「貧相に見えるのは髪のせい?」30代・40代・50代みんなのぶっちゃけトーーーク!

こんにちは。オトナサローネのトキタです。

おうち時間が長いせいか、リモートワークが多いせいか、自分の顔まわりを見る機会増えてませんか?

そこで気になるのがお肌以上に髪の毛だったりします。

また、とあるヘアメイクさんのインタビュー記事を作成しているのですが、「40代以上はお顔も大事だけど、それ以上に髪の毛が重要!」と力説されました。(→めっちゃ納得)

ということで、オトナサローネ恒例の編集会議メンバーにヒアリングして聞いた、みんなのヘア事情をお届けします。

(※30代~50代のユーザーの声をもとに作成しております)

 

あなたのヘアスタイルは?

 

 

まずは、どんなヘアスタイルをしてるのかをリサーチ!!

「肩下のセミロングで、インナーにブルーをいれたダブルカラーです。パーマはかけてるのですが、一年くらいかけ直してなくて、クセ毛を活かしたスタイルをしています」(40代・美容&IT系)

 

「ミディアムボブですが、本当はロングにしたいです。ただ、長男出産後から4年、乾かす時間を短縮するために肩下にはならないようにしている実用ヘアです…。暗色だと、こけし感が出てしまう長さなので、ナチュラルなブラウンにカラーリングしています」(40代・美容系)

 

「いまはショートで、ボブに向けて少し伸ばし中です。カラーは流行りのくすみブラウンです」(30代・会社員)

 

ヘアドネーションをしたい事もあり、胸下のロングにしています」(40代・フリーランス)

セミロングが半数を占めたオトナ世代のセミロング。白髪も気になり始めてる方も多く、カラーリング派が多数!

ヘアのお悩み教えてください!

続いて、髪の毛についてのお悩みを聞いてみました。オトナ世代のヘア事情としてまず上がるのは、スタイリングがきまりにくいうねりや薄毛などが多かったです!

 

「40代前半から急激に髪が細くなりうねりも出てきた(泣)。前髪など顔まわりの髪も少なくなってきて、スタイリングをちゃんとしなきと貧相で老けて見えます」(40代・イベント運営系)

 

「悩みはとにかく抜け毛がひどくて部屋が髪の毛だらけになることです。そして40代になってやっぱり白髪も増えてきました」(40代・自営業)

「元々、パーマを少しかけたようなウネリ髪でしたが…。ここ最近、まとまりが悪く困っています」(30代・薬剤師)

 

「くせ毛で広がるので半年に一度ストレートパーマが必要で、やらないとぼわっとして見た目がいまいちです。白髪染めが2ヶ月に一度しています。抜け毛も多くて毎日掃除機必須…」(40代・金融関係)

 

「猫っけでストレートのため、ぺしゃっとなると貧相に見えるのが悩み。外出前に3分でも根元にドライヤーをあてるとふわっとなると、最近気づきました!」(40代・IT関係)

 

長年のダメージの蓄積や、もともとの髪質もあってか、うねりを直したい、ハリが欲しい、という声が多数。そのための洗髪方法や、最近流行りのお高めドライヤーの比較をしてる読者も!

 

今してるヘアケアは?

①私が証明!推しアイテム

「フォローしてる、インフルエンサーさんがプロデュースしているruban-de-chouchou(リュバン デ シュシュ)というブランドの、シャントリが本当におすすめです。使い始めてから髪が綺麗になったと褒められるようになりました!」(40代・自営業)

 

「海外で流行った”no poo”を見習い、シャンプーを使わずに洗う日を作っています。またパサつきを抑えるためにヘアオイルを朝晩、出掛ける前に付けますが、いい匂いだとアガるので保湿力&女子力高めな匂いの&honeyのモイストヘアリッチが最近好きです。あとは定番N.のポリッシュオイルも愛用中」(40代・フリーランス)

 

パフュルナ オーガニック ヘアオイルを使用しています。ドライヤー前につけます。ベタつかず、良い香りがしてサラッとしていてとても気に入ってます」(40代・IT関係)

 

ukaのケンザンというヘアブラシで頭皮マッサージをしています。でもやっぱり人にしてもらうマッサージのほうがいい…」(30代・会社員)

 

ドライヤーをレプロナイザー コテをヘアビューロンに買い替えたら、劇的にまとまりがよくなりました!ケアは、とにかく傷ませないことと、栄養と睡眠をよくとること」(40代・イベント運営系)

 

②サロン専売品に頼る上級者も!

「サロンで購入している、ボタニカルなシャンプーとトリートメントを使用。染めた髪の色持ちが良いのと、艶が出るので気に入って5年は使用してます。ドライヤー時は同じくサロンで購入しているヘアオイルを使用。時々、ヘッドスパの器具でマッサージして頭皮ケアもしてます」(40代・介護関係)

「ずっとジュレームアミノで髪の状態良く保ててたのですが、最近急に毛先からガッサガサになってしまいサロンの店長から勧められてミルボンのディーセス ノイ ドゥーエ ウィローリュクスというブランドのシャンプーとトリートメント使いだしたらものすごく良くて!!お高いだけありました」(50代・IT関係)

 

「通っているサロンでも使っているbojico のヘアバームを長年愛用しています。マルチバームで、ヘアだけでなく、ハンドクリームがわりになったり、ボディにも使える優れもの。香りもベルガモットベースで飽きない香り。ドライヤーをかける時は、パサつきが気になるので、無印のスイートアンモンドオイル多めに、少しだけ混ぜてドライしています」(40代・美容&IT系)

 

③そこまで手間かけてないです派

「お安めのシャンプーとコンディショナーを使って、ほんとに何も髪に手をかけてません。月に数回、実家付近の温泉に行ったら、温泉効果でうねりが無くなって数日だけ髪がサラッとなるのですが、それを喜んでるレベルです…」(40代・自営業)
市販のトリートメントを週2回程度。ケアもですが、最近オトナのヘアアレンジが気になっています。ポニーテールにしても、ひっつめのオバサンヘアにならず、後れ毛が落ち武者にならないようなほどよい大人アレンジを知りたい!」(40代・美容系)
「ズボラなので何もしておらず…ただ美容師さんの他力本願ですが、ストレートパーマをストレートアイロンで丁寧に延ばしてから薬をかけるタイプに変えたところ、手触り含めて劇的に髪がきれいになりました!ただ3時間2万円かかります…」(40代・金融関係)

 

いかがでしたか!?

人にもよりますが、30代→40代→50代でのヘアの変化を感じる女性は多いもの。肌より髪の毛さえきちんとしてれば!という認識はけっこう読者の方々にも広まってると実感しました!

 

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 編集者 時田紗耶香

スポンサーリンク

スポンサーリンク