44歳、更年期?めまいがひどくて涙が溢れます。漢方を飲みたいのですが、粉薬が苦手で…

このシリーズの一覧

青年期、壮年期などと同じような時期の呼び方として、女性の閉経の前後5年を更年期と呼びます。

日本人の閉経の平均は50歳のため、45~55歳は更年期にあたる人が多数。この時期に女性ホルモンの分泌が急激に減少するため、更年期障害と呼ばれる状態に至る人もいます。

乳がんのセカンドオピニオンを中心に診察する医師の新見正則先生は、丁寧に私たちの訴えに耳を傾けながら、「だいじょうぶ!更年期は絶対終わるから!」と太鼓判を押してくれる力強い味方。そんな新見先生に「医師に聞いていいのか迷うこと」をまとめて聞くシリーズです。

【Dr.新見の更年期あかるい相談室】#15

Q・めまいが治りません。不安感をなくして、明るく笑顔で暮らしたいのに

昨年末くらいから生理前に、不安、イライラ、頭痛が始まり、1ヶ月に1週間位しかスッキリした体調のいい日がない状態に悩んでいました。そんな時、フワフワするような、地面にぐぅーっと引っ張られる様なめまいが頻繁に起きるようになりました。

5年位前に頭位めまい症をやったので、めまいにはとても恐怖心をもっています。ネットなどで調べて更年期かな?と婦人科に行きました。

ホルモン剤(エストロゲンと黄体ホルモン)を処方してもらい、イライラや体調の悪さはかなり減ったのですが、めまいは変わりません。めまいが怖すぎて不安感が溢れ、涙が出てしまいます。子どもと笑って過ごしたり、テレビに夢中になったりしてると気にならないのですが、考え出すとずっとフワフワしている気がしてしまいます。

不安感とめまいをなくして、笑顔で普通の生活がしたいです。漢方薬も気になりますが、粉薬を飲むのが苦手なので踏み出せずにいます。市販薬には錠剤があると聞き、チャレンジするべきか悩んでいます。

(みかんさん・44歳 更年期症状の度合い/とてもつらく、耐え難いと感じることがある)

 

▶新見先生の「意外な」アンサーとは?次ページからスタート

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
新見正則医院 院長 新見正則

スポンサーリンク

スポンサーリンク