#43 40代独女が「モトカレ」と別れた理由とは?【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて半年の40代・独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長・アサミ。慣れないマメな連絡やデート、3連続で玉砕したこともあって完全に婚活疲れをしていた。

婚活パーティにも申し込むことなく、通常モードなシングルライフを送っていたところ、モトカレから10年ぶりに連絡があり……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

モトカレとの復活愛はある?

10年以上、連絡さえ取っていなかったモトカレと会うことになった理由は、突然届いた一通のメールだった。

モトカレ「〇〇です。久しぶりすぎて驚いたかな。いまも出版社で働いてる? 仕事で相談したいことがあるんだけど、久しぶりに会いませんか?」

デザインの仕事をしていたモトカレ。一緒に仕事をしたことはなかったけれど、新しい仕事につながるかもしれないと思って再会したのだった。

そこに“寄りを戻す”的な考えは1ミリもなかった。なぜならモトカレは、既婚者であり子供もいる人。それに私は法を反することはしたくないし、「覆水盆に返らず」だと思っている。だから復活愛の可能性はまったくない2人。会うことにしたのは、そういう確固たる揺るがぬ関係性があったからかもしれない。

 

 

10年ぶりとは思えない感じ

再会した場所は、麻布十番の和食店。

モトカレ「久しぶり!! 10年ぶりくらいだけど、全然変わんないね!」

アサミ「ホント久しぶり!そっちこそ変わらない……って言おうと思ったけどシワ増えた!?(笑)」

モトカレ「いきなりキツイね! でもそういうハッキリ言うところも変わってないよ」

アサミ「シワが増えたのはお互い様よ。私は化粧でカバーできるからね」

確かに10年も経てばお互いシワもシミも白髪も増えている(苦笑)。最後に会ったのは……私が34か35歳のときだったと思う。モトカレは3歳年下だったから、いまは42歳。

けれど、10年ぶりとは思えないナチュラルなやりとりで始まったモトカレとの会話。こんな風に話ができるのは、お互いオトナになったからだろうか。それとも、いい別れ方をしたからだろうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事