40代が着ても許される!秋冬の「痛くない」トレンドキーワード6選

秋のアイテムが続々店頭に並ぶ今、何を買おうか迷っているという人も多いのでは? 今季はベロアやエコファーなどの素材や、チェックや刺しゅうなどの柄物に、フリルやギャザーのフェミニンなアイテムを合わせるのがトレンドになりそう。でも、そんなヴィンテージ感のある着こなしは、老け見えが気になる40代女性にとって難しいのも現実。今回は、そんなトレンドを踏まえたOKアイテムをご紹介します!

 

トレンドキーワード①チェック柄ボトム

とにかくチェック柄アイテムが豊富な今季。大人が着るなら顔から離れたボトムで取り入れるのが失敗しないポイント。柄の印象が強くなるトップスやアウターは避けたほうが無難です。ベースがベーシックカラーで、チェックのコントラストが強くない落ち着いた印象のあるものがおすすめです。スカートで取り入れるなら、長め丈をセレクトして。

 

トレンドキーワード②こっくり秋色カラー

マスタード、ワイン、ディープグリーンなどの秋色は、落ち着いた印象でまさに40代に最適! 一点取り入れるだけで秋のムードが高まるので、トップスでもボトムでも積極的に着こなしたいカラーです。レースやフリルなど、トレンドのフェミニンなデザインでも、品よく着こなせるのが魅力。迷ったら、秋カラーをセレクトしましょう。

 

トレンドキーワード③ボリュームスリーブニット

袖にボリュームのあるトップスは、引き続きブーム継続中。特に、二の腕をかくして手首を華奢に見せてくれるバルーンスリーブは、体型カバーもできるのでおすすめのアイテムです。合わせるボトムはすっきりとしたロング丈がおすすめ。デザインが可愛らしい分、色はグレー、黒、ベージュなどのベーシックカラーをセレクトするのがポイントです。

 

トレンドキーワード④マキシ丈スカート

ロング丈スカートのブームは、膝を出せない40代には嬉しいトレンドのひとつ。レディな印象になるマキシ丈のタイトやきちんと感のあるプリーツ、華やかなアシンメトリーなどデザインも豊富なので、とにかくスカートは長め丈を選ぶだけでOK。ただ、ウエストマークのトレンドも継続しているので、トップスはインしたりベルトをプラスするのを忘れずに。

 

トレンドキーワード⑤控えめドット柄

可愛くなりがちなドット柄は、さすがにもう無理! と思っている人も多いかもしれませんが、黒か茶色ベースの細かなドットなら、上品な印象で着こなせるので40代にもOKなんです。トレンドのレトロ感もありつつ、ほどよく女性らしいドット柄は、トライしてみる価値あり。

 

トレンドキーワード⑥ラメ素材トップス

ギラギラしたラメはNGですが、繊細で生地と同系色のラメ素材なら、顔まわりを華やかにしてくれる効果も期待できます。おすすめカラーはゴールドやサンドベージュなどの肌なじみのいいカラー。着るだけでパッと目を引いて、さりげなくコーデを格上げしてくれます。

 

 

いかがだったでしょうか。今シーズンのトレンドは、思ったよりも40代に似合うラインナップが多い印象でした。失敗しないコツは、必ず試着してサイズ感や全体のバランス、顔映りや体型との相性を見極めること。40代だからといって、トレンドを無視した地味コーデばかり着ていては、老け見えを加速してしまう結果に。見えない年齢の壁は確実にあるけど、せっかく女性に生まれたからには、一生おしゃれを楽しみましょう!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

植松晃士 大人の夏ファッション、40代女性こそ〇〇が大事!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。いきなり夏日が続いてファッションが追いつかない!という方も多いのでは?今回は、夏に向けてのファッションについてお話させていた…

オバサン見えは痛い「下着」のせい? 40代からのブラ・ショーツの選び方

小中学生の頃、40代女性=オバサンだと思っていました。しかし自分が40代になって、正直、心のどこかで「オバサンと言われたくない」「オバサン見えしたくない」と思ってい…

真冬のZARA! 「#ザラジョ」に学ぶデニム着回し7コーデ

アラフォーのデニムスタイルって実は難しいコーデのひとつ。脚が細いからといってスリムを履くとイタくなりますし、ダメージデニムも組み合わせによっては汚く見えます。そ…

あなたはどれを捨てますか?40代のファッション断捨離候補、1位はアノ服

最近「やったこと」「やってみたいこと」でよく挙がるのが「断捨離」です。30代に積もり積もらせた服を捨てに捨て、身軽になる人が大変多いとのこと(編集部調べ)。単価高…

オバサンすぎ?過剰な「絶対焼かない美白ファッション」に気をつけて【特集オトナの美白とUV】

いよいよ夏も本番! 一週間休みを取って海外リゾートへ行く予定の人も、近場の海やプール、山などで短い休暇を楽しむ人も、気になるのが紫外線問題。10代〜20代前半なら、日焼け後も思い出の一つと笑って済ませられ…

「いい具合に盛れる!」40代が買って失敗しない色&柄の夏ファッションって?

世間ではセール真っ只中。つい買い足ししたくなるけど、店頭やネットで衝動買いしてしまうと、結局着られずに後悔することも……。今回は、今買って失敗しない、夏コーデのマンネリを解消してくれる色と柄のアイテムを…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街で意外と見かけるのが、服はきちんとしてい…

恐怖の薄着シーズンがやってきた!40代でも痛くない「やせ見え服」って?

梅雨も中盤、晴れる日は真夏日になることも多い季節です。これからは、どんどん薄着になっていき、ボディラインに自信が持てないアラフォー女性にとっては恐怖の季節。かといって、いつまでも全身を覆うスタイルでは…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国家資格とネイリストの資格を取って表参道で…

40代オバサンでも全然痛くない!いざという時頼れる「夏ワンピ」5ポイント

いよいよ梅雨時期、毎日ジメジメ蒸し暑い日が続き、おしゃれする気力がなくなってきている……という人も多いのでは? コーデを考えるのも面倒な日や、忙しい朝の時短にも効くのは、やっぱりワンピース。しかし、一枚…

あなたのそばにもいるかも?「恐怖のワンピース」が 40代のオバさん感を強調

40代にもなると、途端に似合うデザインが減ってくるのがワンピース。そういえば、最近あんまり着てないな……という人も多いのではないでしょうか。なぜなら1アイテムでコーデが完成するワンピースは、服の中でも対象…

「ごめん、無理」と男にお断りされる痛コーデ。40代の残念3大ファッションって? 

以前たくさんの反響を頂いた「ごめん、無理!」と男が引く痛コーデ 40代女性閲覧注意!? 記事。年相応のファッションが分からないおしゃれ迷子や、若作りや痛いと思われたくないアラフォー女性は、思ったよりも多…

今すぐやめて! 今年やると痛い目にあう去年の流行アイテムをおさらい

ファッションのトレンドは、継続するものも数多くありますが、流行りすぎたアイテムほど次のシーズンは廃れてしまうもの。特に雑誌でトレンドの特集に数多く掲載されたものは、翌年着ているといかにも去年っぽさが目…

うわダサっ…と思ってたコレがいま再流行中!「痛くない」リバイバルトレンド4

ファッションの歴史は巡るもの、この春の流行も昔私たちが経験してきたトレンドアイテムが復活して登場しています。でも、取り入れ方を間違うと、2周目だからこそ時代を超えた痛い着こなしになってしまう可能性も大…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事