40代の顔だるみを隠したい人は、「目元メイク」この2コツに注力すべし!

どうしたって加齢には逆らうことができないから、鏡を見るたびに“たるみ”が加速している顔に、ひとり静かにため息をついている女性だって少なくありませんよね。

重力を恨めしく思いつつも、40代を迎えれば、どことなく全体が“下に・下に”と引っ張られている顔にも見えてくるものです。

「時短メイクでたるみをカバーできれば、どれだけ楽になるか!」とお考えな40代女性の皆さま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

実は、たるみをフォローする時短メイクでは、たるみそのものへのアプローチより、目元へのメイクもカギに。

「えっ?目元とたるみが関係あるの!?」と思うかもしれませんが、はい!深い関係があるのです。

今回は、私も実践している“たるみ”をごまかす目元メイクのコツを2つご紹介していきます。

その他の時短メイクのコツは こちら

 

コツ1:眉は自然な“アガり太眉”で若見えを死守

たるみをリフトアップさせるには、エステやコスメ・エクササイズに頼るしかないだけに、メイクでは視覚によって若見えを狙い、視線を上へ・上へと持っていくのがフォローの秘訣に。

眉や眉尻が下がっていると、顔の印象が全体的にも下がって見えるため、たるみをフォローするならストレート眉ないし眉尻をやや上げた眉に仕上げて。

ただし、真一文字に描いてしまうと不自然なメイクになる点と、極端に上げた眉尻はキツい顔に見えるリスクもあるので、自然な太眉は死守しつつ、全体的に“上へ・上へ”の意識で描いていきます。

画像では、わかりやすいようにいつもより“かなり太め”に仕上げました。ほんの“気持ち程度”に上に向けて眉を書くだけで、視線が上に向かいます。

太眉は、細眉よりも顔立ちが若く見える黄金セオリー。人間の顔は、眉が薄いと老けた印象になると言われているので、若見えには太め眉が鉄則です。

たるみをフォロー眉メイクでは、これらの理論を応用し“太眉×ややアガり眉”が黄金メソッドになります。

 

コツ2:“裏ワザアイライン”でたるみをカバー

実年齢より若々しく見せるアイラインの鉄則は、“まつ毛と一体感を出すこと”。

アイラインだけが太すぎて浮いてしまったり、反対に細すぎてインパクトに欠けてしまったりすると、なかなか視線が上と向かず、たるみフォローにはなりません。

アイライナーをまつ毛とまつ毛の間を埋めるように丁寧に埋めていくと、目の輪郭が際立ち、まつ毛との一体感も生まれます。

若見えの基本は豊かなまつ毛にもあるので、こうしてまつ毛とアイラインを一体化させると、全体的に若々しい印象に仕上がります。

画像は、私がマツエクを愛用していた頃の目元。マツエクをつけていても、まつ毛のキワを埋めるようにラインを入れていくと、目元に一体感とインパクトが加わり、視線が頬よりも目に向いていく“たるみをフォローするメイク”につながります。

ぼやけた輪郭をごまかそうとして太いラインを入れてしまえば、かえって目元が浮いてしまい、おばさん見えを加速させることがあるので要注意です。

 

たるみをさらにフォローするならチークテクも加えて

これらの2つの目元メイクを実践し、たるみをフォローしている私の顔がこちら。

以前のこちらの記事【40代の時短美容】一瞬でたるみ撃退!? 40代が心得ておきたいチークテク」でご紹介したチークテクも加えています。

視線を上に向けるメイクを意識すると、たるみを視覚的にフォローする術にもなるので、意識しておいてソンはありません。

 

たるみが気になり始めると、つい“たるみ”そのものにアプローチしたくなります。けれども、目元メイクによっても、全体の印象は変えることができ、そのほうが時短フォローにもなりやすいのです。

毎日慌ただしい現代女性だからこそ、“たるみカバー術”は手間をかけずに、効果を引き出していきたいですよね。

“目元でたるみをフォローするメイク”、ぜひお試しください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

「ふーん」って言ってない? 男女関係すさまじい破壊力の3ワードはこれ

言葉はときに、ものすごい破壊力をもちます。一度でも、深い仲にある男性から「この女性は、失礼だ!」「俺にはこんな女は、無理だ!」と思われてしまえば、その後もネガティブなイメージがつきまといがち。男性の抱…

知らない間に肌が焼ける人は、たぶんファンデの塗り方が悪いはず。盲点3つ

日差しが強まってきて、日焼け対策にも意識が高まるシーズンの到来です。手や足などのUV対策のほか、40歳を過ぎると意外と気になるのが、ファンデーションまわりのUV対策。うっかり焼いてしまい、シミを加速させる原…

忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ

これからの季節、デイリーのお手入れで欠かせないもののひとつが“日焼け止め”です。年齢を重ねた肌に限らず、紫外線は美肌の大敵だけに、春先からは毎日の日焼け止めが欠かせなくなります。また、若い頃には「焼く派…

1つでも持ってたら超オバサン!今すぐ捨てて「たんすのこやしコスメ」7つ

「あの人、バブルメイクって感じ」などと陰でウワサされるのは、ちょっと避けたいと感じていらっしゃる40代50代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。近年はバブリーなスタイルよりも、ナチュラルで清楚な透明感…

男性ウケ悪すぎ!「さすがにダサいだろ」と沈黙される40代の春メイク3つ

装いを春仕様にチェンジしたのに、男性から「この女性は、ダサい!」なんて思われてしまったら、かなりガッカリです。しかし女性の間で流行しているメイクやファッションを、心底から理解できずに首を傾げている男性…

春はマイナス3歳!「自然なぱっちり目」をつくる40代のテク3つ

「春になったら、老けた」ではなく「春になったら、若返った」と思いたい私たち世代にとって、この時期はメイクのアップデートにも“若見え”を意識したい頃合いです。手っ取り早く「マイナス3歳!」を目指すなら、怠…

あっ…使ってた! スキンケア下手な女ほど持ってる「呪いの10アイテム」

知らない間に、スキンケアが下手になっていた……なんて展開は、できるだけ避けたいのが多くの女性の本音です。しかし、コスメやお道具をアップデートしないままでいると、いつの間にかスキンケア下手に陥っていること…

この春思い切って変えるべき!「優しい女」に見える40代メイクは

初対面で「あの人、意地悪そう!」なんて思われるのは、誰しもが避けたいもの。ところで春は、新しい出会いの季節でもあるだけに、初めてお会いした方にネガティブな印象を与えるメイクだけは避けたいところ。新人の…

即イメチェン! 40代が「3D・4D・5Dマツエク」をオーダーするコツって?

新年度を迎え「外見をちょっとイメチェンしたい」と思っていらっしゃる女性も少なくない時期。これまでとは違う自分に出会いたくなると「そうだ、そろそろマツエク(まつ毛エクステンション)に挑戦してみようかしら…

「この人、根が意地悪かも…」男性が一発アウトにする40代独女のふとした言動

「この女性は、根が冷たい人なんだなぁ……」と思われたら、よほどのM男でない限りは、本命としての恋愛対象からは外すケースも多いです。いい意味でクールな性格の女性はモテを狙えても「根が冷たい」だと冷淡・冷酷…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事