最悪な末路に! アラフォーが「不倫相手に選ばないほうがいい男」の3大特徴って?

不倫を推奨するつもりは毛頭ないのですが、仕事にプライベートにと充実している40代女性のなかには「今さら結婚して、自分のスタイルを変えたくない。でも恋愛はしたいから、若い頃より不倫に寛容になりました」と口にする方も珍しくありません。

シングル同士の恋愛となれば、その先に“結婚”を意識せざるをえないから、結婚を「煩わしい」と捉えている女性ほど「だから不倫もアリじゃない?」という心境に達するのかも。

さて、しかしそんなポリシーに基づいて関係を結んだ相手が、とんでもない男だったら?

今回は、40代女性が「不倫相手に選ばないほうがいい男」の特徴に迫っていきます。

 

1:家庭を大事にしない男

 

「どうせなら家庭を大切に思っている男と不倫せよ」なんて矛盾するお話に聞こえるかもしれませんが、妻子ある立場で妻以外の女性と関係を結んでいれば、家庭に対する罪悪感はあって然るべき。その罪悪感ゆえではないけれど、家を大事にするのは、結婚した男としての責任のひとつでもあります。

ところが不倫はするは家庭はないがしろにするは……な男は、結局のところ快楽を求めているだけにすぎず、自分だけがかわいいタイプ。罪悪感、責任感などの大人として必要なはずの“何か”が欠けているとしか考えられません。

不倫は、常に彼(または自分)の家庭に知られるリスクと隣り合わせな関係だけれど、こういう男の場合は、知られるべきところではないところに関係を知られた途端、自分かわいさのあまりに、責任をとれずどちらからも逃げてしまうタイプが多いのです。

 

2:複数人と同時進行する男

 

家庭があるうえに、別の女性たちとも同時進行で不倫をするような男も、40代女性の不倫相手としては不適格。一夫多妻制よろしく常に複数人と関係を結んでしまう男には、究極の快楽主義者も多めです。

今の日本の経済状況や男たちの平均年収を見ても、家庭に加えて複数人の女性を満足させられるほどの稼ぎがある男は、極めて少数派である実態が窺えます。つまりのところ、責任感のカケラもなく、ただ単に複数の女性と関係を結んでいる自分に酔っている性格が垣間見え、なんともお粗末。

例外として、家庭も含めてすべての女性に対し責任をとるかのように、経済的にも精神的にも満たすだけの度量がある男は別ですが、そうではない場合は選ばないほうがいい男の典型です。

 

3:「癒しを求めている」を公言する男

 

まず、女性に甘えるタイプの男は、一部の女性からは「母性本能がくすぐられる!」とモテますが、甘ったれ精神が旺盛な男は大人の不倫相手としては不適合タイプです。

そして「癒しを求めている」を公言する不倫男には、女性に甘えるのが得意な男も多めです。しかし家庭で甘えられないから外に癒しを求める……というご都合主義な性分も窺え、こちらも要するに「自分だけがかわいい男」。「癒しを求めている」と言うと聞こえがいいけれど、その裏には都合の悪いことは避けつつ、自分のはけ口として女性を都合よく扱いたいだけなホンネが垣間見えます。

自分のストレスや鬱憤(うっぷん)を女性に甘えて晴らそうとしているだけな男も多く、結局のところ何かあったときに頼りになりません。

 

「不倫」と言えども男女の人間関係ですから、いざという時に逃げ腰な男や無責任な男が相手だと、女性の苦労が増えます。積極的に不倫を推奨するつもりはありませんが、やむを得ない事情によって「不倫」を選んだ女性たちでも、いざという時に女を矢面に立たせるような男だけは、やっぱり避けたほうがいいと思うのです。

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

ハマったら危険!不倫上手な男たちが絶対にしない8つのこと

2016年も残すところあと少しですが、今年はとにかく芸能人の不倫ネタが多かった印象。どうして女性は、傷つくのがわかっているのに不倫に走ってしまうのか。大人の女性たち…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

お泊りデートでオバサン判定!40代女性が「ギョっとされた」3つのNG行動

お泊りデートは、意中の男性との心の距離を、さらに近づけるチャンス。ところが、少し気を抜いたがばかりに、男性から「オバサンくさい女性だな……」と残念なレッテルを貼られてしまった40代女性もチラホラです。「40…

「そりゃお別れされますよ…」男がドン引きする40代女性のダメ習慣

今どきは、婚歴のある独身者も、決して珍しくない時代。40代で独身の女性にも、過去に結婚をしていた過去がある人も少なくありません。そして、離婚歴があっても、恋愛や次の結婚に意欲的な女性だって珍しくなく「い…

ごめんダサいし昭和っぽい…男が「変だ」と感じる40代女性の定番メイク

クラシカルなテイストでまとめたメイクは、40代がすると大人の魅力が引き出される“オシャレ”になるはずだけれど、男性目線だと「いやいや、ダサいし昭和っぽいでしょ……」となることもあるようです。自分では、あえて…

19年夏「日焼け止め」選び方の正解は?40代はSPF、PA以外にコレをチェック!

本格的な日差しの強さを感じる日も多くなってきた今日この頃。デイリーのUV対策にも、本腰を入れたいシーズンの到来です。ところで、ドラッグストアをはじめとして、市場にはたくさんのUVアイテムがあるだけに「私に…

男の目は本当キビシイ…! 「この子、メイクが下手」と感じた40代女性の肌3つ

40代ともなると、ちょっとした不摂生や疲れによって、お肌の状態が不安定になるのも“あるある”です。そして、そんな女性たちの肌に向けている男性たちの視線は、こちらが思っている以上にシビアなものも……。男性の目…

令和なのに昭和感…40代が陥りがちな「古臭いアイメイク」って?

新元号「令和」の時代を迎え、ようやくその響きにも慣れてきた今日この頃。気持ちも新たに、新時代を清々しく迎えている人も、少なくないと思います。ところが、どんなに気持ちがフレッシュでも、メイクの出来によっ…

こんな白髪はイヤだ…男が嫌悪感を示す40代女性の白髪状態って?

年齢を重ねれば「お互い様」になってくる老化のひとつが、白髪。それだけに、同世代や目上世代の男性たちは、40代女性の白髪にも、女性が思っている以上に寛容な実態もあります。しかし「お互い様ではあるけれど、こ…

異性の目は厳しい…男が「アンバランス」だと感じた40代女性のリップメイク

メイクの印象は、全体の統一感もさることながら、口紅の色や質感ひとつでもガラリと変わります。特に40代は、肌の“くすみ”が目立ち始めることもあり、自分の肌色と相性の悪い口紅を選んでしまったがばかりに残念な印…

誰このオバサン…40代女性が自分で「使った途端にオバ顔」を痛感した定番コスメって?

本格的に暑さを感じる日も増えてきた、今日この頃。そろそろ手もとのデイリーコスメを夏仕様にチェンジしようと思っているかたも多いのではないでしょうか。新しいコスメを使うときにはワクワクするけれど、顔に塗っ…

残念すぎる…男からいろんな意味で「怖い」と言われる40代女性の外見って?

人の印象は、見た目によっても大きく左右されると言われますが、異性からの「この人って、こんなタイプ?」の推測でも、外見は明暗を分けるポイントに。40代ともなると、良くも悪くも「貫禄」がついてくる人も珍しく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事