夏までにお腹ぺったんこに!お腹やせの秘訣は「3つの腹」刺激

はじめまして。エステセラピストの町山和代です。

私は、2011年に“癒し、美容と健康”をテーマに、美しさと輝きを自然の力で取り戻すことを目的とした自然派サロンをオープンしました。現在はメディカルハーブやアロマ・リンパを取り入れたオールハンドの全身トータルケアを提供しています。また、インナーケア(体と心のバランス)の大切さを感じて、アーユルヴェーダの理論を学びました。

OTONA SALONEでは、ハーブやアロマを活用したボディメイクづくりのコツ、女性の悩みにフォーカスした記事を連載していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回はお腹痩せのマッサージで脂肪燃焼しやすい体づくりのコツを紹介します。

 

「3つの腹」を意識して、メリハリのある美腹を目指そう!

さて、20代の頃はぺたんこだったのに、男女共に気になってくるのが、脂肪がのった「ポヨポヨお腹」。食生活や生活の変化はなくても環境や年齢とともに変わってくるのが、体の変化です。気持ちは若くても体はしっかりと年齢を重ねています。忙しく働く現代の女性はボディラインの管理がおそろかになっているのではないでしょうか。筋トレやストレッチ、食生活の見直しなどは年を重ねるほど大切に考えて欲しいことです。

以下、具体的に、引き締まったくびれのある美腹を作るコツ「3つの腹」をご紹介します。エクササイズやマッサージをする際に意識して見てください。

おすすめのアロマもご紹介します。フェイスだけでなくボディも、マッサージの際にはクリームやオイルを使い、摩擦による肌への刺激を防ぎましょう。オイルやクリームを使用するメリットとしては、マッサージによる肌の摩擦を防ぎ負担なくできる、保湿もできる、という点があります。

これらのアロマは、マッサージに使うオイルに1滴たらしたり、ブレンドオイルを選ぶ際の参考にしてください。また、ケアタイムの部屋に香りを漂わせてリラックス効果を得るのもいいでしょう。

 

1・ぽっこり「お腹」

まずお腹やせで意識して欲しいのは、胃腸の働きを整えること。便秘の方は便秘解消が先決です。1日1回、便が出ないという方は体の中に老廃物が蓄積されています。老廃物がたまるとダイエットどころか、体の不調を引き起こすので健康面でもよくありません。マッサージで便秘解消を促し、ぽっこりお腹を撃退していきます。

<便秘解消を促すマッサージ>

右手もしくは左手のひらを重ねてお腹に密着させます。おへそを中心に時計回りにくるくると円を描くように少し強めに押しながらマッサージを行います。回数が少ないと胃腸への刺激が少ないため、10回以上行うのが理想です。また、お腹を凹ませたり膨らませたりするのも便器解消におすすめです。

<おすすめアロマ>

・オレンジ……下痢や便秘がちな時に。老廃物排泄作用。
・マジョラム……自律神経系を整える。冷え性やむくみ、月経痛、便秘の改善に。
・ローズ……生理痛や女性の悩みに。美肌に。
・ブラックペッパー……スパイシーな香りが駆風作用に優れます。健胃作用もあるため胃腸不調や便秘改善に。

 

2・なかなか痩せない「下腹」

 

 

脂肪が落ちにくい下腹は、ゆっくりと深い呼吸を意識します。呼吸法はお腹をへこますことで内蔵を刺激し、腹横筋を鍛える作用もあります。腹横筋は体幹のなかでも鍛えにくい部分なので呼吸法マッサージを行うことで鍛えることができます。また、内蔵の下垂を予防することもできますので、ぽっこり下腹の予防になります。

<呼吸法で内臓マッサージ>
1、胸を張り、腰を反りすぎないないように立ちます。
2、息を大きく吸いながら、お腹をへこませます(5~10秒位キープ)。
3、息をゆっくり吐き出しながら、お腹をへこませるイメージで両手の指先で下腹を押していきます。この時、お尻の穴に力を入れる意識で行いましょう。1~3を繰り返し10回繰り返します。

おすすめアロマ

・サンダルウッド……血液浄化作用や利尿作用があるため、毒素排泄におすすめ。むくみやセルライト予防に。
・ゼラニウム……ローズのような甘い香りが女性に人気。女性ホルモンを整える他、むくみやセルライト予防にも。
・フェンネル……便秘解消や強い毒素排泄作用があります。むくみ解消に◯。

 

3・美腹の仕上げ「ウエスト(横腹)」

両手を脇腹に当てて、手の指全部使って、つまむようにしっかり脇腹を揉みほぐします。硬くなった脂肪が柔らかくするために、揉みながらほぐします。はじめは少し痛いかもしれません。とくに腰回りは脂肪がつきやすい場所ですからしっかり揉み出してください。

<横腹の脂肪を揉みだすマッサージ>
手を腰に当てて、親指とそのほかの指とで、横腹をつまむようにしてしっかり揉みほぐします。揉みほぐすことで硬くなった頑固な脂肪が柔らかくなります。揉みほぐした後は、腹筋を意識して左右にウエストをひねってさらに脇腹を絞っていきます。

<おすすめアロマ>

・ジュニパー……お腹の膨らみや肥満、むくみに。利尿作用やリンパの流れを促す。
・グレープフルーツ……交感神経を刺激し脂肪燃焼を促す。むくみ解消に。
・サイプレス……むくみやセルライト予防に。女性ホルモンバランスの調整作用、更年期障害などにも。

 

「3つの腹」を意識したマッサージの方法はどれも簡単なので自宅でもできますよね。リラックスな状態で行ってください。呼吸を意識しながら、もみほぐして流せばリンパの流れをよくし、セルライト予防や便秘を解消になります。また、マッサージで脂肪燃焼しやすい状態を作ったあとにインナーマッスルを鍛える筋トレやエクササイズを行うと理想の体に近づきます。

 

■人気のダイエット&ヘルス記事は

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

40代女性がみるみる老ける!キョーフの3大NG習慣って?

金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

正月太り対策に!気持ちよくて、ラクしてやせる!? 3つのダイエット法とは?

まだまだお正月気分が抜けない仕事はじめ。年末は仕事の追い込みで、年始のほうが人と会う予定で忙しい! という人もいますよね。体調管理と体重管理は大丈夫ですか? 今回は筆者が実践した、正月太り対策にハマっ…

私が1か月で-5キロやせたコツ。「短期集中ダイエット」でスリムボディ

明けましておめでとうございます! お正月はいかがお過ごしでしょうか。新年は人と会う機会が多く、行く場所にはおいしいご馳走がズラリ…。仕事を忘れてお酒もすすむ…。でも気づいたら消化が追いつかず、お腹がぽっ…

「ナイトブラ」の効果を高める「食事の選び方」と「美乳を育てる睡眠習慣」

諦めていたバストアップ…ボディケアを整える意味でも、メディアで注目の「ナイトブラ 」を試してみました。今回はナイトブラ の効果を高める食事の選び方と美乳を育てる睡眠についてご紹介していきます。ナイトブラ…

飲み会で太らない食事管理「脂肪を溜め込まない!」当日と翌日の過ごし方

年末年始は人と集まる機会が多く、ダイエット中でもつき合いで飲み会に参加することもありますよね。ここで起きるのがいわゆる「年末年始太り」。自分の意志だけでは食べ過ぎ、飲み過ぎがセーブしにくい季節ならでは…

1日1杯の「みそ汁習慣」で健康に。美容におすすめのメニュー3選をご紹介!

メディアで注目を集めた「みそ汁健康法」。みそ汁といえば、わかめと豆腐…など昔ながらの具材をイメージしますが、現代のみそ汁はバリエーションが豊富。今日は美容におすすめの食材を使ったメニューをご紹介します…

たった10回で効果抜群! お腹がみるみるヘコむ「クランチ」エクササイズ

たるんだお腹を引き締めたい、欲を言えば、キレイな線を入れたい…でもお腹のトレニーングってきついイメージがある。そんな人には、きつくないクランチエクササイズがおすすめ。お腹周りを引き締めたい!でも腹筋は…

噂の「ナイトブラ」で小胸は美乳になる?日中と夜のバストケア3ポイント

あきらめていたバストアップ…ボディを整える意味でも、メディアで注目の「ナイトブラ 」を試し中です。約20日前に配信した前回記事に続き、今回はナイトブラ の効果を高める日中の過ごし方と美乳バストマッサージを…

寝る前1分でOK!更年期対策しながら締まりもUP、骨盤底筋群エクササイズ

ヨガやエクササイズ、ピラティスに行くと、必ずといっていいほどメニューにある骨盤底筋群を鍛えるエクササイズ。骨盤周り全体的に効果のあるトレーニングは更年期の症状やヒップアップにも!骨盤底筋の強化!呼吸と…

テレビでも話題の「ナイトブラ」。小胸が大きくなるって本当?実際試します

最近メディアで「バストアップケア」が注目されつつあります。この年になるとさすがに諦めていたバストアップだけど、ボディケアを整える意味でも、改めて気になり始めて、バストアップマッサージ&ナイトブラ着用を…

【3タイプ診断】毛穴にも「性格」がある!あなたの毛穴タイプとベストなケアは?

もう何やっても改善しない! 毛穴の黒ずみ、ボツボツが目立ち、メイクをしても皮脂が出るとメイクが崩れて余計老けて見えてしまう。ファンデーションで隠そうとすると黒ずみが余計目立つし、皮脂もたまる。お手入れ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事