努力しすぎな不遇の40代が、ストレスためず働くたった1つの方法って?

【できるオンナの仕事術2】

人員が減らされているのに、仕事量は一向に減らず、来る日も来る日もオーバーワーク続き……と嘆いているアナタ。

「仕事はデキる人のところに集まってくるものなのよね」と自分を慰めるのはいいですが、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでいませんか?

デキる人ほど、自分の能力を過信して、つい無理をしてしまいがち。「この書類をゴゴイチまでに完成させてしまいたい」とランチ抜きで猛烈な集中力でPCに向かったり、クライアントからのお誘いがあれば休日返上でイベントに出かけたり……。自分を犠牲にするのもほどほどにしたいものです。

アーチャン・ブラームという”世界的瞑想の師” (仏教僧)が演説の最中にこう話しています。

 

グラスを持ち続けない、ということ

「このグラスはどのくらい重いでしょうか?」

聴衆が何も言わないうちに、私はこう続けました。

もし私がこのままグラスを持ち続ければ、5分後には腕がつらくなってくるでしょう。10分もすれば、かなりの痛みを感じることでしょう。そして15分後には苦しみを感じるでしょう。そんなことをしたら、私は愚かな僧侶ということになります。

では、どうすればいいでしょうか?

このグラスを重いと感じるようになる前に、1分間だけグラスを置けばいいのです。1分間だけ腕を休ませれば、私はまたラクラクとグラスを持つことができるようになるのです。

実はこれと同じことが、職場におけるストレスの元凶なのです。ストレスは、あなたがこなさなければならない仕事量にも、責任の重さにも関係ありません。

耐え難い負担を感じる前に仕事を中断し、ほんのわずかでも休憩すれば、ストレスなどは生じないのです。

 

そんなこと、わかっているとみんな思う

そんなこと、わかってるわよ! とアナタは憮然とするかもしれません。その休憩を取る暇がないから大変なんじゃない!と。

 

でも、休憩を取らずに一気に片付けようとすることで、仕事の質が低下し、実績が大幅に悪化する、とアーチャン・ブラームは続けます。

もし、休憩を取れば、その後、休憩時間を補っても余りある質の高い仕事ができるというのです。

「グラスを一旦置くのは、時間の無駄使いなどではなく、脳の効率を高める投資なのです」。

まじめな人ほど、そして子供の頃からがんばることに慣れている人ほど、仕事でもついつい根を詰めてしまいがちです。

 

人間の集中力はそれほど持たない

人の集中力は一説によると40分が限界と言われています。自分では集中力が持続しているつもりでも、効率よく集中するには、脳をたまに解放することが大事なのだとか。そのために最適なのは散歩。足の筋肉を動かすことで、脳の血流がアップし、パフォーマンスが上がるのだそうです。

ですが、仕事中に散歩に出かけるのは現実的ではありません。せめて社内で意識的に体を動かしてはどうでしょう? まめにコピーを取りに行くとか、メールや電話でなく直接、別の部署へ出向いて用件を伝える、誰かに頼まず自分で宅配便を出しに行く……など。

途中に休憩をはさむことで、脳が活性化するだけでなく、取り組んでいる案件を別の視点から見ることができたり、少し離れて見ることができるというメリットもあります。

直球でひたすら投げ続けるより、ちょっと変化をつけたり、一呼吸入れたりする、それこそできるオンナの仕事術と言えます。

仏教の教えって、ただ説教臭いだけでなく、仕事に役立つこともあるんですね。

ちなみにこのアーチャン・ブラームの話は、その後、オーストラリア証券取引所のウェブサイトや、ハーバード・ビジネス・スクールのブログにも掲載されたそうです。

 

人生の視点を変えるレッスン

欧米で110万部突破の、世界的瞑想の師によるベストセラーがついに日本上陸!

32のユーモラスなショート・ストーリーから学ぶ、悩み、不安、怒りがラクになる人生の視点の変え方レッスン。

バナナを逆からむいてみたら

アーチャン・ブラーム 著  畔上 司 訳 主婦の友社刊 1,200円+税

 

【こんな言葉、共感しませんか?】

・頭の中のアルバムにイヤな記憶がたくさんある人は、今すぐ、いい思い出と取りかえよう。

・いまいましいことが起きたとしても、それが次にどう展開するかはわからない。

・現代は、いつも感じよくしていないといけない時代。でも、仏頂面でもいいよ。私が許可します。

・自分の一番の友は、自分。その友に、「~しなさい」「~すべき」と命じてばかりいませんか? もっと友の声に耳を傾けよう。

 

いくらお金があっても、“思いやり”と“平穏な心”を持つ人にはかなわない。

・ラクをしよう、便利に暮らそう、とすると、ものやお金が必要になって忙しくなる。「忙しい」とは「心をなくす」こと。

・人生の貴重な瞬間は全身で感じよう。記録するだけではもったいない。

・目的地に着くまでの「合間」の時間をどう過ごすかで、人生の充実度は違ってくる。

 

・あなたがイヤなやつと思っている誰かも、あなたのことをイヤなやつと思っている。

・欠点を指摘するときは、まずほめて、最後にまたほめるとうまくいく。つまり、サンドイッチ方式。

・仲間が助けを求めてきたら、自分自身の問題として考えよう。

・人には悪いところも、いいところもある。美点に目を向ければ、自分にも他人にもやさしくなれる。

・「自分は誰よりもすぐれている」と思っていると、自分以上の人が現れたときに、困ってしまう。比べるクセはやめよう。

・恐怖心があると、たいしたことのないことも大げさに考えて、どんどん不安になっていく。

・大きな不安に押しつぶされそうなときは、体の、具合が悪い部分をやさしくケアするといい。

スポンサーリンク

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

育ちがよい女性がリビングに置きたがるアイテムって?【オトナの手土産#23】

リビングスペースやキッチンで活躍するような、ライフスタイルグッズも喜ばれるギフトの一つ。日々暮らすなかで目に入るものだから、センスを感じさせるグッドデザインを選んで。衣食住のアイテムこそこだわりのある…

あってる?はずれてる?いちばん「冷たい男」が多い血液型は……

オトナサローネで人気の「血液型」記事。血液型って意外とタイプがあったり?なかったり?そんな血液型を用いた質問をみなさんの独断と偏見で答えていただきました!意外とあってたり?はずれていたり?優しい男性が…

英語で「栗」は「マロン」じゃない⁉︎正解は意外なコレでした【今週の人気記事】

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「英語・漢字記事」などが人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(7月1…

【ボディケア大賞】汗・ニオイ・紫外線に負けない!40代をクールに保つ|2019ベストコスメ上半期

気になるニオイや汗のケア、なるべく確実かつ手間なく済ませたいですね! 執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが、2019年上半期のベストコスメを選出しました。【オトナサローネベ…

【男の体験談】僕たちが近づきたくない!「マウンティング女」の発言6選

オトナサローネで人気の「男の体験談」記事。今回は彼らが小耳にはさんだ「マウンティング女」の発言6選をご紹介していきます!最近耳にする港区女子のような「ずっと○○区から出たことなくて~」だったり、出身校の…

優秀!【ユニクロシャツ】でオトナの着やせコーデは?|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、【ユニクロ】【トレンド】が大人気でした!1…

恋に臆病な40代独女が、初デートでテンパらない方法って?

前回は僕のキョドり話と、その体験からメソッドを考案した流れをお話しました。僕は演劇理論をベースに独自の緊張緩和メソッドを作り上げたのですが、いつも考えていたのはコレです。「なぜ俳優は、本番で頭が真っ白…

彼氏いない歴10年級でもOK!「カレができるリラックス術」って?

「いいな~」と思う男性がいても、ドキドキして自分から話しかけられない。婚活アプリでせっかく素敵な男性とつながったのに、初対面でテンパって、ヘンな女だと思われてしまった――。などなど、思わず「中学生か!」…

【男の体験談】カノジョが勝手に住民票を……僕たち、こんな婚活戦略にドン引きしました!9選

オトナサローネで人気の【男の体験談】記事。今回は、男性がドン引きした40代独女の「婚活戦略」を一気にご紹介していきます。「勝手に住民票を移された⁉り」、「子供はいらないといっていたのに……」など気になる内…

【男の体験談】いきなり家に誘われて……僕たちこんな女性にドン引きしました!9選

オトナサローネで人気の【男の体験談】記事。今回は、男性がリアルに体験したこんな女性ちょっと……なお話を紹介していきます。【女性からのお誘い】や【タクシーでの振る舞い】、【40代女性のオバ発言⁉】と気になる…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事