#43 40代独女が「モトカレ」と別れた理由とは?【40代編集長の婚活記】

モトカレと私が別れた理由とは

モトカレと付き合っていたのは私が30代のとき。5年くらい、付き合っていた。30代で5年も付き合っていたらだいたい結婚の話になるパターンが多いと思うだろう。私たちの間には……まったくなくはなかった。私が今までの人生で1回だけ、結婚について真剣に考えた相手……それが、彼だった。

でも、私は結婚しないことを選択した。

34歳のときだった。

お互いに嫌いになったわけではなく、描いている人生観に違いがあった。彼は私に仕事を辞めて家庭に入ってほしかったし、私は仕事を辞めたくなかった。自分の人生の選択に「主婦になること」は微塵もなかったのだ。当時はお互いにだいぶ話し合ったし、それぞれものすごく考えた。けれどお互いに譲れない点がそこにあって……話し合ったうえで円満に別れた。

モトカレが結婚したと人づてに聞いたのは、私と別れて1年ちょっと経ったころだったと思う。そしていまも幸せな家庭を築いている。

 

会わない期間、実は「見られて」いた!?

リラックスした空気感が流れていた。モトカレと会っているというより、幼なじみの男友達と会っている感じだった。

モトカレ「実はさ、この10年の間に何度か見かけたんだよね」

アサミ「私のこと? どこで?」

モトカレ「テレビで(笑)」

アサミ「何を観ちゃった?」

モトカレ「すっごい大きい帽子かぶってた」

アサミ「そうそう、あの番組ではね。そういうキャラだった(笑)」

5~6年前、私は日本テレビで放送されていた『スター☆ドラフト会議』という番組に、スター候補生のスカウトマンという立場で出演していた。ほぼ毎週出演していたので、そのうちのある週をモトカレは観たのだろう。

モトカレ「仕事、楽しそうにやってるなぁって思ったよ」

アサミ「そうね。とっても勉強になった」

モトカレ「『情熱大陸』でも見かけたよ」

アサミ「それミラクル! だって、ざわちんに密着した回に一瞬、出ただけよ?」

モトカレ「いや、一瞬じゃなかったよ。“編集長”って出てて、やっぱり仕事、頑張ったんだなって思ったよ」

アサミ「改めて言われるとちょっと恥ずかしいね。でも、ありがとう」

たわいのない会話が楽しい。婚活パーティで出会った人とのデートの会話ではこういう気楽な感じになれなくて、なんだか疲れた気がする。そりゃ、初対面の相手と、旧知の間柄の相手では全然ちがって当たり前なのだけれど。やっぱり疲れない相手って、大事かもしれない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク