朝、目覚め1杯の「白湯」。美しい人はみんなやっていた!

スポンサーリンク

5月に入り、オフィスの冷房が強まりました。4月よりむしろ厚着しないと日中寒くて仕方ないという方、多いのではないでしょうか?

さて、あなたは今朝の朝いちばんに何を口にしましたか? 水道からコップに汲んだお水? 冷蔵庫から出したての冷え冷えのお水? 淹れたてのお茶?

OTONA SALONEの会員制コミュニティサイト「OTONA倶楽部」で話題になっていたは、「朝の白湯」でした。

季節の変わり目だからでしょうか、ここしばらくたて続けに「白湯」の話を聞いたので、まとめてご紹介します!

 

実践例1・忙しい朝、「できる方法」を習慣にした人たちが!

 

朝、起きて、すぐガスで沸かして沸騰しても5分ほど火はそのまま。ガス止めて放置。お弁当作ってる間に、程よく冷めてるのでそれを時間があればちびちび、なければ一気に飲みます(^_^;)平日朝ご飯は、家で食べる時間がありません。
寝坊したときは、レンジで40秒くらい温めた白湯もどきを飲んでます。
整体の先生に、レンジではなく、ガスで、汲み置きではなく、蛇口をひねって新鮮な水から加熱するようにとアドバイス受けました。

– うささん OTONA倶楽部 https://otonasalone.marco.jp/

「OTONA倶楽部」での投稿がこちら。毎日の習慣に無理なく取り入れているからこその「白湯」! ポイントは「5分ほど火はそのまま」という点です。日本の水道水に含まれる成分は飲用に全く問題のない水準ですが、おおむね5分ほど沸騰させれば、仮にトリハロメタンが含まれていても揮発すると考えられています(水道水中のトリハロメタンの煮沸除去に関する研究)。やっぱり「沸かしたお湯は安全」という感覚はありますよね。ちなみに、OTONA SALONE編集部のアラサー女性は「ティファールでお湯を沸騰させたら、中身をコップにちょっと注ぎ出して、あいた部分にお水を追加。その場で飲める温度の湯冷ましにする」とのこと。それも手間いらずで賢い!

 

実践例2・OTONA SALONE記事でも白湯が大きな話題に!

 

1日の水分補給の中で最も大切なのは、起きてすぐ1杯の水を飲むこと。睡眠時間を仮に7時間とした場合、その間、私たちは食べ物や水分を一切補給できていません。そのうえ、コップ1杯分の寝汗をかいたり、呼吸や肌から自然と水分が蒸発していたりと、体の中は朝にかけてどんどん砂漠化しているのです。

細胞がいきいきとよみがえるために、そして体の活動スイッチをオンにするために、朝は体が水分を強く欲しがっています。とはいえ、冷たい水を一気に体内に流し込んでしまって内臓が冷えて驚いてしまいますので、常温の水か白湯(さゆ)を飲むようにしましょう。

さらに一日に必要な水分量を効果的に補給をするには、一度にガブ飲みせず、1回150㎖を8~10回に分けて飲む方法がおすすめです。(友野なお先生)

 

より詳しい内容は→→ 【朝「コップ1 杯のお水」を飲むと体にいい理由は?】 https://otonasalone.jp/25760/

「冷水を飲むとお通じにいい」というブームも時折ありますが、最近は「常温の水、または白湯」がおすすめされることがほとんど。とりわけ私たちアラフォーは残念ながらそれほど胃腸が頑丈という世代でもすでにない。ガブ飲みしないで分けて飲むというのは、意外に知られていないコツではないかと思います。こうしたデイリーな習慣でこそ、内臓をいたわりたいものですね!

 

実践例3・雑誌『健康』5月号では「スパイス白湯」が登場!

 

イシハラクリニック副医院長の石原新菜先生ご提唱の新習慣が「スパイス白湯」。雑誌『健康』5月号での巻頭特集です。シニア向けの雑誌ですが、健康の悩みは世代を越えて共通。「飲んだ直後から体が温まる」「冷え性が軽減する」「便秘も改善」など、ポジティブな体験談が満載でした。

【材料】

水 150ml

ショウガパウダー 5振り

シナモンパウダー 2振り

【作り方】

1・水を沸騰させて、カップに注ぐ。50~60度に冷ますと胃腸に負担をかけずに吸収しやすくなる。

2・ショウガパウダーを5振り、シナモンパウダーを2振りして、よくかき混ぜる

【基本の飲み方】

朝晩の食前に飲む。

 

実践例4・ヨガの指導者も毎朝飲んでいる!

6月から連載開始予定のヨガ指導者、安藤けいこさんの朝のスタートも白湯! 日ごろから自宅近くで湧く天然水を汲み置きしているという安藤さん。毎朝起きたらやかんにお湯を沸かし、沸騰したら火を止めて朝の家事を。その間にいい具合に冷めますから、一段落してから湯ざましを飲んでいるのだそう。ちなみに、安藤さんは朝、ご飯を食べる前にヨガのワークを終えます。フィーリングによって、たっぷり時間をかけて体調を整える日もあれば、簡単に5分ほどで完了の日も。

 

ふと周囲に聞いてみたら、いつの間にかみんな当たり前のように取り入れていた習慣、「白湯」。すぐできてお金もかからず、朝の目覚めと体調の調整に確実によい効果をもたらしてくれます。ぜひみなさんもご一緒に!

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

井一美穂の最新記事

HEALTHに関する最新記事