腟ケアの正しい方法、知ってた?セックスレスを打破する「とっておきの策」は

2022.03.08 LOVE

ましてや、PMS由来のセックスレスだなんて、誰に相談すれば?

PMSのことを人に相談していないという上記のデータはよくわかります。自分の中に内包して苦しんでしまうのですね。私の性交痛外来にもパートナーとのセックスについて「いつも挿入の時に痛い。でも彼には言えない」とおっしゃる方が来院されます。

 

ですから富永ペインクリニックは痛みの専門家として、また更年期障害に悩んできた一人の女性として性交痛外来を開設しました。

 

以前のようにセックスができず、自分の身体になにが起きているのか原因も対処法もわからずに戸惑っている人が少なくないことをわかっています。

 

オンライン診療のあるクリニックなら全国どこからでも受診可能

生理痛や排卵痛がつらいときには痛み止めを使って、日常生活への影響をコントロールする方法のほか、また当院では漢方薬や鍼灸治療などの東洋医学やヨガやピラティスなどの運動療法を積極的に取り入れています。

 

オンライン診療にも力を入れており、スマホ1台あれば全国どこからでも受信できる体制を整えています。いずれにせよ、PMSに悩む人は当クリニックか近隣の婦人科に相談してください。

 

PMS由来のセックスレスは、相手に理解してもらうのが一歩

PMSであることをパートナーに伝えて、理解してもらうようにしましょう。そして、本当に気持ち良いセックスができるようにパートナーに伝えることも必要です。そうすることで痛みの伴わない幸せなセックスがよみがえるのではないでしょうか。最も大切なのはおもいやりのあるセックスをすることです。

 

 

\最後にお知らせです/

『女医が教える性のトリセツ』富永喜代・著 1,430円/KADOKAWA

富永喜代先生の新刊が出ました!

誰にも聞けなかった性やセックスのお悩みも、秘密の処方箋で解決します。

今ならAmazonレビューを書いてデリケートゾーン専用化粧品Dr.ESTRA (1本16,500円)が10名様に当たる!KADOKAWA キャンペーン実地中です。

アマゾンはこちらから

 

監修

医師/性交痛外来 富永ペインクリニック院長
富永喜代

日本麻酔科学会認定麻酔科指導医。麻酔科医として全国の総合救命救急病院、高度医療センターで勤務し、延べ2万人を超える臨床麻酔実績を持つ。2008年、愛媛県松山市で富永ペインクリニックを開業。『性交痛外来』では、5000人の女性の性交痛メール診断を実施。性交痛、デリケートゾーン臭、乾燥が8週間で半減するオリジナルのデリケートゾーンセルフケアマッサージを開発。日本ペインクリニック学会第54回大会、第30回日本性機能学会西部総会で発表する。確かな腕とユニークなキャラクターが人気を呼び、TBS『中居正広の金曜日のスマたちへ』日テレ『メレンゲの気持ち』等テレビ出演多数。肩こり改善メソッド『こりトレ』(文藝春秋)は10万部、『ヘバーデン結節は自分で治せる!』(永岡書店)10万部など、セルフケアにこだわった著書は累計62万部。YouTube『女医 富永喜代の人には言えない痛み相談室』の総再生回数は2600万回を超える。

1 2 3

       

【編集部からアンケート】サプリを飲んでいる人、飲みたい人、教えてください!
回答はコチラから