【新連載】エスムラルダのイケメン調べ第1回 山崎賢人

「オトナサローネ」読者のみなさん、こんにちは! アタシの名はエスムラルダ。新宿二丁目界隈では、泣く子はもっと泣くホラー系ドラァグクイーンとして恐れられて(?)いるわ。

そんなアタシが、気になったイケメンや話題のイケメンについて好き勝手語りまくる、このコーナー。第1回目では、山崎賢人くんを取り上げるよ!

イケメンはイケメンだけど…

15歳のときに原宿でスカウトされ、芸能活動を開始。その後、朝の連続テレビ小説『まれ』や映画『orange』など、数々の作品に出演し、現在放送中の月9『好きな人がいること』でもヒロインの相手役を好演。すっかり売れっ子俳優となった山崎くん……だけど、アタシにとって彼はずっと、ちょっぴり微妙な存在だったの。2010年に彼のドラマデビュー作『熱海の捜査官』を観たときから、正直言ってアタシ、「イケメンはイケメンだし、嫌いじゃないけど、強く惹かれるものもないなァ」とか思っていたのよね。彼が朝ドラでヒロインの相手役を演ると聞いたときは、「なんで今さら山崎?」とさえ思ったわ(失礼すぎ。てかアタシ、何様)。

『まれ』の高校生役にキュン!

ところが! 『まれ』の第2週で、高校生役を演じている彼を見た瞬間、アタシの中の山崎くん株が急上昇。そのときの山崎くん、やけにかわいくみえたのよ! 一体なぜかしら。制服マジック? それともそのときの山崎くんの髪が、ちょっと短かったせい?(そう。アタシは短髪男子好き)

あと、バラエティに出演したときの、なんとなくボーっとした感じも好印象。てか、目がキリッとしていて、一見無愛想っぽい男子に限って、実は人見知りだったり、ちょっと抜けてたり、笑顔がかわいかったりすることが多いんだけど、なんなの? あのギャップ、ズルすぎ!

 

そんなわけで、アタシにとって、「ちょっぴり気になる男子」に昇格した山崎くん(彼にとっては、嬉しくもなんともないはず)。月9の今後の展開とサービスショットに期待しているわ!

illustration:Tokyo Gecko Design

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク