(やっぱり微妙……)本当は男性が嫌いなトレンド小物8選【17-18年秋冬】

イベントが増える年末年始。ひとつ取り入れるだけで、いつもの冬コーデを格上げしてくれるのが最旬小物の魅力です。ファーやニットなど、冬ならではのあったか素材を使用したアイテムは、季節感を取り入れられるだけでなく、実用性があるのも嬉しいポイント。しかし、ファッション誌でも取り上げられているそんなオシャレ小物たちも、男性目線ではアウトになってしまうこともあるから要注意! 今回は、そんな女友達OK、男性NGなアイテムをご紹介します。

 

〜バッグ編〜

①ファー付きカゴバッグ

「冬に持っているのって変じゃない? カゴバッグって夏のでしょ?(自営業・38歳)」

「一瞬、猫をカゴに入れて来たのかと思って二度見しました。(IT企業・42歳)」

 

ファー付きのかごバッグは、この冬のビッグトレンドのひとつ。ラグジュアリーな雰囲気で大人の着こなしにもマッチすると、アラフォー女性たちからも支持されています。ファーが取り外せるものが多いので、シーズンに合わせてアレンジできるのもポイント。しかし、いくらファーが付いているとはいえ、カゴバッグ=夏と思い込んでいる男性には引かれる可能性も。猫と見間違えるのはさすがにひどいですが、カゴバッグにファーという組み合わせが考えられない男性から見れば、仕方がないのかもしれません。

 

②エコファートート

 

「このバッグを片手持ちしている人たまに見かけるけど、手首にぶら下がってておばあちゃんの風呂敷包っぽく見える(歯科医師・45歳)

「物が入れにくそうだし、どこかに置いたら中身が転がって出そう。バッグの中絶対グチャグチャになるよね(公務員・32歳)」

 

モコモコで触り心地がよく、コロンとした形が可愛いエコファートート。各ブランドから登場していて、お値段も手頃なのですでに買ったという人も多いはず。片方の持ち手を引っ掛けて、ワンハンドルで持つのがSNS上で流行り、完売が相次いでいる大人気アイテムです。しかし、男性から見るとこの持ち方も不思議だし、バッグと言うより袋感覚で、心許ない印象のよう。彼といる時は、ワンマイル程度の近場にのみ持って行くのが良さそうです。

 

③ファーストラップバッグ

「街で肩に細長いファーマフラーかけている人がいると思ったら、バッグだった。これが今オシャレなの?(教師・48歳)」

「オシャレなのはわかるけど、このバッグを選ぶ時点で個性的な女性だろうなと想像してしまう(会社役員・34歳)」

 

ファーストラップのバッグも、今年の最旬トレンド。ファーのもこもこ感で、どんなコーデも季節感がグッと上がり、着こなしのアクセントにも◎。だいたいのものがファーストラップを取り外せたり、シンプルなストラップが付属で付け替えできるものが中心なので、2wayで使えるのも人気の理由です。小さめから大きめまで、ストラップの長さも様々なデザインで揃っていますが、男性にとって「持つところがファー」というデザインは、それだけで衝撃的なようです。男性と出かける時は、ストラップを外すのが無難です。

 

〜靴編〜

④ファー付きバブーシュ

「歩きにくそうだし、中で足が蒸れそう(教師・37歳)」

「室内スリッパっぽくて、色気がないから好きじゃない。暖かいのか寒いのかどっちつかず(飲食店経営・50歳)」

 

去年からブームが継続中のファー付きバブーシュ。ハイブランドがタウン履きできるスタイリッシュなデザインに進化させたことで、一気にトレンドの波に乗ったアイテムです。フロント部分はビットローファーのようなデザインで、カジュアルからキレイめまでどんなスタイルにも合わせやすく、履き脱ぎしやすいのもポイント。でも、男性から見れば「毛が生えたスリッパ」に見えてしまうのだとか。ぺたんこ靴が認められてきているけど、やっぱり踵が出るデザインのものはカジュアルすぎて男性ウケが悪いようです。

 

⑤ファー付きブーツ

「踵に毛が生えていて気持ち悪い(食品メーカー・29歳)」

「このモコモコいらなくない? 汚れたらどうするんだろう(38歳)」

 

ふわふわのファーを足元でさりげなく取り入れられるファーブーツは、着こなしを女性らしく仕上げてくれる人気のアイテム。大人の女性にもトライしやすい部分ファーですが、男性たちからは「ファーの必要なし」との意見が多数。シンプルなブーツで十分可愛いので、フワモコさせなくても十分なんだとか。中には「可愛くていいと思う」という人もいたので、これはデザインによっても好みが分かれるタイプなのかもしれません。

 

〜小物編〜

⑥指ぬきグローブ

「小学生のとき、こういう手袋してたなぁ、懐かしいって言ったら怒られました(美容師・40歳)」

「田舎のおばちゃんが畑仕事に使っているイメージで、どうしてもダサく見える(広告代理店・30歳)」

 

ニットの老舗ブランドからも登場している指ぬきグローブ。指先が出ることでほっこりしずぎず、つけたままでスマホ操作ができるので、働く女性からも人気のアイテムです。カシミア素材を使用した上質なものもたくさん出ていますが、パッと見ではお値段なんて分からないので、男性目線では子供の時に使っていた手袋と同じデザイン、という評価に。どう転んでもオシャレの評価は上がらないので、男性の前ではグローブは女性らしくシンプルなものをつけましょう。

 

⑦ベレー帽

「ベレー帽って、若い子がかぶるイメージ。大人の女性がかぶるとぶりっこっぽくなりそう(メーカー勤務・35歳)」

「ベレー帽が似合っている人って少ないよね。顔が大きく見えるし……(営業・36歳)」

 

キレイめコーデに取り入れれば抜け感を、カジュアルコーデにはこなれ感を演出してくれるベレー帽は、この冬また人気が再燃。シンプルなフォルムで主張しすぎないので、どんなコーデにも合わせやすいのもブレイクした理由です。でも、男性から見ればベレー帽はハードルが高めなのも事実。顔から近い分目についてしまうので、似合っていなければ余計に気になってしまうようです。帽子をかぶらない方が好感度が高いとの意見もあったので、男性と会う日はヘアアレンジを頑張ったほうがオシャレを印象づけられるかもしれません。

 

⑧黒縁メガネ

「40オーバーの女性が急にメガネかけ始めたら老眼かと思う(スポーツインストラクター・30歳)

「メガネは嫌いじゃないけど、黒縁のメガネってメンズっぽいから、もっと女性らしいデザインの方がいい(カメラマン・39歳)

 

もはや定番人気の黒縁メガネ。すっぴん隠しにもなるし、着こなしのポイントにもなるメガネはあると便利な小物のひとつです。ベーシックなウェリントンタイプの黒縁メガネは、あまり流行に左右されずにかけられて、どんな顔の形でも似合いやすい万能デザイン。この冬も人気は継続中です。でも、男性の中には、メガネしている女性が好みの人もいますが、基本的には少数派。自宅でくつろいでいる時にするのはギャップがあっていいと思いますが、カジュアルな黒縁メガネをデートにしていくのはオススメしません。

 

いかがだったでしょうか。冬の着こなしを格上げしてくれる大人のトレンド小物ですが、男性ウケするものとしないものは紙一重。特に女友達から可愛いと言われるものほど、意外とNGだったりするのかもしれません。どのアイテムも今季大人の女性にふさわしいものばかりなので、シーンを選んでオシャレを楽しみましょう!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 大人の夏ファッション、40代女性こそ〇〇が大事!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。いきなり夏日が続いてファッションが追いつかない!という方も多いのでは?今回は、夏に向けてのファッションについてお話させていた…

オバサン見えは痛い「下着」のせい? 40代からのブラ・ショーツの選び方

小中学生の頃、40代女性=オバサンだと思っていました。しかし自分が40代になって、正直、心のどこかで「オバサンと言われたくない」「オバサン見えしたくない」と思ってい…

あなたはどれを捨てますか?40代のファッション断捨離候補、1位はアノ服

最近「やったこと」「やってみたいこと」でよく挙がるのが「断捨離」です。30代に積もり積もらせた服を捨てに捨て、身軽になる人が大変多いとのこと(編集部調べ)。単価高…

真冬のZARA! 「#ザラジョ」に学ぶデニム着回し7コーデ

アラフォーのデニムスタイルって実は難しいコーデのひとつ。脚が細いからといってスリムを履くとイタくなりますし、ダメージデニムも組み合わせによっては汚く見えます。そ…

運命のルージュに出会う!「なんとなく似合うと思い込んでる」口紅はもうヤメて

「クレ・ド・ポー ボーテ」から1月21日に発売される新しいプレイフルルージュ「ルージュルミヌ」。どこから見てもふっくらと官能的で輝く唇を演出するスリムルージュです。この発売を記念して、1月18日(金)から3日…

40代をカバーするベースは?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ベースメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ベースメイク編】で…

40代の美白・シワケアはどうしてる?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・スペシャルスキンケ…

実は40代に似合うメイクって?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ポイントメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ポイントメイク編】…

答えの見えない恋。納得できる次のステップへ進むために

「か・が・み」の三文字のうち、真ん中の「が」を抜くと「かみ」になることはよく言われます。「が」はすなわち「我=自分」。鏡はありのままの自分と正面から向き合い続けることの象徴です。……いったいどういうこと…

40代の美髪と美ボディ、どう作りましたか?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ヘア&ボディ編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ヘア&ボディ編】は…

たるみが気になる40代、毎日のスキンケアは何を使う?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スキンケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ編集部賞・デイリースキンケア編…

知ってる? 湯の町・別府発の「温泉水」フェイスマスクがすごいんです!

世界でも有数の温泉地である大分・別府から生まれたフェイスマスク、サラヴィオ化粧品の「RG92 エスペシャリー」。温泉水に含まれる成分が大人女子の肌をよみがえらせてくれます。週末のケアにぜひ取り入れてみて!…

コレすごい! 毛穴やシミをカバーする美人必携「タイムシークレット」4つのテク

今、口コミを中心に話題になっているプチプラコスメ・タイムシークレット。シミや毛穴をカバーしてくれる! トレンドのツヤ顔になる! と大人女子の間でも大人気。ここでは、タイムシークレットで美肌になる方法を…

【オトナの手土産】ビジネスにも友人にもよろこばれる。老舗&名店の頼れる4品

手土産を渡すシーンが多くなるシーズンです。大切なビジネスの相手にも、いつもお世話になっているプライベートの友人にも。「これさえ選んでおけばまちがいない」と、安心させてくれる老舗&名店のとっておきの品を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事