#65 モテない40代独女、婚活歴1年3カ月で決意した重大なこと【40代編集長の婚活記】

40代にして婚活をスタートし、約1年3カ月となるOTONA SALONE編集長アサミ、45歳。いままで婚活パーティや知人の紹介で男性と出会ったりなど5人の男性とデートするも、おつきあいに至らないまま終了。ついに未知なるゾーン「婚活アプリ」を始めてみたが、いきなり婚活アプリ市場に「45歳の壁」があることを突き付けられ……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

40代の婚活は「1歳刻みで壁」がある

婚活アプリを始めてまずわかったことは、45歳独女の需要は想像以上に少ない、という現実。

婚活においては35歳の壁、40歳の壁だけでなく、40歳からはおそらく1歳刻みで壁が存在するのだろう。41歳の壁、42歳の壁、43歳の壁……。私がいま直面しているのは「45歳の壁」だが、来年にはきっと「46歳の壁」をまざまざと感じるのだろう。

婚活アプリの会員に40代男性が多ければ、45歳独女であってもそこそこ需要はあると思っていた。30代男性のような年下からは難しくても、同世代やちょっと上の世代……40~50代の男性からはそれなりに求められるんじゃないかと高を括っていた。

実際、婚活パーティでは30代、40代、50代の男性から連絡先は聞かれたりしたこともあったわけだし(続いてないけど・苦笑)。

 

婚活アプリこそ年齢にシビア

しかし婚活アプリはパーティ以上に「年齢」にシビアだった。40~50代の男性が希望のお相手として求めているのは、多くが40歳まで。かろうじて42歳、44歳までと書いている人がいる程度。アプリでは年齢というデータでふるいにかけられ、45歳の私は彼らの俎上にすらのぼらない。

私のところに届いた数少ない「いいね!」や「お気に入り」などのリアクションをしてくれた日本人男性は、60歳以上しかいない。60歳、61歳、63歳、69歳……。自分の父親が70代なので、できれば父親より私に近い年齢であってほしい。まぁ、私が「60歳以上はあんまり」と思っていること自体、「45歳以上はちょっとな」と思っている男性たちと同じなわけで……。やっぱりデータで見てしまうという現実。

45歳独女のニーズのなさに愕然すると同時に、「結婚に年齢なんて関係ない。年を重ねたなりの魅力がある」と公言しておきながら、私もまったく年齢にこだわりがなくはないという現実に、セルフ突っ込みしたくなった。

「結局、年齢に囚われてるじゃん!!」

 

婚活アプリで出会いがあった知人の年齢

50代以下の日本人男性から、ひとつもリアクションやメッセージがないまま2週間以上が経過した。びっくりするほどモテない私。

思えば、婚活アプリで気になる人と出会えたと言っていた40代の知人は、41歳と43歳だった。そして、先日とある仕事先の女性から「婚活アプリで結婚した40代女性がいる」と聞いたけれど、それも42歳と言っていた。つまり40代だけど、私より若い。そういえば、自分より年上の女性から婚活アプリの話を聞いたことはない。

婚活アプリに登録している女性の中で、もしかして45歳というのは最年長ゾーンになるのかしら?

 

婚活パーティよりモテない

本当にモテない……。

もしかしてプロフィールの写真がまずかったのかと思って、写真を差し替えてみたが反応は変わらない。プロフィールの文章も修正してみたが同じこと。

婚活パーティのほうがまだマシだったと思ったが、よくよく考えたらパーティに出席していたのは44歳のときだった。今年パーティに行ったら「45歳の壁」を感じるのかもしれない。

なんだか、このままダラダラ婚活を続けていてもよくないんじゃないかと思い始めた。44歳で婚活を始めて、現在45歳、来年4月には46歳になる。婚活市場は1歳刻みで壁があるわけで、壁を越えるたびに需要は少なくなっていくんじゃないだろうか。

 

45歳独女、婚活に決意表明

「〆切をつくろう、婚活に」

そう、私は編集者。〆切がないと本気になれないのかもしれない。そして20余年の編集者人生で、〆切はわりときっちり守ってきたほうだ(※ただし自分の担当企画に限る。部下の担当分は含みませんよ、関係者の皆さん)!

婚活の〆切をいつにするか……? 以前、恋愛結婚カウンセラーの先生に言われたのは「40代の女性なら最短でも丸2年みてほしい」ということ。私の婚活スタート日をこの連載「40代編集長の婚活記」の第1回公開日とすると、2016年8月10日。そこから丸2年となると、2018年8月9日だ。つまり、あと9カ月。

どうせなら、ひとまず最短ラインと言われた丸2年をめざそう。来年の8月9日を、私の婚活の〆切とする。その時点で結婚できていなくても、結婚を前提におつきあいする人がいなくても、私は40代の婚活を終了する!

残り9カ月、2年間の半分以上は過ぎたのだから、そんなに悠長なことも言っていられない。そう心に決めたら、なんだか婚活アプリに対しても闘志が湧いてきた。ギリギリな感じになるとなぜだか私は俄然、燃えてくる。

婚活歴1年3カ月でついに私は、婚活の〆切を決意したのだった。

 

【続きはコチラ】

#66 あと9カ月で終了! 40代独女が婚活を〆切る、ホントの理由【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#64 マジか…! 40代独女が直面した婚活の「壁」とは?【40代編集長の婚活記】

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

シミそばかすを隠してツヤがほしい! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事