最悪な末路に! アラフォーが「不倫相手に選ばないほうがいい男」の3大特徴って?

不倫を推奨するつもりは毛頭ないのですが、仕事にプライベートにと充実している40代女性のなかには「今さら結婚して、自分のスタイルを変えたくない。でも恋愛はしたいから、若い頃より不倫に寛容になりました」と口にする方も珍しくありません。

シングル同士の恋愛となれば、その先に“結婚”を意識せざるをえないから、結婚を「煩わしい」と捉えている女性ほど「だから不倫もアリじゃない?」という心境に達するのかも。

さて、しかしそんなポリシーに基づいて関係を結んだ相手が、とんでもない男だったら?

今回は、40代女性が「不倫相手に選ばないほうがいい男」の特徴に迫っていきます。

 

1:家庭を大事にしない男

 

「どうせなら家庭を大切に思っている男と不倫せよ」なんて矛盾するお話に聞こえるかもしれませんが、妻子ある立場で妻以外の女性と関係を結んでいれば、家庭に対する罪悪感はあって然るべき。その罪悪感ゆえではないけれど、家を大事にするのは、結婚した男としての責任のひとつでもあります。

ところが不倫はするは家庭はないがしろにするは……な男は、結局のところ快楽を求めているだけにすぎず、自分だけがかわいいタイプ。罪悪感、責任感などの大人として必要なはずの“何か”が欠けているとしか考えられません。

不倫は、常に彼(または自分)の家庭に知られるリスクと隣り合わせな関係だけれど、こういう男の場合は、知られるべきところではないところに関係を知られた途端、自分かわいさのあまりに、責任をとれずどちらからも逃げてしまうタイプが多いのです。

 

2:複数人と同時進行する男

 

家庭があるうえに、別の女性たちとも同時進行で不倫をするような男も、40代女性の不倫相手としては不適格。一夫多妻制よろしく常に複数人と関係を結んでしまう男には、究極の快楽主義者も多めです。

今の日本の経済状況や男たちの平均年収を見ても、家庭に加えて複数人の女性を満足させられるほどの稼ぎがある男は、極めて少数派である実態が窺えます。つまりのところ、責任感のカケラもなく、ただ単に複数の女性と関係を結んでいる自分に酔っている性格が垣間見え、なんともお粗末。

例外として、家庭も含めてすべての女性に対し責任をとるかのように、経済的にも精神的にも満たすだけの度量がある男は別ですが、そうではない場合は選ばないほうがいい男の典型です。

 

3:「癒しを求めている」を公言する男

 

まず、女性に甘えるタイプの男は、一部の女性からは「母性本能がくすぐられる!」とモテますが、甘ったれ精神が旺盛な男は大人の不倫相手としては不適合タイプです。

そして「癒しを求めている」を公言する不倫男には、女性に甘えるのが得意な男も多めです。しかし家庭で甘えられないから外に癒しを求める……というご都合主義な性分も窺え、こちらも要するに「自分だけがかわいい男」。「癒しを求めている」と言うと聞こえがいいけれど、その裏には都合の悪いことは避けつつ、自分のはけ口として女性を都合よく扱いたいだけなホンネが垣間見えます。

自分のストレスや鬱憤(うっぷん)を女性に甘えて晴らそうとしているだけな男も多く、結局のところ何かあったときに頼りになりません。

 

「不倫」と言えども男女の人間関係ですから、いざという時に逃げ腰な男や無責任な男が相手だと、女性の苦労が増えます。積極的に不倫を推奨するつもりはありませんが、やむを得ない事情によって「不倫」を選んだ女性たちでも、いざという時に女を矢面に立たせるような男だけは、やっぱり避けたほうがいいと思うのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク