「好条件の王子様」だと思っても!アラフォー女性が警戒すべき危険な男の特徴3つ

婚活をしていたり恋人を探したりしているアラフォー女性も決して珍しくありませんが、年齢を重ねるにつれて、出会う独身男の“質”が下がっている傾向も否めません。

俗に「いい男」と言われる男性たちは、すでに結婚していることも多いだけに、適齢期を過ぎても“独身”でいる男性のなかには「ハズレ」も増えます。

そんな背景があるなか「でも、私は出会った男は掘り出し物だった……!」と、喜んでいる女性もいますが、それは“ぬか喜び”で、結婚してから「やっぱりハズレだった」と、嘆いている人も決して少なくないのです。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を専門とする私、並木まきが、好条件の王子様だと思っても、アラフォー女性が警戒したほうがいい男性の特徴を3つご紹介します。

 

1:親と住んでいるor親と同居したがっている

 

40代や50代になっても、親と同居し続けている男は、自立心に欠けたり極度のマザコンだったりする可能性が高くなるので、結婚相手としては注意が必要。

また「結婚したら、親と同居したいんだ」と口にする男も、要注意です。

このくらいの年齢の男の親は「高齢者」と呼ばれる年代に差し掛かっているパターンが多く、父親が他界している場合は特に「母親をひとりで置いておくわけにはいかないよね」と、納得したくなりますが、だからこそ「親の面倒をみる要員が欲しいから」結婚したがる男も。

新婚当初くらいはふたりだけの生活を営まなければ、うまくいくはずの結婚生活も夫の親によって壊されがちなので、気をつけて!

 

2:50代なのにバツなし

 

50代になって「バツ」がひとつもついていない、いわゆる“生涯未婚男”には、ここだけのお話、やっぱり“難あり”が多めです。

特に「高収入・高学歴・高身長」のすべての条件を満たしているのに、50歳まで一度も結婚していなかった男性は超危険。

その昔、その男が適齢期の頃には、モテ要素だった「3高」を満たす高条件な男だったはずなのに、婚歴がないということは“何か”があって不思議ではないからです。

どんなに王子様に見えても、どこかに結婚できなかった要素がないか、冷静にジャッジしたほうが得策でしょう。

ちなみに、公的な「生涯未婚率」は50歳時点でカウントします。50歳までに一度も結婚していない人は、「生涯未婚だった」という計算になっているのです。

 

3:親しい友達が全員、一風変わっている

 

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、彼が親しくしている友人がすべて、女性から見て「ちょっと変わってる」と思うタイプなら、こちらも気をつけたほうが賢明です。

男女問わずに言えるお話として、年齢を重ねた人が仲良くできる相手って、“ありのままで付き合える相手”だけだったりするので「彼はまともだけど、友達がみんな変」は、なかなかありえないお話に。

誰しも、結婚前には本性を隠し「いいところを見せたい」という心理が働くものなので、その「変」だと思った友人たちと同じような面が、その男の本性である可能性もかなり高いのです。

 

アラフォー女性が年上男性を選ぼうと思うと、40代後半や50代の相手になるのが一般的なパターン。

そして「いい男はみんな既婚者!」と思っていた矢先に、好条件風な男が現れると、恋は盲目にもなりがちです。

しかし、そんな彼にもやっぱり“独身である何か”があるのではないかと、まずは疑ってかかることも、あとあとになって泣きを見ないためには必要な心がけだったりします。

彼にお心当たりがあったのでしたら、結婚を急がずにしばらくお付き合いして、様子を見るほうが賢明と言えるでしょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

#37 40代独女が「婚活」を半年やってわかったこと【40代編集長の婚活記】

アラフォーになっても結婚をしないまま、独身で45歳をむかえたOTONA SALONE編集長アサミの連載婚活記。婚活パーティに参加したのは半年前、1度はデートに至るものの、その…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事