白髪染め?カラー?美容師おすすめの40代ヘアスタイル別ケア

白く光る髪の毛がちらほら見えはじめると、一気に老けたような気持ちになりますよね。しかも白髪は元気なので、ピョンピョンと目立つのが厄介。染めてしまえば目立たなくなりますが、「白髪染め」に抵抗がある人も。
今回は白髪を目立たせず髪がキレイに見えるカラーの使い方について、美容師の実例つきで解説します。

 

白髪があるだけで老けて見える現実

私も40歳を過ぎて、一気に白髪が増えました。サロンに行くたびに「白髪が増えたんだよねー。どうしよう」とぼやくと、アシスタントさんは「えー、そんなことないですよ。まだまだ少ないですよ」と慰めてくれますが、白髪って数本でも本当に気になるんですよね。

白髪数本のときはファッションカラー(いわゆる普通のカラーですね)でも明るく染めれば白髪も目立たず、キレイに染まっていました。が、最近はやはりグレイカラー(白髪染め)に。

月1回のペースでサロンに通っていたのですが、忙しさから気づけば3カ月もサロンに行っていなかったのです。

それが、この状態!!

根元が目立つを超えて、白髪の存在感がありすぎ。これで過ごしていたなんて恥ずかしい。

鏡で見るのは正面ばかりだったので、後頭部にこんなに白髪があったなんて気づかなかった私。サイドの内側はよくチェックしていて、「ああ、また白髪が増えた」と嘆いていたのですが、見落としすぎました。これ、かなり老けて見えますよね。

カラー後がこちら。

トリートメントもしたので、ツルツルです。

髪がキレイだとそれだけで若々しく見えますし、気分も上がりますね。

ちなみに、どうやってオーダーしているかというと

「とにかく白髪が目立たないようにしたい。髪色は明るくなりすぎず、のびてきても気にならないよう暗めが希望」といい続けています。

60代くらいになれば、白髪を受け入れられるようになるのでしょうが、今はとにかく隠したいし、ツヤが見に見せたいのです。みなさんはどうですか?

 

普通のカラーと白髪染めの違いとは?

 

おしゃれ染め、ファッションカラーといわれる通常のカラーと白髪染めの仕組みは同じ。

白髪を染めるために、染料の配合や割合が違うだけなのです。白い髪を染めるために染料が多く、パワーも強め。そのため、髪が弱っていると乾燥してパサつきやすくなるそう。でも、安心してください。サロンでは髪の状態にあわせて薬剤をセレクトし、トリートメントをプラスするなど髪が傷まない工夫もちゃんとしてくれます。

 

「白髪=白髪染め」ではなく、白髪の量によって薬剤を決めていきます。数本であればファッションカラーで対応可能。集中して生えているところだけ白髪染め、それ以外はファッションカラーと使い分けもできるそうです。根元だけ染めることもできます。

また、全体を暗くしたいのか明るくしたいのかによっても異なるので、自分で決めつけずに美容師さんに希望を伝えて相談してみましょう。今はカラーバリエーションも豊富なので、ファッションカラーのときのように色で遊ぶこともできますよ。

 

 

エイジング毛でもツヤ髪に見えるおすすめカラー

 

実例をご紹介します。

前回の施術から1カ月半経ってからの来店となったお客さまのヘアです。

白髪がちらほら目立ちますね。

髪はやや細く、クセ毛。乾燥もしています。白髪は3割程度の状態です。

「赤みが出ないツヤのあるやわらかいベージュカラー」をオーダー。白髪は隠したいけれど、重い印象にはしたくないということでした。

仕上がりはこちら。

顔まわりの動きも柔らかく見える。ファッションカラーとの違いを感じさせないナチュラルな仕上がり。担当/NAOMIさん(Ramie)

赤みを消すためのアッシュ(グレーがかった色のこと)と、ツヤ髪に見せるためのベージュを取り入れたカラー。地毛とのなじみもよく、ナチュラルな色に仕上がりました。

白髪染めはベタっと平面的に見える、髪がパサつくと思いがちですが、ファッションカラーとの違いを感じさせない仕上がりです。

 

40代におすすめのカラーをRamieで教えてもらいました。

落ち着いた色にしたい人は…

グレーベージュ

7トーンのグレーベージュ。透明感のあるカラーが素敵。担当/NAOMIさん(Ramie)

地毛よりも少し明るめのカラーでも、重く見えず透明感のある色。暗めカラーはしっかりと白髪が染まり、きれいに仕上がります。

 

 

のびても気にならないのは…

クリアベージュ

9トーンのクリアベージュ。品のある華やかさ。担当/加藤貴大さん(Ramie)

 

赤みがないベージュ系カラー。明るさがあるので、少し退色してもハイライトっぽく見えて立体感が出やすくなります。髪がのびてきても気になりにくいのも利点

 

赤みを抑えたい人に…

フォギーベージュ

8トーンのフォギーベージュ。髪のくすみが気にならない。担当/NAOMIさん(Ramie)

白髪染めは赤みが出やすい色なので、赤みを嫌う人におすすめ。ナチュラルな明るさで似合わせやすい。

 

 

カラーを長持ちさせるコツとは?

 

白髪はのびてくれば、どうしても根元が気になってしまいます。かといって頻繁に染めると髪が傷んでしまうので、できれば1カ月くらいは間隔をあけたいもの。

 

染めたての色を保つためには、白髪染めをした日はシャンプーを控える、カラー後1週間はカラー用のシャンプー&コンディショナーを使う、髪が乾燥しないよう保湿ケアをするといった日々のケアが大切です。これは今までのカラーリング後と同じです。

この時季は紫外線から髪を守ることも退色を防ぐためにはマスト。帽子や日傘だけでなく、外出前にUVケア用スプレーを髪に吹きかけるのも効果的です。紫外線は肌だけでなく、髪へのダメージも大きいのでしっかりとブロックしましょう。

夏のレジャーでは海やプールもカラーにとっては大敵です。カラー剤は塩素に弱いので、どうしても色が抜けてしまいます。海水浴後は水で髪をよくすすぎ、塩分を髪に残さないようにしましょう。傷みが進行しないよう、自宅でのトリートメントも欠かさないで。

夏を思いきり楽しんだら、サロンでカラーとトリートメントを忘れずに!

 

色をキープしていても気になるのが根元の白髪。2~3週間もすれば目立ってくるので、サロンに行くよりも市販のカラー剤で染めてしまうことがありますよね。そこで注意したいのが色選び。

「明るくなりすぎるのを気にして、暗い色を選ぶ人が多くいます。一度暗くした髪を明るく染めるのは難しいので、自宅で染める場合はなるべく明るい色を選ぶようにしてください。次にサロンで施術することを考えると、できれば一時染めやヘアマニキュアで応急処置をしてほしいですね」(NAOMIさん)。

 

白髪を減らすことは難しいけれど、上手につき合っていくことはできます。自己流のケアではなく、プロの手を借りて美髪をキープしたいものですね。

 

協力サロン・Ramie http://ramie.jp/

東京・銀座にある大人女性向けサロン。持ちのいいカットやナチュラルで女性らしいスタイルで、アラフォー世代から支持を集めている。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

うねりやパサつきをおさえて「髪を早くきれいに伸ばす」4つの方法は?

40歳を過ぎると髪をバッサリと切る人が増えますよね。美容師さんに話を聞いても、40代後半から一気にショート率が高まるとのこと。うねりやパサつきで扱いにくくなっている髪は切ってしまったほうがラク、と考える人…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むにははやく、おしゃれにも貪欲です。しかし、…

ぺたんこ、うねり……40代の困り髪を救うのは女っぽミディアム

ケアをしていても扱いづらくなってくる髪。うねって広がる髪を落ち着かせたい、髪が細くなりボリュームがなくなってきた、とにかくまとまらない!そんな手に負えない悩みをカバーしつつ、女らしさや華やかさがほしい…

40代のオバ見え原因1位、白髪。うまく「染めずに」カバーするには?

40代の髪悩み№1といったら白髪。黒髪はどんどん元気がなくなっていくのに、白髪は生命力にあふれているかのように太く、目立つのがやっかいです。しかも、頭頂部や顔まわりなど視界に入りやすい場所に生えやすいの…

やっぱり美容室は怖い!? 思い通りのスタイルを手に入れる3つの心得

「美容室でなりたい髪型をうまく説明できない」「どうオーダーしていいのかわからない」「美容師さんと話すのが苦手」「やってみたいヘアスタイルがあるけれど、結局いつも同じになってしまう」40代女性からもよく聞…

髪がバチバチ静電気でまとまらない!カンタン除去対策3つの方法

冬になると悩まされる静電気。ドアノブや車のドアをさわる瞬間、バチッと痛みが走り不快な気分に。服を着るとき髪がパチパチして顔にまとわりついたり、広がってボサボサになるのも静電気の仕業です。静電気が発生す…

かき上げ前髪、束感…雑誌で見るヘアスタイルの小さいコツ、教えます!

ヘアチェンジをするときに、雑誌のヘア企画やヘアカタログを参考にする人も多いですよね。ただ、素敵だな、マネしたいなと思うスタイルがあっても「スタイリングが難しそう」と諦めてしまうことはありませんか?サロ…

タートル、ニット帽に似合うギリギリ結べるボブの冬アレンジ

タートルネックやマフラーなど首元にボリュームのあるファッションが増える冬。肩につくボブヘアはダウンスタイルだと毛先がハネたり、もったりと見えてしまいますよね。そんなとき、やっぱり頼れるのはまとめ髪。と…

ヘアブラシを変えるだけでこんなに違う!洗う前の「3分ブラッシング」でエイジング髪が美髪に

美肌&美髪は1日にして成らずということは、40数年生きてきた私たちなら実感しているところ。しかし、もう年だから、一度ダメージを受けた髪は戻らないからと諦めることはありません。人生100年時代。折り返し地点に…

やっぱり頼れる!結べる長さの「ふんわり美フォルムボブ」3選

ウェーブをかけたり、毛先をハネさせたりボブもバリエーションが豊富。ストレートよりも動きをつけたほうが今っぽく見えるけれど、スタイリングが面倒&苦手な人にとっては敬遠しがちなスタイルですよね。おしゃれを…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事