40代女性は退職後、どこに住みたい?都会?地方?海外!?結果は…!

女性の平均寿命は、現在87.05歳(厚生労働省2016年調査による)。 60歳代で退職しても、あと25〜30年残されている計算になります。老後を好きな場所で暮らせるならばどんな場所がいいか、どんな選択肢があるのか考えたことはありますか?ということで、OTONA SALONEの会員制コミュニティサイト「OTONA SALONE倶楽部」で聞いてみました。

 

1位は「都会」。利便性と自動車免許の有無が大きく影響

今回は7月にアップした記事「私たちの「会社員人生」は残り半分以下。40代女性は退職後、どこに住みたい?」で挙げられた選択肢の中から皆さんに選んでもらいました。

 

  • 「海外暮らし」にチャレンジ
  • 「地元」に帰る
  • 「好きな地方」で暮らす
  • やっぱり「都会」が一番!

 

結果はこちら!

老後の住まい調査

OTONA SALONE倶楽部2017年9月~10月調べ(n=27)

 

「都会」を選んだ方が多い結果になりました。生活費が高くつくといった難点はありながらも、文化的な趣味を楽しめる、運転ができなくても便利に暮らせるといったメリットもありますよね。その一方で、家族の都合といった事情で「地元」に帰るといった意見も寄せられました。

OTONA SALONE倶楽部に寄せられたご意見をまとめてどうぞ!

 

やっぱり「都会」が一番!編

病気もちなので…

(トラヲさん)

 

住み慣れ、気心の知れた人達に囲まれ過ごす。
たまの刺激を求め、旅に出るという生活が、今の私にはいいと思えます。

(ま*さ さん)

 

海外も好きな地方も魅力的ですが、どちらも長く暮らせる自信がないです。
地元も東京から1時間程度。
都会が現実的です!

(ま さん)

 

親が地方から東京に引っ越してきてくれて助かった、と思ったのは、車社会の田舎では車が運転できなくなったら生活できないこと。
今、父親が人工透析で週3回通院しているので、地方にいたままだったら、どうなっていたやら…と思うと、自分は「都会」が一番、です。

(いくさん)

 

おひとりさまだったら銀座の1LDKくらいのマンションとかいいですねぇ…

(voldemortさん)

 

便利で快適、そして自由。

(もりりんさん)

 

色々考えるとやっぱり都会がいい。

(飛来さん)

 

今は子供の為に都心から地方に移住しのんびりしていますが、そのうち都会に戻りたいです。
理由は趣味のライブや映画、お芝居や美術展などはやはり都会に集中しているのと、免許が無いからです。
もしくは、それらを享受出来る海外の都会です。

(sousouさん)

 

「好きな地方」で暮らす編

生まれた場所と勤務地は選べませんが、後半生を過ごす場所位は自分の好きな場所を選んでみたい。
寒がりなので暖かい場所が良いですね。

(yukiさん)

 

今も昔も同じ土地に暮らしてます。
若い頃は、都会や海外に憧れましたが、今は、のんびりしたこの土地で、満足してます。
友達もいて、それほど不便も感じない。
たまの旅行で、気分転換します。

(manekoさん)

 

神戸か西北周辺が希望

(りょうさん)

 

今もう田舎暮らしだし(笑)。
今よりもっと広い山の中に引っ越したい。

(、紫音さん)

 

海辺の近くに住みたい。
午後3時位になったら、釣り竿と網とバケツを持って、その日の夕飯の魚を釣りに行く。
坊主だったら、その日の夕飯は、白ご飯と自家製お漬け物とお味噌汁のみ(笑)
そんな生活がしたいです( *´艸`)

(MIKAさん)

 

「地元」に帰る編

最後の最後は地元の札幌に落ち着くと思うけど、その前に海外放浪していろんな土地を見て、気に入った場所にしばらく住むという経験はしてみたい。
現段階では雪が積もって行動が制限される北海道に住んでいることがすごく不自由に感じています。
いろんなイベント類も東京限定だったり。

(にこさん)

 

地元に帰る、、、というか地元から出たことがないので、今さらすみ慣れた土地を離れるのは…って思いがあります。
ただ今はこんな感じですが、実際にその時になったら、意外とあっさり地元を出て、全てを心機一転するのかもしれないです(笑)

(えりなさん)

 

ここ最近まで、地元に帰るなんて考えていなかったのですが、独り暮らしの友人が急死して、地方から来られたご家族の大変さを目の当たりにしたり、今年母が亡くなり、何もできない父が残っているので、仕事が見つかり次第…と考えています。

(うささん)

 

「海外暮らし」にチャレンジ!編

老後に必要なお金(贅沢しすぎず、不自由なく生活できて、持ち家が条件)を貯めるのは難しいものです。
それなら、いっそのこと夫婦二人で海外で生活!もありかなと考えたりもします。
アジア圏ですかね~。台湾とかマレーシアかなぁと。
アジア食大好きなので。
香港もかなり自分に合った気候と食事でしたが、家賃が高いですね(将来的にはどうなっているかわかりませんが)。

(MEさん)

 

物価!

(ニク夫さん)

 

皆さんは老後の暮らし、考えてみたことありますか? まわりのみんながどんなことを考えているか、食事のときのネタにしてみると盛り上がりそうです。OTONA SALONEでも引き続きこのネタについて皆さんと考えてみたいと思います。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「一生、独身かも!」と思ったら見直すべき2つのこと

「このまま一生、一人で生きていくのかもしれない」。そう覚悟したのは39、40歳くらいだったと思う。もともと結婚願望はあまりなかったが、20代、30代のころは漠然と「いず…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

40代女性、毎月の貯金額からみえた貯め方の王道は○○だった!

40代女性の平均年収は394万円、それに対して平均貯蓄額は959万円・中央値は600万円程度(平成26年総務省「全国消費実態調査」)。 仕事やライフスタイルによって貯蓄できる…

家でひとりが好きな人は内向型?リラックスのツボを40代女性読者に聞いてみた

みなさんはリラックスといったらどんなことを連想しますか?どんなことを、どんなものと楽しんでいますか?ドラマといっしょにお気に入りの台湾茶を楽しんだり、 ワインや…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

40代女性の将来不安なこと。3位親の介護、2位自身の健康、1位は?

40代に入って「これは30代とは変わったな」と感じることの1つが会話のネタ。「節々が痛い」「老眼」「更年期」といった健康の悩みのほか、「私たち年金本当にもらえるのか…

40代女性の貯金の目的。3位旅行のため、2位家族のため、1位は?

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(2016年度版、2人以上世帯より)によれば、40代の貯蓄高は平均値が588万円、中央値は200万円という結果が出てい…

40代女性が1人ではできないコト。3位フレンチ、2位遊園地、1位は?

OTONA SALONE不動の人気を誇るコンテンツが「おひとりさまレベル」チェックです。サイトがスタートしてはや1年4ヶ月。おひとりさまを取り巻くハードルもちょっと変わったか…

40代女性、ふるさと納税をどれほど活用しているか調べた結果は…!

自己負担2,000円で豪華な返礼品がもらえるとあって、昨今話題のふるさと納税。ふるさと納税を活用してある自治体に寄附をすることで、税金も安くなる上に地域への貢献もで…

40代女性が気になる習いごと。1位ヨガ、3位茶道、2位は意外な○○?

子どもの頃、ピアノ・水泳・公文など習いごとをされた方は多いと思います。大人になって時間とお金にある程度の余裕ができた今、自分の視野を広げる趣味・教養の要素の強い…

40代独身女性と結婚した、40代の男性心理と本音を総ざらい

40歳の初婚女性と再婚して1年。現在44歳のバツイチ男性編集部員が当時の婚活を振り返る連載コラムの中から、「今年こそ婚活」と考えているアラフォー女性へのエールと男性心理をまとめました。男性がアラフォー独女…

40代女性にとって「LINEで会社休みます」はあり?なし?

利用率が既に9割に達する勢いのLINE(MMD研究所・2017年1月発表)。 そんな中でこの数年言われるようになったのが、職場への欠勤連絡をLINEで済ませるという行為。 皆さんはどう思われますか?ということで、OTONA SA…

経験者はたった2割?40代のマツエク実際やってみたらどうだった?

OTONA SALONEでも人気の時短美容家の並木まきさんは、マツエクを「メイク時間の短縮になって、まさに時短美容の救世主」と評価しています。手軽に時短美容ができる!と人気のマツエクですが、40代が取り込むときには…

40代女性にパクチー調査をしたら驚きの結果に!栽培する本格派も!

この数年、相次いでパクチー専門店ができたり、パクチーチップスチップス・パクチー醤油といった食品が発売されたりと、空前のパクチーブームが到来しています。その独特の風味が好き!という人もいれば、正直ダメ………

40代女性、毎月の貯金額からみえた貯め方の王道は○○だった!

40代女性の平均年収は394万円、それに対して平均貯蓄額は959万円・中央値は600万円程度(平成26年総務省「全国消費実態調査」)。 仕事やライフスタイルによって貯蓄できる状況は違いますが、毎月の積み重ねが老後の…

40代女性は保険にいくら使ってる?本当に役立ってる?その結果は!

保険といえば最近では働く女性向けの収入保障保険や貯蓄型の保険が注目を集めています。その一方で、保障内容について加入当初は聞いたけれど、今になってみるとどんな内容だったか憶えていない、といったケースも多…

すぐタクシーに乗る男と乗らない男、結婚するならどっち?

突然ですが、皆さんはどんなタイプの男性が好きですか?荷物の多い時や夜の移動に重宝する「タクシー」。収入や生活パターン・年齢や体力にも関係するのでしょうが、「すぐにタクシーに乗ろうとするタイプ」と「絶対…

40代女性はコンビニスイーツなら洋菓子派。では専門店で買うなら?

働くオトナ女性には自分へのプチご褒美が不可欠。仕事帰りにコンビニに立ち寄ったところ、充実したケーキ、プリンや和菓子につい手が伸びるといったケースもあるのではないでしょうか。そこで実態を調査すべく、好き…

40代女性の朝食はごはん派?パン派?その理由は年代特有の

働くオトナ女性の朝はバタバタ。朝食はついつい手抜き、場合によってはごはん抜き…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで実態を調査すべく、朝食の定番はごはん vs パンどっち?ということで、OTONA S…

40代オトナ女性はインスタ映えを気にする?気にしない?結果は…!

食欲の秋が到来です。Instagramの活躍の機会が増えている方も多いのではないでしょうか。料理をつくるとき、お店を選ぶとき、食事を食べるとき、インスタ映えを…「気にする vs 気にしない」どっち?ということで、OT…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事