「たばごと」でも「けんげん」でもありません。「諫言」の読み方、知っていますか?【漢字クイズ】

2024.02.02 QUIZ

「かんげん」です。

_________________

▶▶▶他の問題にもチャレンジ!!! ▶▶▶答えはこちら


_________________

【漢字解説】

「諫言」を辞書で引くと、このように説明されています。

① 目上の人の欠点や過失を指摘して忠告すること。諫(いさ)めること。また、その言葉。
② いましめること。きびしく注意すること。

出典:精選版 日本国語大辞典

 

また「いさめごと」とも読みます。「諫言(いさめごと)」と読む場合には「禁じたこと。禁じたことば。禁制」といった意味があります。

間違いやすい「諫める」「窘める」

「窘める」は「たしなめる」と読みます。「窘める」を辞書で引くと、このような説明があります。

1 よくない点に対して注意を与える。いましめる。
2 苦しめる。なやます。

出典:小学館 デジタル大辞泉

という意味があります。

 

一方、「諫める」は

1 主に目上の人に対して、その過ちや悪い点を指摘し、改めるように忠告する。諫言する。
2 いましめる。禁止する。

出典:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

 

ともに注意することを表す言葉ではありますが、注意しなければならないのは「諫める」という言葉遣いに「目上の人に対して」という立場の制約があることです。目上の人が目下の人に注意する際は「窘める」、目下から目上の人に対して注意する際は「諫める」です。

1 2

【編集部からアンケート】 よりよいページづくりのために、
「あなたのこと」をお聞かせください!

▶ご協力くださる方はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク