「おきも」でも「きょも」でもありません。「迚も」の読み方、知っていますか?

2024.01.05 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「迚も」です。

「迚も」の読み方は?

「迚」という漢字は「沖(おき)」に形がよく似ていますが、「おきも」と読んでしまうのは間違い。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「とても」です。

 

_________________

▶▶▶他の問題にもチャレンジ!!!

答えは>>こちら

_________________

 

「迚も」とは

[副]《「とてもかくても」の略》
1 (あとに打消しの表現を伴って用いる)どのようにしても実現しない気持ちを表す。どうしても。とうてい。
2 程度のはなはだしいさま。非常に。たいへん。とっても。
3 結局は否定的な結果になるという投げやりな気持ちを表す。どうせ。しょせん。
4 よりよい内容を望む気持ちを表す。どうせ…なら。

出典:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。

 

はじめてこの漢字を見た時には、程度のはなはだしいさまを表す「とても」に漢字表記があることに驚きました。

「迚」は日本漢字能力検定1級に相当する漢字で、訓読みしかない「国字」です。

「国字」にはさまざまな意味がありますが、漢字自体を指す場合においては、日本で作られた文字を意味し、ふつう訓読みだけで音読みがありません。

「迚」の読みは、訓読み「とて(も)・とて」のみで、漢字自体がもつ意味も

①とても。とうてい。どうやっても。
②とて。といって。さりながら。

出典:迚|漢字一字|漢字ペディア

と説明されます。

続きを読む

【編集部より】あなたの「しょーもないグチ」聞かせてください!

何億回言っても靴下をかごに入れられない夫のグチ、給料あがらん仕事のグチ、老化する体がしんどいグチ、家の周囲ののらねこがなつかないグチ… ご応募はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク