食べすぎて胃が重いときは「正座」でこのストレッチを!

最近、食事をする際に“正座”で食べましたか? 自宅に畳が無い暮らしの方も多く、レストランではテーブル&イス、カフェではソファーなど意外と日常生活の中で正座をする機会って減ってますよね。

実は、正座が食生活や健康にとても有効的な座り方との事、さっそく真相を探ってみたいと思います。

 

日本なら正座なの?アフリカでは?

 

いきなり余談ですが……私が西アフリカを4ヶ月間旅した際に招かれたセネガル人のお宅では、ウエルカムティーをいただく時や食事の時も、土間のようなところに布を敷き、その布の上に靴を脱いで座りました。机もなく、お茶や料理は布の上に直接置き、ドッサリとご飯を盛った大きなお皿を囲むようにして家族全員が布に座りました。

どのように座るかと言うと……

私は正座をしましたが、セネガル人のその時の姿勢は、正座のように膝を曲げますが、片足は膝を立てて足裏を床に付けたまま食事していました。何故この姿勢なのか?質問したところ、いつでも立ち上がれてすばやく動けるためだそうです。これが礼儀作法なのかわかりませんが、その場にいた全員のセネガル人がこの片足正座のスターティングポジションのような姿勢で食事をしていました。

所変れば食事の際の姿勢も変わるのですね。

 

なじみのある正座がこんなに健康的だったとは!

 

食べ過ぎ、飲みすぎの日には正座をしにくくありませんか?

身体の前面、手足の筋肉には胃の経絡が走っているため、太モモや足首が伸びずに固いな~と思うときには食べ過ぎが原因の場合も。

消化力が弱まると胃腸に負担がかかり姿勢を正すのも辛く猫背になりがちに……。

内臓が下垂し腰痛の原因、肩コリ首コリにもなりやすく、足腰が弱っていると姿勢が悪くなり内臓を圧迫する……。

という負のスパイラルを払拭する簡単な方法は、実は「正座」なのです。

 

ヨガでは正座に近い座り方を金剛座と言います。サンスクリット語ではヴァジュラ・アーサナです。ヴァジュラとはダイヤモンドの原石、金剛石を意味します。

 

 

《座り方》両膝を揃え、足先は揃え踵を中央に寄せてその上にお尻を下ろします。快適で安定し背骨を伸ばして、骨盤を立てた姿勢が理想的です。骨盤底筋群の働き活発化し骨盤の安定性が増します。

もし、余裕があれば、正座のまま上半身を後ろへ倒し、太モモを伸ばすようにし背中や頭を床に下ろすと、さらに身体の前面がしっかりと伸びます。そのまま両手を頭上へバンザイしても気持ちよく上体が伸びます。

《効果》正座で姿勢を正すことにより消化不振を緩和、胃の経路は精神的な健康状態にも関係しているので精神の安定にも効果的です。正座をするとシャキッとするには理由があるのですね。

 

内臓に余計な負荷がかからず、肺も大きく広がる姿勢で食事することは消化吸収の機能をしっかりと発揮する身体になります。

毎日、正座をする習慣や感覚を身に着けると、今日の身体の様子や生活習慣を振り返る機会になりますね。

 

 

 「安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます」

3月3日(土) 大人の呼吸法 春の花粉症編

神奈川県鎌倉市 光明寺 vol.11

詳細はhttp://ptix.at/M4vxNL

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ダイエットに「カンタン白湯」。冷えも不調も撃退した私のコツは

朝起きて1番に、何を口に入れていますか?カフェインでシャキっと目覚めるコーヒー? まさかのスナック菓子?冷え症やダイエットにも効果的でシンプルな飲み物、白湯を毎…

息だけで不思議なほど涼しくなる「アイスのような呼吸」って?【読むヨガ】

いつもの裏路地には紫陽花が色づき始め、夜の小川にはホタルが飛んでいます。いよいよ梅雨入りも本番になりこれから夏が来るのを感じます。四季や気候と上手に折り合いをつ…

40代女性が気になる習いごと。1位ヨガ、3位茶道、2位は意外な○○?

子どもの頃、ピアノ・水泳・公文など習いごとをされた方は多いと思います。大人になって時間とお金にある程度の余裕ができた今、自分の視野を広げる趣味・教養の要素の強い…

この不調、更年期かな?と思ったら始めどき。自律神経を整える呼吸法

ほてり、肩こり、のぼせ、憂鬱など40〜50代を迎えると誰にでも訪れる更年期。めまいやイライラなど心が不安定になったら悩む前にヨガの呼吸法でリラックス。いざという時の…

ドッと疲れた1日を癒し、自分を取り戻す。夜のオススメポーズ【読むヨガ】

毎日時間が飛ぶように過ぎていき自分自身のメンテナンス時間も取れず、自然体の自分ってどんなだっただろうか……?少し立ち止まり肩の力を抜き空を見上げ深呼吸をしてみると…

夏までに至急ダイエット、たった1ポーズでウエストと二の腕を同時に筋トレ!

毎年この時期になると気になる体の露出パーツ。おばさんっぽい体を感じるのは二の腕のたるみとウエストのモッタリ感ではないでしょうか。40代で何もしなければ重力に逆らえ…

これも更年期?「睡眠の質が落ちた」人の身体タイプ判定とオススメ呼吸法

もうすぐ50代を迎える私たちにとって、「更年期」という言葉はすでに現実のもの。ですが、更年期じたくそのものはさまざまです。すでに対策をしている人、ホルモン補充など…

花粉で絶不調中の人、4500年続くこのシンプルな呼吸を試してみて?

爽やかな風に乗って届く花々の香り、柔らかい太陽の光を感じながら春到来の喜びを感じます。ここ逗子ではウグイスも鳴き始めましたよ。しかし、気持ち良い風に乗って花粉も…

冷え対策!立ったまま肩甲骨が温まり気持ちがほぐれるポーズ

寒波が立て続けに到来し空気がキリッと澄んでいるのを感じます。私の住む逗子からは雪化粧の富士山が望めます。寒さを理由に増えるスイーツや食事の量で、ウエスト周りのシ…

O脚脱出!いつの間にかスラリ美脚に変わる「5つの歩き方」

明るい春のファッションのアイテムが気になると同時に、冬に油断していたウエスト周りや太ももなども気になる、今日この頃。身体や脚のラインが冬太りのまま放置、ふとした…

カタい体もペタッと開脚!「ごろごろストレッチ」6つのポイント

「身体が柔らかくなりたい!」と一度でも思ったことありませんか?180度開脚したり、立位体前屈で両手の平が床に着いたり、こんな風に身体が動いたら気持ち良さそうだな、と憧れますね。それには毎日のストレッチも…

簡単にリラックスできる!ずぼらストレッチ

夏のビーチや木陰で昼寝をしているような気分のヨガ、その名もずぼらヨガ。はじめてヨガする方でも安心で「これヨガなの?」と思うほど簡単。寝転がっているだけなのに歴としたヨガポーズは、猛暑でお疲れ気味の心と…

食べて体を冷やせる!夜中でも罪悪感のない夏の夜食「美スープ」

すでに夏バテ予備軍になりそうなほど酷暑ですね。体を労って過ごさないと残暑まで身が持たない気配が……激辛スタミナ料理で夏をのり越える!と意気込んでも40代の胃腸には刺激が強すぎませんか?熱帯夜にお腹が空いた…

夏のアーユルヴェーダー養生、ココナッツオイルでセルフマッサージ

本格的に暑くなってきました。大人の夏休みまであと少し!青い空と青い海が広がる南国のリゾートだったら暑さをどう凌ぐでしょうか?夏の興奮を鎮め、体と心をゆっくりと休める時間、自然治癒力を高めて夏風邪や皮膚…

UV剤が禁止のハワイ、ローカルは日焼けにどう対策しているの?

こんにちは、私が住むここ湘南は海開きし、小麦色に焼けた肌がビーチを闊歩しています。しかし気になるのが紫外線によるシミやシワ。憎い太陽の眩しさに向かって、眉間にシワをよせていませんか?ハワイでは日焼け止…

夏場のいやな体のニオイ。さらに悪化させるのはこの「食べ物」

以前の記事「ヨガで予防できる口臭問題」(https://edit.otonasalone.jp/63704/)でも触れましたが、口臭の主な原因は、食べカスや細菌、舌や歯の汚れの磨き残し。このほか、タバコやコーヒー、ネギなどニオイの強い…

睡眠、風邪、ストレス対策…「ヨガを始めて私の人生こう変わった」

飽き性……継続って意外と難しい……何をやっても長続きしないけど「ヨガだけは続けている」とよく耳にします。日に日に歳を重ねていくにつれ変化(老いとも言う)を目の当たりにする40代ですが、ヨガを長く続けているこ…

「身体固いけどヨガできますか?」実際始めてみた人たちのリアルな感想は

もはやヨガブームから数十年が経ち、市民権を得たように思われるヨガですが、私は17年前スノーボード選手時代のメンタルトレーニングとしてヨガに出会いました。ダイエットで痩せたい!冷え性を克服したい!などヨガ…

汗を吸ったマットもこれでOK!梅雨時のニオイ対策はナチュラルに

入梅の候、しっとり雨の降り続く生活で気になるのがニオイとカビ。私が暮らすここ逗子は、海沿いの町なので湿度が多く、洗濯物は生乾き、お手入れをサボった靴にはカビが発生。ちょっと緊張感のある暮らしです。そも…

夏までにお尻2cmヒップアップ!梅雨のだるさを吹き飛ばす朝イチのストレッチ

梅雨入りすると一気に「あ〜なんかダルい……」身体や心にカビが生えそうなほど湿気が溜り、冷えと血行不良による足のむくみや偏頭痛など梅雨特有のモヤモヤ不調を感じていませんか?夏までに追い込みダイエットも兼ね…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事