上品に笑ったつもりが相手は不快!? そのしぐさ、外国人にはこう見えます!【気品を身につけるシンプルな教え】(前編)

2022.12.23 WORK

自分では気がつかず、無意識にしてしまっているしぐさがあります。特に、日本人にありがちな振る舞いは、外国人にとって奇異に映ってしまうこともしばしば。今や、グローバルな時代ですから、海外ではもちろんですが、国内にいてもお相手に誤解されたり不快な思いをさせないように意識していきましょう。よくあるNG行為を(一社)日本プロトコール&マナーズ協会主任講師の松田玲子先生にお聞きしましたので覚えておきたいですね。

【気品を身につけるシンプルな教え・リバイバル/無意識のしぐさ編】

 

(一社)日本プロトコール&マナーズ協会

 

笑うとき、口をおさえるのはコンプレックスを隠すため?

日本人は笑うときに口を手で押さえることを上品だと思いがちですが、海外では、そのしぐさはNGとされることが多いのです。まず、口をおさえると声がこもってしまい聞き取りにくくなりよくありません。

また、「なにかやましい」印象を与えてしまいますし、自分に自信がなく、口元にコンプレックスがあるようにも見られるようです。

 

「ここは日本だからいいでしょう」と思われるかもしれませんが、現在はグローバルスタンダードです。口に手をあてて笑うしぐさを不快に感じる人も多いので、おこなわないように意識してみましょう。

また、笑いながら手を叩くのも品がない印象なのでやめましょう。

 

口に手がいきそうになったらあごに手を添え顔を下に向けて笑う

アドバイスとしては、口を手で押さえそうになったら、その手をあごに軽く添えて顔を下に向けて笑うようにしてみてはいかがでしょうか。女性らしいしぐさに変わります。

次のページ▶▶日本人に特に多いと言われる「あの笑い方」は、世界でどう見られているのでしょう?

続きを読む

【編集部より】あなたの「しょーもないグチ」聞かせてください!

何億回言っても靴下をかごに入れられない夫のグチ、給料あがらん仕事のグチ、老化する体がしんどいグチ、家の周囲ののらねこがなつかないグチ… ご応募はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク