#69「もう傷つきたくない」独女が久しぶりに交際した男性とは【40代編集長の婚活記】

40代で独身を貫いている女性は、たいてい何らかのワケがある。OTONA SALONE編集長・アサミ(45歳)もその一人だ。未婚のまま45年、恋人いない歴8年超、婚活歴1年4カ月。婚活パーティに行ったり、婚活アプリをやってはいるもののまったく上手くいかない。

健康で、仕事もしていて、コミュ障というわけでもないのになぜか? その原因は、意外と根深い「男性不信」という闇があるからで……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

男性は友達のままでいい

40代独女が根深い「男性不信」を抱えるまでには、いくつかの事件があった。

第1は「浮気」事件。ピュアピュアガールだった大学1年生、最初にお付き合いした彼に浮気されたこと。

第2は「心無い言葉」事件。20代後半で参加した合コンにて、当時荒れていた肌を「ボツボツ、ハズレ、気持ち悪い」と陰口を言われたこと。

すべての男性がそんな人ではないとわかってはいるものの、心のどこかで「浮気するかもしれない」「結局、見た目なんでしょ」という気持ちが拭えなくなっていた。

男性は、つきあうとか恋人とかじゃなくて、基本みんな友達のままでいいや。モテない独女がこれ以上自分が傷つかないためには、その方法しか思いつかなかった。

 

一生独身と覚悟しはじめたころ

第3の事件は、30代後半に起こった。

その頃はすでに「一生独身かもしれない」とぼんやり思っていた。恋愛感情は沸いてこない、新しい出会いを求めてもいない、恋人がほしいとも思わない。一人で生きていくための準備を、脳内でスタートさせていた。

第3の事件のきっかけとなった男性は、同僚の親友だった。仮に「シンユウくん」としよう。

 

信頼する「同僚の親友」の男性

シンユウくんとは、同僚の紹介(正確には紹介されてないが。。。)で出会った。その同僚は、私にとって仕事のパートナーとして信頼している男性だった。仕事のやり方も得意分野もキャラクターもまったく違うが、彼の才能をリスペクトしていた。

その信頼する同僚が主役となったイベントがあったのだが、それを一緒に企画・運営した仲間の一人が、シンユウくんだった。

「友達思いで、元気そうな人だな」。彼の印象はそのくらいだった。

 

彼は裏切らない…よね?

シンユウくんと出会って2カ月くらい経ったある日、突然、彼に告白された。

同僚の親友という視点でしかシンユウくんを見ていなかったので、正直、戸惑った。恋人がほしいとも思っていなければ、男性不信もあったので……。浮気されたり、陰口たたかれたりするのはこりごりだった。また、私の編集という仕事に理解のない男性も少なくなかった。

でも、シンユウくんは私が信頼している同僚の親友だ。

共通の大切な知人である「同僚」を介して知り合ったのだから、私を裏切ったりするようなことはないかもしれない。仕事のことも理解してくれる気がする。そして、私の「男性不信」を払拭してくれるかもしれない。

 

信頼する同僚が、信頼する人だから

だから、シンユウくんに対して最初は特別、恋愛感情はなかったが……。私なんかをよく好きになってくれた。モテない女はつねに「蓼食う虫も好き好き」だと思い、相手にありがたい気持ちになる。

信頼する同僚が学生時代から仲良くしている親友なら、私も仲良くできるかもしれない。信頼できるかもしれない。やっと男性不信を払拭できるかもしれない。そう思って、付き合ってみることにした。

 

直前に起こった「病気」のこと

「一生独身かもしれない」。そう思っていた時期だったが、その一方で、実は誰かに頼りたい気持ちになったナーバスな時期でもあった。というのは、その直前、人生で初めて入院・手術という経験をしたのだ。

私はずっと健康だった。

小・中学校の9年間で学校を休んだのは合計5日間くらいしかなく、高校のときは皆勤賞。スポーツでケガをしたことはあったものの、幼いころから大きな病気になったことがなかった。入社して最初に配属されたのが『わたしの健康』という雑誌だったのだが、会社の諸先輩方に「今年『わたしの健康』に配属された新人は『わたしが健康』だな」と言われるくらい、周囲も認めるほどの健康体だった。

ずっと健康優良児だった人間にとって、病気・入院・手術はショックだった。

 

「誰かに頼りたい」と、初めて思った

シンユウくんに告白されたのは、手術が無事に成功し、順調に回復している時期だった。とはいえ、定期的な検査で通院が必要だったり、体力や免疫力が低下していたり、時々体調が著しく悪くなったり……。人生始まって以来の体調不安を抱えた時期でもあった。

だから、一生独身かもと思いつつも、誰かに頼りたい、誰かにそばにいて欲しい気持ちがなくはなかった。

健康に不安を抱えていたこともあって、シンユウくんにYESとお返事したのかもしれない。

シンユウくんにはYESと伝える前に病気のことを正直に話した。こんな、健康面に不安のある私でもいいのか、と。すると彼は言ってくれた。

シンユウ「話してくれてありがとう。そんなこと気にしなくていいよ」

うれしかった。自然と、私の頬を涙がつたった。

実は、病気のことを話したら、いくら好意を持ってくれていシンユウくんでも、引いてしまうと思ったから……。

あたたかく、やさしく受け止めてくれたシンユウくん。だから、私はシンユウくんを信頼した。お付き合いをしようと思った。久しぶりに、ちゃんと好きになれる男性が見つかったと思ったのだ……。

 

【同僚の親友・シンユウくん、いいヤツじゃないか! それがどう事件になる⁉ 続きはコチラ】

#70どうして? 男はあるとき急に態度が変わる問題【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#68 男の本音って…。モテない独女が合コンで痛感したこと【40代編集長の婚活記】

 

【一気読みしたいかたはコチラ】

40代編集長の婚活記まとめ #1~#69

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

シンガポールの夜「出会いの予感」がする⁉ おすすめバー3選

シンガポールはNIGHTライフを楽しまナイト!というダジャレはさておき。オトナ女性のみなさま、旅先こそ夜はバーへ繰り出しましょう。旅の恥はかき捨て? おひとりさまバーも、意外と海外のほうがトライしやすいの…

#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートさせてから、はや3年。OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェントルさんという恋人ができたけれど…

写真映え抜群! シンガポールの「最新フォトスポット」4選 2019

新しい観光スポットが続々誕生しているシンガポール。絶景スポットはつねに進化しています。自然と人工、水や光を駆使した、最新&未来的で写真に撮りたくなるシンガポールの絶景スポット4選をご紹介します!【シン…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事