中医学的に、旬のあのフルーツが花粉症にオススメって知ってた?【花粉症ケア2】

日本人の国民病とも言われる花粉症。4人に1人が花粉症との説もあるくらいです。

「免疫力が低下して起きる」と考える方も多いですが、実は逆。ざっくり言うと「免疫機能の頑張り過ぎ」が原因です。

では、免疫力を過剰に頑張らせないためにはどうすればよいのでしょう?

5日連続で『中医学的に花粉症におススメの食べ物』をご紹介していきます。

※医薬品ではなく、あくまでも食品のため、食べてすぐに劇的に症状が軽くなることは期待できません。体を内側から整え、アレルギー反応が起きにくい身体へ導きます。

 

その2・ストレスをオフしてくれるのは柑橘系!

過度なストレスもアレルギー反応を過剰にし、花粉症を悪化させてしまう原因になります。

中医学ではストレスが過剰になり、気の巡りが滞ることで「気滞」という状態になり、アレルギーが悪化するだけでなく、イライラしやすくなったり、怒りっぽくなったり、のどが詰まった感じがする(梅核気)、胸や脇が張る、ガスやげっぷが増えるなどの症状も見られやすくなります。

そんな時におススメなのは『柑橘系』です。

柑橘系の爽やかな香りは気の巡りを改善し、ストレスをスッと流してくれる働きがあります。

この時期はオレンジや八朔、分担、レモン、金柑など柑橘系の種類も豊富なので、香りを楽しみながら食べましょう!

 

「花粉症を食べてケア」記事一覧はこちら
       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク