最悪な末路に! アラフォーが「不倫相手に選ばないほうがいい男」の3大特徴って?

不倫を推奨するつもりは毛頭ないのですが、仕事にプライベートにと充実している40代女性のなかには「今さら結婚して、自分のスタイルを変えたくない。でも恋愛はしたいから、若い頃より不倫に寛容になりました」と口にする方も珍しくありません。

シングル同士の恋愛となれば、その先に“結婚”を意識せざるをえないから、結婚を「煩わしい」と捉えている女性ほど「だから不倫もアリじゃない?」という心境に達するのかも。

さて、しかしそんなポリシーに基づいて関係を結んだ相手が、とんでもない男だったら?

今回は、40代女性が「不倫相手に選ばないほうがいい男」の特徴に迫っていきます。

 

1:家庭を大事にしない男

 

「どうせなら家庭を大切に思っている男と不倫せよ」なんて矛盾するお話に聞こえるかもしれませんが、妻子ある立場で妻以外の女性と関係を結んでいれば、家庭に対する罪悪感はあって然るべき。その罪悪感ゆえではないけれど、家を大事にするのは、結婚した男としての責任のひとつでもあります。

ところが不倫はするは家庭はないがしろにするは……な男は、結局のところ快楽を求めているだけにすぎず、自分だけがかわいいタイプ。罪悪感、責任感などの大人として必要なはずの“何か”が欠けているとしか考えられません。

不倫は、常に彼(または自分)の家庭に知られるリスクと隣り合わせな関係だけれど、こういう男の場合は、知られるべきところではないところに関係を知られた途端、自分かわいさのあまりに、責任をとれずどちらからも逃げてしまうタイプが多いのです。

 

2:複数人と同時進行する男

 

家庭があるうえに、別の女性たちとも同時進行で不倫をするような男も、40代女性の不倫相手としては不適格。一夫多妻制よろしく常に複数人と関係を結んでしまう男には、究極の快楽主義者も多めです。

今の日本の経済状況や男たちの平均年収を見ても、家庭に加えて複数人の女性を満足させられるほどの稼ぎがある男は、極めて少数派である実態が窺えます。つまりのところ、責任感のカケラもなく、ただ単に複数の女性と関係を結んでいる自分に酔っている性格が垣間見え、なんともお粗末。

例外として、家庭も含めてすべての女性に対し責任をとるかのように、経済的にも精神的にも満たすだけの度量がある男は別ですが、そうではない場合は選ばないほうがいい男の典型です。

 

3:「癒しを求めている」を公言する男

 

まず、女性に甘えるタイプの男は、一部の女性からは「母性本能がくすぐられる!」とモテますが、甘ったれ精神が旺盛な男は大人の不倫相手としては不適合タイプです。

そして「癒しを求めている」を公言する不倫男には、女性に甘えるのが得意な男も多めです。しかし家庭で甘えられないから外に癒しを求める……というご都合主義な性分も窺え、こちらも要するに「自分だけがかわいい男」。「癒しを求めている」と言うと聞こえがいいけれど、その裏には都合の悪いことは避けつつ、自分のはけ口として女性を都合よく扱いたいだけなホンネが垣間見えます。

自分のストレスや鬱憤(うっぷん)を女性に甘えて晴らそうとしているだけな男も多く、結局のところ何かあったときに頼りになりません。

 

「不倫」と言えども男女の人間関係ですから、いざという時に逃げ腰な男や無責任な男が相手だと、女性の苦労が増えます。積極的に不倫を推奨するつもりはありませんが、やむを得ない事情によって「不倫」を選んだ女性たちでも、いざという時に女を矢面に立たせるような男だけは、やっぱり避けたほうがいいと思うのです。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

ハマったら危険!不倫上手な男たちが絶対にしない8つのこと

2016年も残すところあと少しですが、今年はとにかく芸能人の不倫ネタが多かった印象。どうして女性は、傷つくのがわかっているのに不倫に走ってしまうのか。大人の女性たち…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

なんでもいいわけじゃない! 「3歳老け見え」を招く残念なチークの選び方3大ワナ

薄づきを意識してメイクをしていても、周囲から「あの人、厚化粧のオバサンって感じ!」などと思われてしまったら、すごく残念。他方、ナチュラルメイクブームが継続中だけに、デイリーメイクは「できる限り薄め」を…

男は辛辣! 20代なら可愛くとも40代だと「即座にオバ見え」な女性のNG3しぐさ

ちょっとした“しぐさ”のせいで、男性に「この女性は、かなりオバサンっぽいなぁ……」と思わせてしまうのは、婚活を意識している40代女性ほど避けたいもの。しかし時として、世間が40代女性に対して抱く感想は辛辣で、…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事