40代が断捨離の次に目指したいスタイル「ヒュッゲ」って?

近頃、いろいろなメディアで目につき始めたのが「北欧」、そして「Hygge ヒュッゲ」なる言葉。

まず、女性ファッション情報誌の大特集が「北欧」。旅特集でもないのに。

次にテレビをつけたら、ゴールデンタイムに「北欧の暮らし、Hyggeっていいな」と外国人女性が話している。

ラジオでは、ボックス入りのフラワーアレンジメントで人気になったニコライ・バーグマン氏(デンマーク出身)がなにやら、祖国の「ヒュッゲ」について語っている。

これはちょっとしたブームなのでしょうか?

 

「北欧」がブーム?次なるライフスタイルの流行は「Hyggeヒュッゲ」

 

秋になってメディアで「北欧」「Hyggeヒュッゲ」ととりあげられることになった、大きなきっかけはどうやら「本」の存在でした。

「イギリスでは発売2か月で2分に1冊が売れている!」「世界各国のメディアで話題!」と北欧のおひざ元、ヨーロッパから発信された「Hygge本」が大ベストセラーになり、日本版がこの秋にリリース。

簡単に言ってしまえば、そのプロモーションで作者がテレビ出演、ニコライ・バーグマン氏は本の解説を書いていたからだと諸々納得。

実際、調べながら混乱したくらい「Hygge」なる言葉を使った書籍がこの秋2冊ほぼ同時発売していたのです。

実はそれ以前にも何冊も出版されていて、ちょっとしたブームが起きている様子。とりあえずミーハー心のある方々はチェックです。

そして肝心な「Hygge=ヒュッゲ」とは?

 

北欧・デンマークの言葉で、「心が安らぐひととき、ほっこり、心地よさ、人とともにいるときに感じるぬくもり」「不安のない状態」を表すのだそう。

「温かい室内でキャンドルの灯りを眺めながら、お茶をしたり」、「気の置けない友人たちと室内で映画をみたり」etc.ごろごろまったりとしたライフスタイルに、小さな「幸せ」を見出そう、見いだせるということ。

POINTとしては、がんばらなくていい、お金をかけなくてもいい、かっこつけなくてもいいという点。

「ありのままで自由」、「シンプルさ」や「心地よさ」、「自分らしさ」に重きを置き、ほんの少しの暮らしの中の知恵で「幸せ感」が得られるんだよ、ということを伝えてくれている言葉。

本の中では、暮らしぶりを考察しているものや、幸せ感が得られる小さなハウツーをまとめたものなど、表現方法は様々。

日本語にすると、ぴたりとくる言葉がないのですが、デンマークの人たちはこの「ヒュッゲ」な感覚を大切にして、日々の暮らしの中に幸せを見出しているのだそうです。

ここ数年のライフスタイル系の流行キーワード、断捨離、ミニマリストetc.に続くのが、この「Hygge ヒュッゲ」のようです。

 

「ヒュッゲ」なライフスタイルの「北欧」ってどこ?それはどうして?

たびたび話題になる、「世界で幸福度が高い国はどこか?」。

数年前にブータンが話題になりましたが、今年は「北欧」なのです。

ちなみに、2017年の国連発表の世界幸福度ランキングでは上位に北欧諸国がランクイン。

1位はノルウェー、2位デンマーク、3位アイスランド、4位スイス、5位フィンランド。

見事に北欧ばかり。

 

そんな幸福度が高い国々はどこにあるかというと、ヨーロッパ=欧州大陸の北部だから北欧。

ヨーロッパ北部に大きく突き出たスカンジナビアン半島の左上がノルウェー、青×黄色の十字(イケアの色ですよね)がスウェーデン、大陸側の白×青十字のフィンランド、半島の先端にある小さな国がデンマーク。

地理的に極地に近く、かなり厳しい寒さのイメージ。

そんな寒い地域で、ヒュッゲな生活とは。どうして、こんなに注目されているのかをにわか解説してみることにしましょう。

 

労働時間が短く、趣味に時間を割き、子育ても男女平等な高福祉社会

 

一般的なイメージや知識では、税金がとっても高くて、その分福祉が充実している北欧社会。

医療や教育費が無料、介護にかかるお金も国からのお金でなんとかなるのだそう。

”ゆりかごから墓場まで”、身の回りの心配をしなくて済むというところがまず大きなポイント。

消費税もモノによっては24%もあるし、稼ぎのうち半分は税金として納めることになるけれど、それが福祉となってみんな平等に分け与えられるのです。

女性も大事な働き手として税金を納めてもらわねばならないため、保育サービスも手厚い。

これなら、子育て世代も安心ですし、親の介護について心配することも少ないということになります。

そういった国の制度もふまえて、国民性、文化、ライフスタイルにも触れてみましょう。

 

寒く暗い冬の時期が長いから、”おうちライフ”を充実させる文化

 

昔、教科書で習った北欧といえばのフレーズは”白夜”が思い浮かびます。

緯度が高い地域だからという説明はできますが、具体的にイメージしずらいので調べてみました。

6月の夏至のころは、日の出が午前3時、日の入りが午後9時50分。

いつまでたっても暗くならないし、すぐ明るくなってしまう夏。

しかし、12月の冬至のころは、日の出が午前9時半、日の入りは午後3時15分ごろ。

日本の時間感覚だと、始業時間は朝焼け、ランチしたらすぐ日が暮れるという。

日照時間が短い上に、寒さも厳しいので北欧の人たちは家の中で過ごすことが多いという暮らしぶり。

部屋にいる時間をいかに心地よく整えるか、という意識が高くなり、家具や照明などのインテリアデザインが発達したとも言われています。

太陽の光になかなか出会えない土地柄、室内の照明デザインには有名な北欧デザインが数多く存在します。

 

にわか知識でも憧れる北欧ライフ。そのエッセンスだけでものっかりたい

あれこれ説明してみましたが、つまりはざっくりと言うとこんな感じ。

―たくさん税金をとられる社会だけど老後の心配も少なくて、4時には会社を出られて、サークル活動とか趣味の時間もつくれて、キャンドルをともして夕飯食べて、インテリアに凝ったおうちでまったりと家族や仲間と過ごし、週末は畑仕事をしに郊外へいく生活を楽しみにするという北欧ライフ。

それぞれの国の社会状況や、制度には決していいところばかりではありません。

でもこんな「ヒュッゲな暮らしがいいなー」と心を動かされ、本を書いた人たちが同時多発的にいて、共感した人も大勢いるというのは本のヒットで明らかです。

大きなポイントは、本を書いた著者は皆北欧出身ではないということ。

当たり前に毎日を楽しく過ごしている北欧の人々と接した、別の国出身の人たちが「まさにこれが幸せなんじゃないか!」と気づいて本で広く伝えたら、大ヒット。

いままでもライフスタイル系の流行はありますが、ミニマリストになるためにも、断捨離するためにも、なにかを我慢したり、努力しないと手に入らないスタイルだったような。

北欧以外のヨーロッパの人たちも、日々の暮らしの中でどこか頑張りすぎてしまって、Hyggeな暮らしぶりが輝いて見えたんでしょう。

「Hygge」を実践するための、ハウツー本もあります。

「キャンドルを灯す」とか「お茶をする」「ふかふかのソックスを履く」的なものが書いてあったりするのですが、それよりも「がんばりすぎない」「求めすぎない」みたいなことを、暮らしの中でも気づかせてくれるという点が、新たなライフスタイルの大きな”流れ”、という印象です。

アラフォー、オーバー40ともなってくると、頑張ることや、そのモチベーションを維持するのも難しくなりつつあるお年頃。

雑誌やメディアが提案するフレーズに翻弄されて生きてきた世代ですから、「頑張り過ぎなくても幸せは身近にあるよ」と背中を押してくれる「Hyggeヒュッゲ」は、私たち世代にとって魔法のことばかもしれません。

毎日なにかしらしんどい、という同世代の皆様。ぜひこれは乗っかってもらいたい。

「Hygge」っていうのが今流行ってるんだって―最高の言い訳になりそうです。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「きれいな我が家をラクにキープしたい!」人気インスタグラマーの掃除・片づけアイデア

暮らしの土台、大切な家族が過ごす場所……、丁寧な暮らしは、清潔で片づいた我が家あってこそ。とはいえ、そんなに毎日掃除にばかり時間を使えませんよね。なかなかやる気に…

イケアの新アイテム、40代がリアルに使いたいものはコレ!

先日、多数のアイテムの値下げや、愛知県の新店舗などの記者会見を行ったイケア。言わずとしれた北欧スウェーデン発祥の家具雑貨量販店です。来年に向けた家具の新作も発表…

「家がキレイになる100均グッズ」15万フォロワーの家事達人が厳選

クオリティ、見栄えのレベルがどんどん上がっている100均グッズ。家に置くと生活感が出すぎない?なんて心配は、もはやご無用。選び方とアイデア次第では、インテリアを邪…

幸運を呼び寄せるルームデトックスとは?

12月に入り、そろそろ大掃除のシーズンです。普段手の届かない部分を掃除するだけでなく、せっかくなので幸運を招く家づくりをしてみてはいかがでしょうか。日本で唯一のイ…

無印良品愛好家の、すっきりキレイなシンプルライフとは?

整理収納のプロから、人気インスタグラマー&ブロガーまで、今、無印良品に魅了されるシンプルライフ達人が急増しています。家具として使用するのも、収納グッズとして使用…

イケアのソファとテーブル、インテリア誌編集者のオススメは?新製品まとめ

年に1回新しい内容で発行されるイケアのカタログ。ただ眺めていてもじゅうぶんに楽しいのですが、いざ「どれにしよう?」となると目移りして迷ってしまいます。そこで、イ…

クッション選びから始める大人の北欧インテリア

いつだって私たちを魅了する、北欧テイストのインテリア。中でも初心者が取り入れやすいのがキュートなファブリックづかいです。挑戦しやすいクッションでのポイントづくり…

イケアの限定「VIKTIGT」、インテリア誌編集者のおすすめはガラスボウルと……?

洗練されたシンプルナチュラルが際立つイケアの限定コレクション「VIKTIGT」。グレイッシュなカラーと自然素材が特徴のコレクションです。約40アイテムの中から、インテリ…

398円花束でも長持ちさせるには? 手持ちのお気に入り器が、魔法の花びんに!

テーブルの上に切り花がある生活はとてもうるおいのあるもの。できれば毎日、美しく飾っておきたいものです。でも、買ってきた花束はせいぜい3日しか持たない……。どうすれ…

とよた真帆は自力で壁を貼ったらしい?大人がハマる「つくろいもの」

2018年のハンドメイド界のミューズに、とよた真帆さんが選ばれました!去る4月26日、2018日本ホビーショーの会場で「ジャパン・ハンドメイド・オブ・ザ・イヤー」の表彰が…

白髪染めを止められない40代「花王のリライズ」使ってみた【リアル体験レポ】

40代の髪悩みは人それぞれでしょうが、パッと見で加齢を感じてしまう「白髪」はおそらく不動のワントップ。おしゃれ染めから白髪染めになった時のことは私も忘れません。30代初めから現在までの女性の髪の加齢につい…

重曹とメラスポで全部解決!「アイテム別」で手早くすっきり大掃除

12月になると、日本人的な心理としては家の中がうっすら汚いままで年越しするのはなんともためらわれます。年末の1日をそれに充てて、一気にやるほうがいいという性格の方もいると思いますが、どれほど時間がかかる…

「無香料」の化粧品なのに匂いがするのはナゼ?成分表示の読み方ポイント

「無添加」「無香料」など、成分表示を気にしてスキンケア製品を選ぶ人、多いのではないでしょうか。チェックしているという声が上がる3大代表格が「パラベン」「香料」「アレルギーテスト」です。でも、実は「アレ…

セブンで発見!サラダチキンが5分で具どっさりスープになるパウチ

先月リリースされるや否や、ネット上で話題になっていた『今夜は手づくり気分』シリーズをご存じでしょうか。コンビニエンスストアで売っている「サラダチキン」を使用すること前提の、コンビニ専用商品。コンビニ内…

店頭で急激に品薄「コーディアル」。冷えも風邪もガードするおいしい飲み方は?

「コーディアル」ってご存知でしょうか。簡単に言うと、薬効があると言われているハーブなどのエキスが入った甘いシロップのこと。そのままでは甘すぎるため、水や炭酸で割って飲んでもいいし、お湯やお酒と割る飲み…

コンビニの「冷凍大学いも」がシャクもちスイーツに変身!半解凍テク

秋の味覚、芋栗スイーツを一巡したのですが、いまひとつ物足りないような。身近なところでもっとおいしいものが食べたい、と要求だけが高くなってきてしまうのが、40代の悪いクセ。そんなわがままな舌を満足させられ…

いまローソンのスイーツが熱い!今日お店に駆け込んで買うべきベスト3

しばらくセブンイレブンの和スイーツに心を奪われていたのですが、なにかを忘れていました。そうです。ローソンのUchi Cafe SWEETSの存在を。あのプレミアムロールケーキを初めて食べた衝撃のあのおいしさを。とい…

イケアの新アイテム、40代がリアルに使いたいものはコレ!

先日、多数のアイテムの値下げや、愛知県の新店舗などの記者会見を行ったイケア。言わずとしれた北欧スウェーデン発祥の家具雑貨量販店です。来年に向けた家具の新作も発表されるということだったので、さっそくチェ…

さつまいも・栗・かぼちゃスイーツが旬!コンビニランキング

あっという間に夏気分を断ち切ってくれる気候のおかげで、欲する味覚もすっかり秋。そう、女性の大好きな「いも栗かぼちゃ」スイーツが続々登場する季節に突入です。8月下旬ごろから、店頭に並び始めたモノをひとつ…

アイス大好き人間なら一度は行きたい!沖縄「ブルーシール本店」

沖縄アイスはコンビニでももちろんチェックしましたが、沖縄ならではのアイスといえば、やっぱり”ブルーシール”(個人的感想)。沖縄以外でも、数は多くないですが直営、FC店と出店がありますし、カップタイプは一部…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事