「これが更年期の始まりか」と感じた51歳。生理不順とは無縁な私に周期の変化が…【100人の更年期#62】前編

*このシリーズの一覧はこちら

閉経の前後5年を一般に、更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。

 

私ってもう更年期なの?みんなはどうなの?

 

オトナサローネは同世代の女性100人がいまどのような更年期を迎えているのか、そのあり方を取材しています。(ご本人の年齢や各種の数値は取材時点のものです)

【100人の更年期#62】

 

ノリコさん 57歳
夫と娘との3人暮らし。ヘルスケア関係のサロンで働きながら、歌手や雑誌の美容モデルとしても活躍中。

この記事の画像ギャラリー(3枚)

52歳、これまで体験したことがない急な発汗。友人に「顔が真っ赤」と言われ恥ずかしくなった

こんにちは、私は現在57歳の女性です。今日は私の「更年期の始まり」から今に至るまでの、長いお話をさせてくださいね。「これからの未来にこんなことが起きるんだな」と心の準備をしていただけたら、と思います。

 

私は若いころは生理不順とは無縁でした。でも、51歳になった辺りから、生理が数カ月に1度になったり、周期が短くなったりするようになりました。そんな生理不順が1年ほど続き、52歳のとき、ついにホットフラッシュが始まりました。

 

あるとき突然、急に体が熱くなって、汗が噴き出てきました。上半身が汗でびっしょり。隣にいた友人から「顔が真っ赤だよ」と言われて、恥ずかしくなりました。

 

これまで経験したことがない症状ですし、ホットフラッシュという言葉は知っていたので、すぐに「これが更年期のホットフラッシュ!?」と思いました。

 

ホットフラッシュの頻度は日増しに高くなり、ついに15分に1度まで頻発するようになりました。私はサロンで接客の仕事をしているため、頻発するホットフラッシュには本当に悩まされました。お客様に汗がとんだらどうしようって、いつも不安がつきまとっていました。

 

私は子宮筋腫の経過観察もしていました。あまりにホットフラッシュが強くなると、もしかして女性ホルモンのバランスが大きく崩れて、子宮筋腫にも悪影響を及ぼすかもしれない……?

 

そう考えて、病院の婦人科へ行って漢方薬を処方してもらいました。

 

漢方薬を飲むも治まらないホットフラッシュ。次にとった対策は…

それから漢方薬を1カ月飲みましたが、症状は治まりませんでした。それどころか、夜中もホットフラッシュがおきるようになりました。冬なのに、暑くなって布団をはいで寝て、そして寒くなって目が覚めて、布団をかけて寝るとまた暑くなって目が覚めて、の繰り返しで、眠れない日々が続きました。

 

寝不足が続いて疲れが取れなくなったため、再び婦人科へ行きました。すると、今度は女性ホルモン(エストロゲン・黄体ホルモン)を補充する2種類のパッチを処方されました。それぞれ数日置きに貼り替えて使うタイプで、飲み薬より肝臓への負担が少ないそうです。

 

使い始めて1週間くらい経ったころからホットフラッシュの回数が減り、そのうち治まりました。心も体も楽になる救世主的なパッチだったので、55歳までの3年間、続けました。生理も、本来はたぶん53歳頃に閉経するはずだったと思いますが、ホルモン補充をしたせいか、55歳まで続きました。

 

なぜ3年間でホルモン補充療法をやめたのか。それには子宮筋腫が関係していました。

 

【この話の後編】▶更年期のホルモン補充療法で子宮筋腫が大きくなった!? 他の治療方法を探すためにとった行動は…【100人の更年期#62】後編

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク