【40代編集部長の婚活記#296】これで最終!? 食べられないモノだらけの彼と恋路

2022.04.06 LOVE

40代の婚活は個性と個性のマッチング!? 婚活歴5年を超えたOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。

友人とともに過去の経験から自己分析をすることで「本質的な自分」に気づいたアサミ。自分にとってベストなパートナーは「本音が言えて、飾らない自分でいられる相手」だと気づく。会うことでそれが見えてくると感じ、早速、H女史に紹介された男性・マイルドさんと会ってみたが……。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ

 

【40代編集部長の婚活記#296】

 

紹介者の女性から連絡が!

マイルドさんと出会ってから1カ月くらい経った頃のこと。

H女史「あれから、マイルドさんとどうですか?」

彼を紹介してくれたH女史からメッセージが届いた。紹介されてすぐに一度連絡はしていたけれど、経過報告はしていなかった。

どうしよう…。相性合うと思うし、オススメ! と言われて紹介されたわけだし。でもいま、メッセージが続かなかったりするし、なんなら食物アレルギーの話はまだしていない。どうしよう。何も伝えないのもよくないよね。

 

いちおう連絡してるけど

アサミ「紹介してくださって、ありがとうございました! なんとなく連絡取り合ってます」

H女史「いい感じですか?」

いい感じかどうかと聞かれると、正直なんとも言えないなぁ。

アサミ「H女史が言ってたように、穏やかでいい人ですね」

H女史「でしょ? ちょっとジェントルさん風味かなって思ってたんだけど、どうでしたか?」

アサミ「穏やかで、やさしい口調で、紳士的なところは近いものあったかも」

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク