#66 あと9カ月で終了! 40代独女が婚活を〆切る、ホントの理由【40代編集長の婚活記】

40代・独身・未婚・恋人いない歴8年、婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長アサミ、45歳。婚活パーティや知人の紹介で出会った男性とデートをしてみるも、ことごとく玉砕。婚活アプリを始めてみても、まったくモテない。なにがいけないのか? いろいろ考えた末、ついに40代の婚活にある重大な決断をしたのだった……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

婚活、あと9カ月で終了宣言

45歳独女の決断、それは「婚活に〆切をつくること」。

期間はスタート時である2016年8月から2年間とした。つまり、残りあと9カ月。なぜ婚活に〆切をつくったかというと、編集者だけに〆切がないと本気モードになれないから(苦笑)。

……という理由だけではない。婚活をして1年余り、私の中で「結婚」に対する気持ちがかなり変わってきたから、なのだ。

 

そもそも「婚活を始めた」本当の理由

お気づきの方も多いかもしれないが、そもそも私が婚活を始めたきっかけは、正直に言って「結婚したいから」ではなかった。

40代独女が婚活をやったらどうなんだろう、という「好奇心」だった。

20代や30代の婚活話は周囲にもいるし、メディアにも取り上げられるし、マンガにもドラマにもなっている。でも40代になると、周囲からも話を聞かないし、メディアでも婚活サイトのPR記事や、匿名ブログばかりで、「どこまでホントなの?」と思うものばかり。

リアルを知りたい。それならば、40代女性メディアをやっているから体験取材してみるか、というOTONA SALONEの記事を書くための「仕事」でもあった。

私が婚活を始めたのは、「好奇心」と「仕事」が理由で、結婚願望はさらさらなかった。

だから初めの婚活パーティはかなり仕事モードで参加していた。実際、連載スタート当初の記事を読むとわかると思うが、かなり現場レポート的な書き方をしている。婚活パーティの現場でも、結婚相手を探したいとも思ってなかったし、自分をよく見せようというアピールする気持ちもなかった。

完全に「好奇心」と「仕事」で参加していた。

 

今だから言えるエリートさんとの裏話

最初に婚活デートをした、エリートさんのときもそうだ。

今だから告白するが、正直、よく知らない人とメッセージのやりとりをするのが本当に億劫だった。もともとプライベートではマメさに欠けるめんどくさがりな性格。ごく限られた仲のいい相手には用事がなくてもメッセージを送るが、基本、用事がなければ家族であっても連絡をしない。

だから「いい天気ですね♪」みたいなメッセージがエリートさんからくるたびに「めんどくさい……」と思って返信をしばらくしなかったし、ときには既読スルーもしていた。

本当はデートも行く気がなかった。貴重なプライベートの時間を割くわけだから、楽しい人と会うか、自分のために使いたい。婚活パーティのときのエリートさんの印象はあまり……だったので、デートする気にはなれなかった。

だから一度はデートの誘いを断ったし、デートすることを決意したのも結局は「仕事」で原稿を書かなければ、というのが理由だった。

 

結婚したいどころか、男性不信だった

 

恋人いない歴8年以上になるが、そもそも論でいうと、私は結婚願望どころか恋人がほしいとすら思っていなかった。

それは、以前「#53 なぜ40代独女は恋人いない歴が長いのか?」で ふれたことがあるが、男性への不信感があったから。

男性から言い寄ってくるのに、付き合ってしばらくすると、男性から去っていく。そして、距離を置こうとかなんとか言って、うやむやなまま終わりになる。過去の恋愛の多くが、そんなパターンだった。

それなら、恋人なんていらない。私の心がかき乱されるだけ。

ずっと、そう思っていた。

 

この1年、デートを繰り返してみて

でも、婚活を始めて1年3カ月たった今は、当初とは違っている自分がいる。

「結婚」自体については、本当にしたいのか、したくないのか……実はまだ答えが出ていない。

ただ、「恋人」というか「パートナーの男性」という存在については……いてもいいかもと、思い始めている。それはこの1年、久しぶりにいろんな男性と「デート」というものをしてみて……男性への不信感が少しずつ、解消されつつあるからだろう。

勝手な男性ばかりじゃないかもしれない。

一緒にたわいないことを話せる男性がいるっていいかもしれない。

だから、そろそろ本気で……婚活というか、一緒に楽しく過ごせるパートナーがいるといいかも……そう思ったのだ。

 

婚活に〆切を設けた理由

昨年、婚活を始めたときは……たぶん、本当は「結婚したくない」気持ちが強かった。「好奇心」と「仕事」で始めた婚活だし、結末は「一生、結婚しない」選択になるだろうと自分では思っていた。対外的には「どっちでもいい」と言っていたけれど。

でも、いまは違う。

ゴールが結婚なのかどうかはやっぱりわからないのだけれど、一緒に楽しい時間を過ごせる「恋人」のような存在はほしい。そう、自分からちゃんと「ほしい」という、能動的な気持ちになったのだ。

そう思うようになったのは……たぶん、あの人の存在。ある一人の男性の存在が、私をそう思わせるようになったのだろう。そこに至るまで、とても長い道のりだった。それは、過去の恋愛がかなり影響している……。

 

【続きはコチラ! 結婚どころか恋人もいらないと思っていた編集長アサミの過去とは!?】

#67 40代独女が男性不信になった、第1の事件【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#65 モテない40代独女、婚活歴1年3カ月で決意した重大なこと【40代編集長の婚活記】

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

シンガポールの夜「出会いの予感」がする⁉ おすすめバー3選

シンガポールはNIGHTライフを楽しまナイト!というダジャレはさておき。オトナ女性のみなさま、旅先こそ夜はバーへ繰り出しましょう。旅の恥はかき捨て? おひとりさまバーも、意外と海外のほうがトライしやすいの…

#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートさせてから、はや3年。OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェントルさんという恋人ができたけれど…

写真映え抜群! シンガポールの「最新フォトスポット」4選 2019

新しい観光スポットが続々誕生しているシンガポール。絶景スポットはつねに進化しています。自然と人工、水や光を駆使した、最新&未来的で写真に撮りたくなるシンガポールの絶景スポット4選をご紹介します!【シン…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事