白髪染め?カラー?美容師おすすめの40代ヘアスタイル別ケア

白く光る髪の毛がちらほら見えはじめると、一気に老けたような気持ちになりますよね。しかも白髪は元気なので、ピョンピョンと目立つのが厄介。染めてしまえば目立たなくなりますが、「白髪染め」に抵抗がある人も。
今回は白髪を目立たせず髪がキレイに見えるカラーの使い方について、美容師の実例つきで解説します。

 

白髪があるだけで老けて見える現実

私も40歳を過ぎて、一気に白髪が増えました。サロンに行くたびに「白髪が増えたんだよねー。どうしよう」とぼやくと、アシスタントさんは「えー、そんなことないですよ。まだまだ少ないですよ」と慰めてくれますが、白髪って数本でも本当に気になるんですよね。

白髪数本のときはファッションカラー(いわゆる普通のカラーですね)でも明るく染めれば白髪も目立たず、キレイに染まっていました。が、最近はやはりグレイカラー(白髪染め)に。

月1回のペースでサロンに通っていたのですが、忙しさから気づけば3カ月もサロンに行っていなかったのです。

それが、この状態!!

根元が目立つを超えて、白髪の存在感がありすぎ。これで過ごしていたなんて恥ずかしい。

鏡で見るのは正面ばかりだったので、後頭部にこんなに白髪があったなんて気づかなかった私。サイドの内側はよくチェックしていて、「ああ、また白髪が増えた」と嘆いていたのですが、見落としすぎました。これ、かなり老けて見えますよね。

カラー後がこちら。

トリートメントもしたので、ツルツルです。

髪がキレイだとそれだけで若々しく見えますし、気分も上がりますね。

ちなみに、どうやってオーダーしているかというと

「とにかく白髪が目立たないようにしたい。髪色は明るくなりすぎず、のびてきても気にならないよう暗めが希望」といい続けています。

60代くらいになれば、白髪を受け入れられるようになるのでしょうが、今はとにかく隠したいし、ツヤが見に見せたいのです。みなさんはどうですか?

 

普通のカラーと白髪染めの違いとは?

 

おしゃれ染め、ファッションカラーといわれる通常のカラーと白髪染めの仕組みは同じ。

白髪を染めるために、染料の配合や割合が違うだけなのです。白い髪を染めるために染料が多く、パワーも強め。そのため、髪が弱っていると乾燥してパサつきやすくなるそう。でも、安心してください。サロンでは髪の状態にあわせて薬剤をセレクトし、トリートメントをプラスするなど髪が傷まない工夫もちゃんとしてくれます。

 

「白髪=白髪染め」ではなく、白髪の量によって薬剤を決めていきます。数本であればファッションカラーで対応可能。集中して生えているところだけ白髪染め、それ以外はファッションカラーと使い分けもできるそうです。根元だけ染めることもできます。

また、全体を暗くしたいのか明るくしたいのかによっても異なるので、自分で決めつけずに美容師さんに希望を伝えて相談してみましょう。今はカラーバリエーションも豊富なので、ファッションカラーのときのように色で遊ぶこともできますよ。

 

 

エイジング毛でもツヤ髪に見えるおすすめカラー

 

実例をご紹介します。

前回の施術から1カ月半経ってからの来店となったお客さまのヘアです。

白髪がちらほら目立ちますね。

髪はやや細く、クセ毛。乾燥もしています。白髪は3割程度の状態です。

「赤みが出ないツヤのあるやわらかいベージュカラー」をオーダー。白髪は隠したいけれど、重い印象にはしたくないということでした。

仕上がりはこちら。

顔まわりの動きも柔らかく見える。ファッションカラーとの違いを感じさせないナチュラルな仕上がり。担当/NAOMIさん(Ramie)

赤みを消すためのアッシュ(グレーがかった色のこと)と、ツヤ髪に見せるためのベージュを取り入れたカラー。地毛とのなじみもよく、ナチュラルな色に仕上がりました。

白髪染めはベタっと平面的に見える、髪がパサつくと思いがちですが、ファッションカラーとの違いを感じさせない仕上がりです。

 

40代におすすめのカラーをRamieで教えてもらいました。

落ち着いた色にしたい人は…

グレーベージュ

7トーンのグレーベージュ。透明感のあるカラーが素敵。担当/NAOMIさん(Ramie)

地毛よりも少し明るめのカラーでも、重く見えず透明感のある色。暗めカラーはしっかりと白髪が染まり、きれいに仕上がります。

 

 

のびても気にならないのは…

クリアベージュ

9トーンのクリアベージュ。品のある華やかさ。担当/加藤貴大さん(Ramie)

 

赤みがないベージュ系カラー。明るさがあるので、少し退色してもハイライトっぽく見えて立体感が出やすくなります。髪がのびてきても気になりにくいのも利点

 

赤みを抑えたい人に…

フォギーベージュ

8トーンのフォギーベージュ。髪のくすみが気にならない。担当/NAOMIさん(Ramie)

白髪染めは赤みが出やすい色なので、赤みを嫌う人におすすめ。ナチュラルな明るさで似合わせやすい。

 

 

カラーを長持ちさせるコツとは?

 

白髪はのびてくれば、どうしても根元が気になってしまいます。かといって頻繁に染めると髪が傷んでしまうので、できれば1カ月くらいは間隔をあけたいもの。

 

染めたての色を保つためには、白髪染めをした日はシャンプーを控える、カラー後1週間はカラー用のシャンプー&コンディショナーを使う、髪が乾燥しないよう保湿ケアをするといった日々のケアが大切です。これは今までのカラーリング後と同じです。

この時季は紫外線から髪を守ることも退色を防ぐためにはマスト。帽子や日傘だけでなく、外出前にUVケア用スプレーを髪に吹きかけるのも効果的です。紫外線は肌だけでなく、髪へのダメージも大きいのでしっかりとブロックしましょう。

夏のレジャーでは海やプールもカラーにとっては大敵です。カラー剤は塩素に弱いので、どうしても色が抜けてしまいます。海水浴後は水で髪をよくすすぎ、塩分を髪に残さないようにしましょう。傷みが進行しないよう、自宅でのトリートメントも欠かさないで。

夏を思いきり楽しんだら、サロンでカラーとトリートメントを忘れずに!

 

色をキープしていても気になるのが根元の白髪。2~3週間もすれば目立ってくるので、サロンに行くよりも市販のカラー剤で染めてしまうことがありますよね。そこで注意したいのが色選び。

「明るくなりすぎるのを気にして、暗い色を選ぶ人が多くいます。一度暗くした髪を明るく染めるのは難しいので、自宅で染める場合はなるべく明るい色を選ぶようにしてください。次にサロンで施術することを考えると、できれば一時染めやヘアマニキュアで応急処置をしてほしいですね」(NAOMIさん)。

 

白髪を減らすことは難しいけれど、上手につき合っていくことはできます。自己流のケアではなく、プロの手を借りて美髪をキープしたいものですね。

 

協力サロン・Ramie http://ramie.jp/

東京・銀座にある大人女性向けサロン。持ちのいいカットやナチュラルで女性らしいスタイルで、アラフォー世代から支持を集めている。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

「めんどくさがり40代」でもOK!簡単ヘアアレンジ3つのコツ

アラフォーになると結婚式や二次会に呼ばれる機会は少なくなってきますが、パーティなどおよばれシーンでのヘアスタイルはいくつになっても悩みのタネ。セルフアレンジでも…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

頭皮の日焼けはオバ髪のもと!でも、頭皮の保湿ケアってどうすれば?【特集オトナの美白とUV】

年々、夏の暑さが増しているなと感じていましたが今年は「暑い」という言葉では足りないくらいですね。できれば外出したくないのですが、そうはいかないのが現実。ギラギラと照りつける太陽の下を歩くには徹底した紫…

40代でも痛くないロングヘア!「Sカール」でつくるオトナ髪って

特別なお手入れをしなくてもツヤツヤで、ハリ・コシがあった頃はヘアスタイルの選択肢が多くありましたが、髪の老化が進む40代になると一気に狭まる気がしませんか?髪質の変化や「40代にもなってロングは痛い」とい…

40代でもマネできる!「痛く見えない」かろやかボブヘア4選

普段、ヘアスタイルを決めるときは何を参考にしていますか?40代向けのヘアカタログが増え、等身大のスタイルが選べるようになってきましたが、若いころに比べればまだまだ参考にできるものって少ない印象です。特に…

3才若返ること間違いなし!40代の悩み別「似合う前髪」探し

髪質や顔の雰囲気だけでなく、着る服も変わってくる40代。「いつもと同じ」は安心するけれど、どこかで変化を求めている人が多い気がします。雰囲気を手っ取り早く変えるには前髪を変えるのが一番! 小顔に見せたい…

簡単すぎ!ねじるだけアレンジなら「伸ばしかけボブ」も広がらない【特集オトナの髪悩み】

おしゃれに見えるとアラフォー世代にも人気のボブヘアですが、梅雨のシーズンは扱いにくいというお悩みも。朝、しっかりとスタイリングしたつもりでも時間がたてばボワッと広がったり、うねりが気になったりと残念ヘ…

梅雨の困り髪ですか?「えり足タイトなボブ」がおすすめ【特集オトナの髪悩み】

年齢とともに扱いにくくなっている髪。湿気でじとっとする梅雨はうねる、広がる、ペタンとするなどさらにまとまりが悪い髪になり、毎朝うんざりしているのではないでしょうか。ある程度の長さがあれば、アレンジ(と…

今さら聞けない白髪染めのこと、美容師さんに聞いてみた【特集オトナの髪悩み】

梅雨に突入し、髪がまとまらない!!と毎日ウツウツしている人も多いのではないでしょうか。うねりや広がり対策などヘアケアに力が入るシーズンですが、40代を悩ますにっくき存在・白髪対策は一年を通して気が抜けませ…

40代こそストパーかけると美人度が上がる!私が実際試したビフォア・アフター

梅雨を前に、美容室では「ストレートパーマ」をかけるお客さまが一気に増えているそう。私も髪を切ったこともあり、広がりが気になってストレートパーマをかけました。実は美容師さんにずっと提案されてはいたのです…

マイナス5歳を実現!40代が小顔になる短め軽めヘアスタイル3選

私事ですが、先日10cmほど髪を切りました。ミディアムから長めボブになったくらいなので、あまり気づかれませんが私自身は頭が軽くなり、気分も変わって満足しています。つい「いつもと同じで」とオーダーしてしまい…

ボブの帽子を軽くおしゃれに!小顔で涼しいボブアレンジ2選

帽子をかぶればおしゃれに見えるというけれど、実際かぶってみると、鏡の前でフリーズ。うーん、何かが違うと、断念してしまいます。せっかく買ったのに活用できていない帽子がクローゼットに眠っているのですが、今…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事