【九星フラワー占い】三碧木星の1月の運勢は「紹介が」

今月は、新年ということもあって、世の中に「気をひきしめてビシッとスタートしよう!」という空気感が色濃く漂っていますが、星それぞれに自分らしいペースがあります。どんなスタートが幸運を招くのか、中国の運勢鑑定法・九星気学で読み解きお話しします。

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

きゅうくつだった2017年ももうすぐ終わり!

新しものが大好き。フレッシュな空気がする1月になって、やる気に満ちている三碧さんは多いと思います。とくに2017年は、何かを求めて動く時期ではなく、自分の手のひらのなかにあるものを見つめ味わい、時にはそれを家族や友人・知人とわけあう、❝振り返り❞のような時期で、エネルギッシュで活発な三碧木星にとっては、動くほどに物事が進まない状況に、ストレスがたまっていたのではないでしょうか。

走り出したい気持ちはまだ少しがまんを

そんな三碧さんたちを、「はい、好きなだけ走って!」と送り出したい気はするのですが、1月は、九星気学の暦では、まだ2017年のなかにあります。さらに1月の運勢も、「地に足をつけて準備をしましょう」というものです。ですから、もう少しがまんしてください。

準備といっても、具体的に何をすべきか迷うかもしれませんが、例えば恋活や婚活をするなら、人からの紹介、しかも信頼できる人からの紹介が大事なので、新年のあいさつをしっかりして、好印象を与えることにつとめてください。仕事で活躍したいと思ったら、もう1度基本の部分を見直してみたり、すべてのベースとなる健康な体になるため、和食を食べるように心がける、こういったことから始めてみてください。

うまくいかないことほど必要なこと

そしてもう1点。例えば何かの準備を進めていたとして、うまくいきそうに思えたときに、ひっくり返されるということが起こるかもしれません。じつはこの現象が起こることがらは、「それは本当にやるべき」というサインで、本気度を試されています。あきらめないことがチャンスにつながることを忘れないでください。

 

気になるラブ&マネー運は?

恋愛にかんしては、年上の同性の機嫌をそこねると邪魔をされるおそれがあるので、ていねいに接することを心がけて。もしかしたら、うわさのタネにされてしまうかもしれないので、話さないほうがいいかもしれません。

金運にかんしては、今は貯蓄のとき。少しでいいので貯金をすると、運気があがるでしょう。

今月のラッキーアイテムをチェック!

ラッキーカラー:マスタード色のアイテムを取り入れてみて。

ラッキーフード:飲み会やお茶のお誘いはなるべくOKして。気分転換には辛めの料理を。

ラッキーパーソン:おしゃべりをするなら、年下の笑顔が印象的な女性と。

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちらへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク