「飲む日焼け止め」って本当に効くの?3つのポイントとは

飲むだけで紫外線から肌を守れたら、これからのシーズンが楽に過ごせそうです。でも、飲む日焼け止めって、本当にそこまで期待していいものなの? そこで、3つだけ知っておくべきことをご紹介します。

紫外線と肌の問題をシビアに考えるアラフォーには、かなり役立ってくれる3つのポイントかもしれません。

 

知っておくべき簡単な3つのこと

「飲む日焼け止め」を飲むだけで紫外線を防げるのなら、かなりの魅力です。でも、一般的な塗るタイプの日焼け止めとは違う3つのポイントがあります。

1●メリットはある

紫外線から受ける肌へのダメージの修復をサポートしつつ、蓄積させない。

2●弱点もある

肌が直接浴びる紫外線から守る効果は期待できない。

3●おすすめの利用法がある

紫外線のダメージから守るなら、塗る日焼け止めとの併用がおすすめ。

 

メリットもありますが、問題点もあります。しかし解決方法もあるのです。むしろポイントを知ることで、もっと効果的に利用できます。

 

1・最大のメリットは「修復」

なんらかのきっかけで肌に傷を作った場合、それが完全に修復されるまで、ある程度の時間を要しますよね。日焼けなどの紫外線からの肌のダメージも例外ではありません。日焼けに弱い方の場合は特に修復に時間を要し、専門的な治療を必要とする場合もあります。

 

実は話題にもなっていた飲む日焼け止めはこの肌の修復を効率よくサポートするもので、回復力の高い肌へと助けてくれるものです。つまり飲む日焼け止めを飲んでおくことで、ダメージを受けた肌の修復を早くさせつつ、いいコンディションに整えます。

 

また回復力の高い肌に整えつつ、ダメージを蓄積しにくい肌にする役割も果たすといった効果も期待できるのです。考えているよりも紫外線から受ける肌のダメージは大きいわけですから、予め飲んでおくことは予防の役割を果たすといえるでしょう。

 

つまり飲む日焼け止めの最大のメリットは

 

紫外線から受ける肌へのダメージの修復をサポートしつつ、蓄積させない。

 

ということなのです。

 

2・だが、「ガード」は弱点

身体の表面、つまり肌や髪、爪は外側からだけでなく、内側からのケアも重要です。これはアラフォーであれば、実感を伴う事実でしょう。どれも体内で作られ、体の表面に出ていく仕組みだからです。

 

皮膚を内部から修復し、さらに健やかに作り続けることは基本。しかし、すでに表皮となった部分のコンディションは体外からのケアで保つ必要があります。特に紫外線に関しては外側からのガードが欠かせません。

 

飲む日焼け止めは修復やダメージの蓄積を避ける効果を期待できますが、外側からのガードという意味では効果は期待できません。これが飲む日焼け止めの弱点であり、また問題点でもあります。

 

飲む日焼け止めには肌が直接浴びる紫外線から守る効果を期待できない。

 

飲む日焼け止めは無意味なものではありませんが、仮に「飲むだけでガードが可能」と感じたならば、その言葉を信じ切ることも危険です。

 

参考・光老化啓発プロジェクト委員会「飲む日焼け止めについて」

 

3・現時点の正しい利用法

まったく無意味ではありませんし、自分の肌が紫外線のダメージに極端に弱いという体質であれば、良い味方になってくれるものが飲む日焼け止めと言ってもいいでしょう。しかしこれだけで完全に紫外線から肌を守ることは現時点では困難。

 

特性や期待できる効果を把握することも、肌を危険にさらすことなく、しかも満足できる形で飲む日焼け止めを生かす方法です。するとやはり紫外線に悩まされるシーズンは肌に塗る日焼け止め、つまりUVカット剤は欠かすことができないものになります。

 

落とすことが面倒と思う方も少なくありませんが、肌の健康を維持させつつ、必要以上の老化を防ぐためにはまだUVカット剤を省略することはできません。現在では肌を紫外線から守る最強のアイテムはUVカット剤なのです。

 

ですから

 

紫外線のダメージから守るなら、塗る日焼け止めとの併用がおすすめ。

 

飲むだけで紫外線から肌を守り切ることは、現状ではSF的なイメージだと考えてもいいかもしれません。今後の研究成果を期待しましょう。

 

一見、飛びつきたくなる飲む日焼け止めですが、上手に利用することも重要なこと。これからさらに紫外線が強くなってきます。上手に紫外線から肌を守っていくために、利用することが大事です。

スポンサーリンク

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

毎年焼いてもシミひとつナシ!? 「日焼け後」マストケア5つ【40代の美容】

夏になると訪れる「今年は焼く?orやっぱり焼かないほうがいいよね?」問題。本当は、海外セレブやイタリアンマダムのごとくゴージャスな日焼けを楽しみたいけれど「シミが…

ほうれい線、なくしたい! 少しでも薄くする方法とは?【40代からの美容道】

目尻、ほお、額……。アラフォーにもなると、そこかしこにシワができてきます。中でも最も多くのアラフォー女性が気にしているのが「ほうれい線」でしょう。ほうれい線の深さ…

植松晃士 肌のアレは「人生の手抜き!」 2月から始めたいオトナ美容

みなさん、こんにちは。植松晃士です。2月になると、美容業界では今年の美白最新ニュースも入ってきます。40代になってくると、シミやくすみに悩まされる人が増えるよね~…

絶対「シミ」を消したい!美容医療でシミを消す注意事項4つ

気になりだすと止まらない肌の悩みでも、シミはアラフォーには大きいのではないでしょうか。満足できる結果を出すためには、美容医療に頼ることも方法の1つです。しかし注…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな…

マイナス5才肌キープを目指す!美肌育成スケジュール

アラフォーから一気に肌悩みは増え、自分の肌を「こんなはずじゃなかった」と嘆くことも増えていきます。でも自分の肌をあきらめることができるでしょうか?まだ若さが充分…

実は冬のうちの「シミ対策」が重要!結果を出す3つのケア

アラフォーの肌悩みはあれこれあるものですが、シミは大きな悩みではないでしょうか。10代・20代で無邪気に浴びた紫外線、多忙すぎる30代のお手入れ不足を後悔しますよね。…

うっかり浴びた紫外線でも大丈夫!美白ケアの正解

なんとなく肌の色がくすんできた?…と鏡で思ったら、「うっかり日焼け」しているかもしれません。ここで慌てても、それだけでは肌色が元通りになりません。そのためには美…

「脚も腕も絶対焼かない!」時短美容家がガチ検証したオススメUVはコレ

気候が良くなってきて、外に出るのが気持ちよく感じる今日この頃。そして、外が暖かくなってくると、UV対策もそろそろ本腰を入れるべきシーズンの到来です。年齢を重ねるに…

「限界レシピ」40代がコンビニ食材だけで作った!真夜中でもOK、思い立って5分

ネットで最近よく見るタグ、「限界レシピ」をご存知ですか? もともとは若い女の子の間で流行ったお金をかけずメイクを済ませる「限界コスメ」というキーワードでしたが、それが料理系に進出したのが「限界レシピ」…

5分シャワーでできる!「真夏のエアコンおしり冷え」撃退方法

この夏の猛暑でエアコンは欠かせませんが、ふと気が付くとエアコンで身体が冷えていませんか? 直風が当たる場所にいたせいで夏風邪をひいたり、オフィスの冷気で身体が冷えて調子を崩す人は結構多いものです。冷え…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事