#68 男の本音って…。モテない独女が合コンで痛感したこと【40代編集長の婚活記】

結婚できないどころか、恋愛すらできない40代独女、OTONA SALONE編集長アサミ。婚活を始めて1年になるが誰ともうまくいかない。周囲から「婚活してるけど、実は結婚する気がないでしょ?」と言われる始末。

その指摘はあながち間違いではない。なぜなら40代独女にはだいぶ根深い「男性不信」があり……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

男性からの「心無い言葉」事件

私の男性不信となる第1の出来事は、大学1年のときにお付き合いしたサンコウくんだった。それは彼の「浮気」事件によって。

それから数年後、輪をかけて男性不信になる第2の出来事が起こった。それは「心無い言葉」事件。

 

事件が起こったのは、20代後半のころ。知人の女性に誘われて、いわゆる「合コン」というものに参加したとき。

男性3人、女性3人。相手はみんな某有名商社勤務、こちらは私に声をかけてくれたライター、代理店勤務、そして私だった。

楽しい会話で盛り上がり、全員でもう1軒行こうということになった。3人の男性に対して恋愛感情的なトキメキはなかったが(そもそも恋愛に対して低体温だし)、お友達としては面白くていいかなと思っていた。

 

ボツボツ、ハズレ、気持ち悪い……

私はトイレに行こうと席を立った。……のだが、忘れ物に気づいて戻ろうとした。そのときだった。

商社マンA「あれはちょっと無いねー」

ライター「どうしてー?」

商社マンA「なんかさ、触りたくない感じ」

商社マンB「わかる!」

代理店「何が?」

商社マンA「あごのとこ、肌ボツボツじゃん。そういうのって全身ボツボツしてそうだから無理」

商社マンC「面白いし楽しい子だけど、オレもあの肌はダメだな。ちょっと気持ち悪い」

ライター「何、結局見た目なの?」

商社マンA「見た目だよ! 顔とかスタイルもだけどさ、オレ的には肌が重要」

商社マンB「オレも! むしろ肌が荒れてるってだけでナシだね!」

商社マンC「確かに、触りたくない」

商社マンA「だってさ、店で彼女を見たとき、ソッコーで“今日のハズレ”だなって思ったもん」

 

それは私のことだった

なんの話をしているのか、最初はわからなかった。でも、あごのところの肌がボツボツ……という言葉でわかった。

私のことだ……。

当時、私は仕事のストレス、忙しくて休みも少ない日々が続いていたせいか、肌がものすごく荒れていた。いわゆる大人のニキビ(そのときの写真はコチラ)。

自分でも鏡を見るのがイヤになるくらい、あごの周辺に赤いボツボツがたくさんできていた。皮膚科にも通ったり、ニキビにいいと言うスキンケアもいろいろ試したけれどなかなか治らなくて悩んでいた。

そんな私のニキビ肌について、彼らは話をしていた。

「ボツボツ」、「ナシ」、「ハズレ」、「触りたくない」「気持ち悪い」……。

心にグサグサとささる言葉が耳に入ってくる。

忘れ物を取りにきたけれど、とてもその場に入る気にはなれなかった。そっと部屋の前から離れた。泣きそうになった気持ちが落ち着くまで一人でいよう。少しの間、部屋に戻るのをやめた。

 

結局、男って「見た目」かよ

彼らに気に入られたかったわけじゃない。

気になる男性がいたわけでもない。

モテたいわけでもない。

ただ、自分でも治したいと思っていながらなかなか治らない荒れた肌を、そんな風に言わなくてもいいじゃないかと思った。

そう思う一方で、

肌荒れしてる女ってだけで、気持ち悪い、触りたくないって思うんだ。

男って結局、見た目なんだ。

もちろん、別に彼らの考えだけがすべての男性の意見なわけじゃない。そう思って気持ちを切り替えようとするのだけれど、切り替えようと思えば思うほど涙が出てきた。もうやだ、帰りたい。

しばらくして飲んでいる席に戻ったが「飲みすぎて気分が悪くなったから、先に帰るね」と伝え、ろくに挨拶もせず足早に店を出た。顔を見せたくなかったから……。

 

恋人なんて別にいらないし!

この「心無い言葉」事件をきっかけに、私の男性不信は加速した。

男は浮気する

男は女を見た目で判断する

私は浮気されたくないし、見た目だけで判断されたくない。だからやっぱり恋人なんていらない。男性も女性も、みーんな友達のままでいい。

この荒れた肌だって、治そうと皮膚科に通ったり、自分なりにケアしていたつもりだ。がんばってるけど治らないんだもの。それを、あんな風に言われるなんて。男性だって友達ならあんなこと言わない。

私は外見だけじゃなくて、中身をちゃんと見てくれる人と出会いたい。でも、そういう人って……? 以来、合コン的なものは基本、行かないことにした。合コンに来る人はまず見た目から入るんだろうし。

10代、20代で起こった2つの事件によって、私は「男性不信」に陥ったのだった。そして30代になっても「男性不信」をより深める新たな事件が起こったのである。

 

 

いまだから言える【婚活記こぼれ話】

20代後半から30歳くらいまでは本当に肌がひどく荒れていたんです。リアルな写真については、『ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣』 に掲載しています。いま自分で見てもかわいそうだと思うくらい……。

でもおかげさまで肌荒れもなくなり、昨年は10歳若く見える肌だ言われたり(by婚活でデートしたメンノンさん)、某化粧品ブランドの肌診断で角層のコンディションがほぼ満点という診断が出たり(!)、先日は某女性タレントさんに「肌キレイですね」と言っていただいたりと、だいぶ肌をほめてもらえるようになりました。

見た目……ですけど(苦笑)。

荒れ肌をケアした2つの「神アイテム」

乾燥する部分にだけ使ったヴァセリン ピュアオリジナル スキンジェリー。

「大人ニキビを改善する4つの習慣」では書かなかった、肌の改善に使ってよかったと個人的に思っているアイテム2つを紹介します。

まず1つは「ワセリン」。これは乾燥ケアに使ったもの。

ニキビがひどかったときに半年間くらい肌断食をしていたんです。洗顔後、化粧水もなにもつけないっていうヤツですね。でも、さすがに何にも塗らないと乾燥が気になる部分もあって。

私が愛用していたのは「ヴァセリン ピュアオリジナル スキンジェリー」。洗顔後に、目元と口元にこのヴァセリンを塗るだけ。ほおとかあごとかは何も塗らない。そういうスキンケアを1週間やって、3週間はシンプルケアにしてというのを半年くらい繰り返しました。

 

 

ケシミンクリーム。これは限定のキティちゃんパッケージ。お仕事でご一緒したのも何かの縁かと!

もう1つは「ケシミン」。これはニキビあとケアに使ったもの。

肌断食を加えた4つの習慣のおかげでニキビはなくなったのですが、ニキビあとが残りまして……。あれだけボツボツできたわけですから、多少そのきずあとが残るわけです。

メイクしているときはごまかせるんですけど、すっぴんになるとニキビあとが茶色っぽく色素沈着して気になる。茶色く色素沈着したニキビあとは、調べたらメラニンが関与しているとわかったので、メラニンの生成を抑えるものがいいだろうと。

そのお墨付きを認められている医薬部外品を……ということで当時使っていたのが「ケシミンクリーム」。理由は、ネーミングがいいのとお値段もお手頃だったから。

ニキビあとが薄くなったなと実感するまでには……1年以上経ったくらいだったかな? きっと薄くなると信じて毎日ほおとあごに残ったニキビあとにほぼ毎日塗っていました。

厳密にいうとまだほんのり気になるところはあるけれど、「ま、いっか」と思えるくらい薄くなりました。ニキビあとケアは気長にやることと、あんまり気にしないことが大事な気がします。あくまで個人的な感想ですけれど!

 

【40代独女の男性不信は、まだまだ闇が深かった! 続きはコチラ】

#69「もう傷つきたくない」独女が久しぶりに交際した男性とは【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#67 40代独女が男性不信になった、第1の事件【40代編集長の婚活記】

 

【一気読みしたいかたはコチラ】

40代編集長の婚活記まとめ #1~#67

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴 【40代独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

#106  やってわかった個室婚活のメリット、デメリット【40代編集長の婚活記】

ついに2年を超えた40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。あらゆる婚活にトライしてみるも、いまだ恋人すらできず。この夏、知人である独女の友に誘われて、参加したのは「個室婚活」。区切ら…

#105  どこまでアリ? 結婚相手との「年齢差」について【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活歴2年になるも、いまだゴールは見えず。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、出会いのありそうなバーへ繰り出す……。さまざまな婚…

#104  個室婚活で出会った「3人目の男」に思うこと【40代編集長の婚活記】

「40代の婚活は丸2年はみてほしいんです」──恋愛結婚カウンセラーの先生にそう言われたのは、2016年8月。連載【40代編集長の婚活記#1】のときのこと。あれから2年が経った。つまり、OTONA SALONE編集長・アサミ(46…

#103 40代未満、立ち入り禁止! ウワサの「個室婚活」レポ【40代編集長の婚活記】

20~30代とくらべ、40代の婚活はかなり困難を極めるらしい。OTONA SALONE編集長・アサミ、46歳。婚活を始めて1年11カ月。いまだに誰ともお付き合いすらできないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介などいくつ…

誰のファンだった?「たのきん」と「好みの男性」問題を考える

80年代の男性アイドル「たのきんトリオ」。40代、50代であれば知らない方はいないといっても過言はありません。男性アイドルの歴史において、爆発的な人気と新たな時代を切り開いたグループです。私、OTONA SALONE編…

#102 初めての「個室婚活」に行ってみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、かなり険しい道のりだという。婚活歴1年11カ月となるOTONA SALONE編集長・アサミ(46歳)は、まさにそれに直面していた。婚活パーティ、婚活アプリ、元カレとの再会、知人の紹介、出会いの多い場所へ…

【動画】婚活でわかった「ほめられる香り」by編集長アサミ【婚活美容】

OTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活中。好評の連載「40代編集長の婚活記」は100話を超えました。さて、今回からときどき「婚活美容」についてお伝えしていきたいと思います。近年、婚活リップが話題になるくら…

#101 ご無沙汰女が「恋を始める」には?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年を超えた40代独女。44歳にして婚活を始めてみるも、誰ともうまくいかないまま1年11カ月が経ったOTONA SALONE編集長アサミ。現在46歳。婚活パーティや婚活アプリ、元彼や友達との再会、知人からの紹介…

#100 彼氏いない歴9年「オトナの恋の始め方」って?【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活は、前途多難であり、抱腹絶倒でもある。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年11カ月に突入。そして連載もなんと100回に!偶然で再会したロンドンくんを「もしかして運命の…

私が「オバサン化」を感じたとき。コッソリ始めた対策とは

「うわ、私ってこんな風にシワが入るんだ!」衝撃でした……。われながらオバサン化しつつあることをまざまざと見せつけられたのは、ある一枚の写真。こんにちは、OTONA SALONE編集長のアサミです。その写真とは「撮り…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事