どう振る舞うのが正解?

 

 

 

続きを読む

       

【30~46歳の女性に質問】もしかしたら、金利が上がる!?住宅ローンアンケート!
詳しくはコチラから

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク