腰回り-9cm、お腹-10cm!【ペタ腹!股関節ほぐし】03カエル体操

はじめまして、骨盤矯正パーソナルトレーナー・整体師のNaoko です。

私はこれまで、1万2000人以上のかたがたの体の悩みに向き合ってきました。そこで気づいたのは、股関節が硬いと動きに偏りが出て、それによって全身に問題を起こしているということです。

今日から3日間、ぽっこり下腹や下半身がスッキリやせる「股関節ほぐし」についてご紹介していきます。本日はその3回目です。

>>1回目はコチラ ぽっこり下腹7.3cmやせた!【ペタ腹!股関節ほぐし】01パタパタ体操

>>2回目はコチラウエスト-17cm!8kgやせた!【ペタ腹!股関節ほぐし】02グルグル体操

股関節をほぐせば「やせやすい体」になる

股関節は全身の関節や筋肉とつながっているので、しっかり動かしてほぐすと、やせる体づくりに直結します。

人の体には600以上の筋肉がありますが、数でいうと8~9割は骨格を支えるインナーマッスル。ところが、股関節の硬い人はこれらがほぼ使えていません。

インナーマッスルは体のメリハリを形づくるアウターマッスルと連動し、スタイルアップをサポート。例えば、股関節につながる腸腰筋が働くとお腹を引き上げて、お尻のインナーマッスルが働くことで、ヒップアップや内ももが引き締まるという変化も現れます。

 

ウエスト-10cm!腰回り-9cm!

 

このかたは「股関節ほぐし」をやったことで、何をやっても2年間落ちなかった体重が64kgから53kgと、11kg落ちた女性です。ウエスト-10cm、ヒップまわりは-9cmにサイズダウン。また、背骨のゆがみがはげしかったのですが、「股関節ほぐし」でゆがみが整い、前屈で指が床につくように柔軟性もアップしました。

 

基本の股関節ほぐし03 カエル体操

姿勢が整い、ヒップアップや脚やせの効果もある動作です。

股関節を伸ばす「伸展」、外側にひねる「外旋」、外側に広げる「外転」の動きです。股関節が硬くなると腰に負担がかかりますが、この動きでは鼠径部の詰まりを伸ばし、背骨の柔軟性をアップさせ、姿勢を整えます。

※画像クリックで拡大

 

1 ひざを左右に開き、お尻から背骨を持ち上げる

あおむけになり、両腕を体に添わせて伸ばします。左右のかかとを合わせて、曲げたひざを左右に開きましょう。息を吐きながら、背骨一つひとつを持ち上げるイメージで、尾てい骨からお尻、胸まで上げます。

2 息を吐きながら、さらにお尻を10回アップ

「フッ、フッ、フッ」と小刻みに吐く息に合わせてお尻をさらに小刻みに上げて、鼠径部を伸ばします。ひざを閉じないように注意。その後、息を吐きながら、背骨一つひとつを上から順に床に下ろしていきます。

 

 

ここで紹介している「股関節ほぐし」は時間にして約1分ででき、しかも寝たままできて気持ちいい動作です。激しい運動が苦手な人でも簡単にできます。

基本の「股関節ほぐし」のほかに、脇肉やヒップアップなど「やせる股関節ほぐし」、O脚改善やむくむ解消などの「不調改善 股関節ほぐし」も書籍では紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

『寝たままペタ腹! 股関節ほぐし』(主婦の友社)
著者/Naoko
定価1,540円(税込) 2022年7月28日発売

【Amazonでチェック】
【楽天ブックスでチェック】

 

Naoko 骨盤矯正パーソナルトレーナー

整体トレーニングサロン㈱ナオコボディワークス代表、整体師。20代のころより、肥満をはじめ、肩こり、腰痛、外反母趾など多くの不調に悩まされ、ボディメンテナンスの分野に深く興味を持つようになる。出産を機に本格的に体づくりの勉強を開始。ヨガ、ピラティス、解剖学、整体、エステ手技などを学び、あらゆる知識と実績を組み合わせて独自のメソッドを開発。自身も14㎏の減量に成功、不調知らずの体を手に入れる。現在は3人の子どもの育児を行いながら、1万2000人以上の女性たちにボディメイクやメンタルケアを行うほか、後継者の育成指導、企業とのタイアップ商品開発など精力的に活動。整体+ストレッチ+筋トレ効果の「おしり筋伸ばし」が多くのメディアで話題に。著書は累計38万部を突破。「林修のレッスン!今でしょ」(テレビ朝日)、「スッキリ」(日本テレビ)などテレビ出演も多数!

 

 

>>1回目はコチラ ぽっこり下腹7.3cmやせた!【ペタ腹!股関節ほぐし】01パタパタ体操

>>2回目はコチラウエスト-17cm!8kgやせた!【ペタ腹!股関節ほぐし】02グルグル体操

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク