おひとりさまには理由がある? 40代独女の特徴「○○ない」性格

40代で未婚・独身という女性が、それほど珍しくはなくなってきている。

国立社会保障・人口問題研究所の2015年の調査でも、女性の生涯未婚率が14.06%という過去最高の数字を記録している。

類は友を呼ぶのか、45歳・おひとりさまの私の周囲にはおそらくそれ以上のパーセンテージで40歳以上の独身女性がいるのだが、

共通する性格のひとつに「頼らない・甘えない」タイプというのがあると思われる。

 

筋金入りの頼らない性格

私自身……やはり「頼らない・甘えない」タイプだと思う。

しかもその性格は「三つ子の魂百まで」のように、かなり幼い頃から発揮していたようである。

「自分のことは自分でします」

これが、幼い頃の私の口癖だったらしい。

 

たとえば着替えるとき。ボタンがけに時間かかっていた私を見かねて母は手伝おうとした。

しかし「自分のことは自分でやります!」と、私は母の手伝いを断固拒否。

たどたどしい手つきながら、ひとり黙々とボタンがけをしていたという。

 

 

4歳の頃からおひとりさま志向?

けっして過保護な家庭ではなく、むしろ、のびのびとした放任主義な家庭だったと思う。

正直、あまり「〇〇しなさい」と言われた記憶がない。

そんな母でも手伝おうとしたのは、たぶん時間がなかった、急いでいるなどのっぴきならない理由があったのだろう。

それなのに、頑なに手伝いをさせない4歳児。

歯磨きがちゃんとできていなかったときも、ご飯を食べながらポロポロこぼしてしまったときも

ときどき母は手助けをしようとしたらしいのだが、私はやっぱり「自分で」と拒否したようだ(笑)。

 

幼稚園の教えが人格形成に影響か

「自分のことは自分でします」

どうやらこれは通っていた幼稚園の園訓だったらしい。

それをとっても素直に受けとめて実行していた私。

同じ幼稚園だった同級生がみんなそうだったとは思えないので

単純に、私が幼いながらもその園訓にたまたま「これだ!」と反応してしまったのだろう。

見方によっては教えを守るとても素直な子供だが、

別の見方をすると非常に頑固でマイペース、他人を頼らず、甘えず、可愛いげがない(笑)。

 

次女なのに甘えない

どうやら4歳で他人に頼らない考えが出来上がっていた。

私は姉がいる次女なので、一般的には甘えるのが上手と言われるが、あんまり甘えた記憶もない。

家族に聞いても、幼馴染に聞いても、誰ひとり私のことを「甘える」タイプとは言わないだろう。

(ちゃっかりしてるとか、要領がいいとかは次女的なのだが)

そのまま成長したので、他人に甘えず、自分でなんとかしようとするオトナになった。

 

もちろん、仕事では周囲の方々にいろいろ頼ったりしている。

不得意なこと、他の人がやったほうがいいことがたくさんあるから。

しかし、プライベートではやっぱりあまり頼らない。

我ながらすごいなと思ったのは、電子ピアノを一人で移動させたとき。

あぁ、やっぱり私は一人でも生きていける。

だから、私はおひとりさまなのだろう。

 

 

 

 

◆OTONA SALONE ただいまの人気記事

「この道をまっすぐ」を英語でスラっと言うと?
https://otonasalone.jp/27902/

寝る前にはかならず「スイッチオフ」を!
https://otonasalone.jp/25777/

着ない洋服は捨てる…が正解とは限らない?【スタイリスト石田純子の視点】
https://otonasalone.jp/27845/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク