40代の顔だるみを隠したい人は、「目元メイク」この2コツに注力すべし!

どうしたって加齢には逆らうことができないから、鏡を見るたびに“たるみ”が加速している顔に、ひとり静かにため息をついている女性だって少なくありませんよね。

重力を恨めしく思いつつも、40代を迎えれば、どことなく全体が“下に・下に”と引っ張られている顔にも見えてくるものです。

「時短メイクでたるみをカバーできれば、どれだけ楽になるか!」とお考えな40代女性の皆さま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

実は、たるみをフォローする時短メイクでは、たるみそのものへのアプローチより、目元へのメイクもカギに。

「えっ?目元とたるみが関係あるの!?」と思うかもしれませんが、はい!深い関係があるのです。

今回は、私も実践している“たるみ”をごまかす目元メイクのコツを2つご紹介していきます。

その他の時短メイクのコツは こちら

 

コツ1:眉は自然な“アガり太眉”で若見えを死守

たるみをリフトアップさせるには、エステやコスメ・エクササイズに頼るしかないだけに、メイクでは視覚によって若見えを狙い、視線を上へ・上へと持っていくのがフォローの秘訣に。

眉や眉尻が下がっていると、顔の印象が全体的にも下がって見えるため、たるみをフォローするならストレート眉ないし眉尻をやや上げた眉に仕上げて。

ただし、真一文字に描いてしまうと不自然なメイクになる点と、極端に上げた眉尻はキツい顔に見えるリスクもあるので、自然な太眉は死守しつつ、全体的に“上へ・上へ”の意識で描いていきます。

画像では、わかりやすいようにいつもより“かなり太め”に仕上げました。ほんの“気持ち程度”に上に向けて眉を書くだけで、視線が上に向かいます。

太眉は、細眉よりも顔立ちが若く見える黄金セオリー。人間の顔は、眉が薄いと老けた印象になると言われているので、若見えには太め眉が鉄則です。

たるみをフォロー眉メイクでは、これらの理論を応用し“太眉×ややアガり眉”が黄金メソッドになります。

 

コツ2:“裏ワザアイライン”でたるみをカバー

実年齢より若々しく見せるアイラインの鉄則は、“まつ毛と一体感を出すこと”。

アイラインだけが太すぎて浮いてしまったり、反対に細すぎてインパクトに欠けてしまったりすると、なかなか視線が上と向かず、たるみフォローにはなりません。

アイライナーをまつ毛とまつ毛の間を埋めるように丁寧に埋めていくと、目の輪郭が際立ち、まつ毛との一体感も生まれます。

若見えの基本は豊かなまつ毛にもあるので、こうしてまつ毛とアイラインを一体化させると、全体的に若々しい印象に仕上がります。

画像は、私がマツエクを愛用していた頃の目元。マツエクをつけていても、まつ毛のキワを埋めるようにラインを入れていくと、目元に一体感とインパクトが加わり、視線が頬よりも目に向いていく“たるみをフォローするメイク”につながります。

ぼやけた輪郭をごまかそうとして太いラインを入れてしまえば、かえって目元が浮いてしまい、おばさん見えを加速させることがあるので要注意です。

 

たるみをさらにフォローするならチークテクも加えて

これらの2つの目元メイクを実践し、たるみをフォローしている私の顔がこちら。

以前のこちらの記事【40代の時短美容】一瞬でたるみ撃退!? 40代が心得ておきたいチークテク」でご紹介したチークテクも加えています。

視線を上に向けるメイクを意識すると、たるみを視覚的にフォローする術にもなるので、意識しておいてソンはありません。

 

たるみが気になり始めると、つい“たるみ”そのものにアプローチしたくなります。けれども、目元メイクによっても、全体の印象は変えることができ、そのほうが時短フォローにもなりやすいのです。

毎日慌ただしい現代女性だからこそ、“たるみカバー術”は手間をかけずに、効果を引き出していきたいですよね。

“目元でたるみをフォローするメイク”、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

得意げに語って大失敗…! 男が「ソレは違うでしょ」と感じた40代女性のキャリア自慢3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

逆効果! 「マニュアル恋愛おばさん」の婚活がうまくいかない3つの理由

恋愛にかぎらず、物事にはマニュアルやセオリーがあるのも常ですが、恋愛に関して言えば“マニュアルどおり”な進めかたがアダとなることもあるから、いつの時代も私たちの頭を悩ませる永遠の関心テーマでもあるのかも…

30代までは必要なくても…40代になったら「老け見え対策」のリップが必要!

30代までは必要性を感じずとも、40代になってからは「絶対に手もとにあったほうがいい」と言えるコスメもたくさん。じわじわと押し寄せてくる年齢の波には勝てないけれど、ちょっとした“老化ポイント”くらいなら、コ…

30代までは不要でも……40代になったら「手元にあったほうがいい」アイコスメ3選

「目のまわりには、年齢が出やすい」とも言われるだけに、日ごろからフレッシュな仕上げを意識している40代には、アイメイクは若見えor老け見えの明暗を分ける重要なパーツのひとつ。30代までとは異なり、睡眠不足や…

職場で「ダメな奥さんになりそう」と思われている40代独女の傾向3例

職場恋愛からのゴールインは、40代ともなると周囲に独身男性が減ることからも、稀なケースでもあるのかもしれません。しかし、職場の仲間を通じた飲み会や紹介などによって良縁に恵まれる可能性は高く、だからこそ、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事