必見!「たったひとつ」変えるだけで、髪のパサつきや抜け毛が改善されるってホント?【美容師KUMAの美髪講座】

2023.12.30 LIFE

髪を洗うのに最適な温度は38℃前後

①40℃以上のお湯は乾燥を招く

40℃くらいの熱いお湯で髪を洗うと、頭皮の皮脂が必要以上に取れてしまいます。すると頭皮が乾燥してかゆくなったり、フケが出やすくなったり、抜け毛や薄毛の原因になります。

髪も高温が苦手です。キューティクルが開き、髪に必要な栄養が逃げてしまうため、髪のパサつきが気になりやすくなります。

 

②頭皮のベタつきの原因は乾燥かも

頭皮が乾燥していると、それを補うために皮脂が出過ぎる場合があります。

髪はパサつくのに、頭皮がベタつく場合には、髪を洗うときのお湯の温度を見直してみましょう。

 

③38℃くらいのお湯で髪を洗いましょう

お湯の温度は低い方が髪へのダメージは少なくなりますが、低温すぎると汚れが取れません。

汚れを落としつつ、髪へのダメージを減らすには38℃くらいのお湯を使うのがおすすめです。

 

髪はもちろん、お顔も高温で洗うと乾燥しやすくなります。乾燥しやすいこの季節、毎日のケアをちょっと工夫するだけで髪やお肌を守ることができるので、早速今夜から試してみてくださいね。

 

髪質改善専門家・KUMAさんのサロンはこちら

■サロン名:area(エリア)
■HP:https://area-hair.com/
■YouTube:美容師くまのこだわりTV
■住所(西大島本店):東京都江東区大島2‐38‐10 坂下ビル1F
■営業日時:10:00~17:00、火曜日定休
■料金:カット5, 830円〜、カラー5,500円〜、 髪質改善6,600円〜

1 2

【編集部からアンケート】 よりよいページづくりのために、
「あなたのこと」をお聞かせください!

▶ご協力くださる方はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク