基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。

でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだときと同じように身体を温める浴び方があるならば? ちょっとしたコツだけで、湯冷めしないシャワータイムに変身するんです!

 

温まるためのシャワーの浴び方のポイント

身体の冷えは基礎代謝をダウンさせることもあって避けたいものです。でもゆっくりバスタブで過ごす時間もないことが現代女性は多いもの。そこでシャワーで簡単に身体を温めるコツを知りましょう。

 

シャワーだけで身体を温めるポイントは4つあります。それが下の項目です。

 

・足湯を活用する。

・順番は下から上に。

・シャワーを当てるポイントは身体のつなぎ目。

・ラストは身体の先に水と浴びる。

 

短時間で身体を温めて正常な基礎代謝をキープさせることも、立派な健康管理です。またキレイやせのためにも欠かせないことですから、今日から実践してみてください。

 

足湯は簡単で効果抜群!

 

シャワーだけで身体を温めるために、必ず用意していただきたいのは足湯です。専用のフットバスがなくても、足首までお湯に浸かれるもので充分。ですから大きめの洗面器があると便利です。じっくり足首までお湯につかっているだけで冷えにくいですし、効率よく身体も温まります。

 

1・先にシャワーから熱めのお湯を洗面器に注ぐ

2・お風呂用のイスに座りながら足先を洗面器に

3・シャンプー、洗顔はそのまま行えばOK!

 

お湯が冷めてきたら、再びお湯を入れ替えて。もっと温めたいならバスソルトを加えるのもおすすめです。ときおりお湯の中の足をマッサージすると、さらに体が温まります。特に指の間をマッサージすると、気分良く疲れもむくみもほどけていくので、こちらもお試しください。

 

足湯を使うと、フットケアの結果に差が出ます。硬くなった古い角質が緩み、無理なくきれいに落とせるからです。面倒になりがちな冬場の足の角質対策はまず足湯から。

 

重力がかかる場所からシャワーを当てる

シャワーを浴びる順番は下からが基本です。つまり重力がかかっている場所から熱をほどよく与えつつ、水圧での刺激を与えると血液の循環がスムーズになります。身体を温めるためには、熱を体中に巡らせるために血流をスムーズにする必要があるから、血流が悪くなりやすい部分からシャワーを当てるわけです。

 

足からひざ裏、足の付け根、ウェストという形で、シャワーを上に向かうように当てていきます。かけ湯と同じ感覚でシャワーを浴びれば、身体が温まりやすくなります。最初は身体を温める感覚より、ほぐしていく感覚でシャワーを当てていきましょう。一気にお湯を浴びるよりも、こちらのほうが気分良くお湯の感触を楽しめるはずです。

 

普段から重力で圧力がかかる部分から緩めていくから、シャワーも下から浴びましょう。思っているよりもシャワーの水圧は身体が疲れで固くなっている部分をほぐしてくれます。身体をほぐしてからでなければ充分に血液が流れず、血液が熱を運べません。準備運動のつもりで下から上に向かって、身体をほぐすことを忘れないでください。

 

身体のジョイント部分が温めポイント

 

太い動脈を温めることで、身体はじっくりと温まります。この太い動脈を温めやすいのが、関節の部分、つまり身体のつなぎ目です。ですから足首の内側、ひざの裏や足の付け根、わきの下、首の後ろや首筋は集中してシャワーを当てたい部分。心臓から遠い部分からシャワーで温めていくと、さらに血流も良くなります。

 

心臓に向かうようにシャワーの水圧で流すようにマッサージしながら当てていくと、さらに効果的です。まずは重要な温めポイントとも呼べる身体のつなぎ目にシャワーを当ててから、シャンプーをしたり、ボディを洗ったり、という目的に進めていくと、時間も効率よく使えます。それに身体も冷えずに済むのです。

 

基礎代謝を正しくさせるには、血流をアップさせることが欠かせません。そのためにも太い動脈が集まっている部分をきちんと温めることが大切です。温かいシャワーの水圧なら、力を入れすぎて肌を傷めることもありませんし、筋肉や筋の流れにも負担をかけずに済みます。太い動脈を温め、心臓に向かって行うというポイントを押さえておけば大丈夫です。

 

冷たいシャワーでさらに熱を冷まさない

仕上げとしてさらに身体を温めるためには、水シャワーを行います。身体をお湯のシャワーで温めてから、短時間の水シャワーで冷やすと毛細血管がきゅっとしまります。その後、また一気に毛細血管の血液が大量に流れるので、身体がほかほかと温まるわけです。また身体の表面が冷えれば自律神経の働きで内側から温まるという効果もあります。

 

理想は短時間でいいので、全身を水シャワーで一気に冷やすことですが、冬場はハードですよね。そこで提案したいのは、身体の先、つまり手や足だけに水シャワーを浴びること。これだけでもかなり身体が冷えにくく、温まった状態をキープできます。全身を水シャワーで仕上げるのは慣れてきてからで充分です。

 

確かに理想はバスタブでのんびり過ごすこと。でも多忙であればあるほど、その時間が取れません。そんなときこそ、シャワーだけで身体を温める浴び方を試してみましょう。ただ清潔になるだけではなく、身体を温めることで基礎代謝を正しくさせることが大事なのです。特に冷えやすい季節は重要な健康を守る基本でもあります。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

「限界レシピ」40代がコンビニ食材だけで作った!真夜中でもOK、思い立って5分

ネットで最近よく見るタグ、「限界レシピ」をご存知ですか? もともとは若い女の子の間で流行ったお金をかけずメイクを済ませる「限界コスメ」というキーワードでしたが、それが料理系に進出したのが「限界レシピ」…

5分シャワーでできる!「真夏のエアコンおしり冷え」撃退方法

この夏の猛暑でエアコンは欠かせませんが、ふと気が付くとエアコンで身体が冷えていませんか? 直風が当たる場所にいたせいで夏風邪をひいたり、オフィスの冷気で身体が冷えて調子を崩す人は結構多いものです。冷え…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

「当たりの医者」を近所で見つける!4つのポイント

若いうちは少々はかなげで弱々しいほうが「かわいい・美しい」かもしれませんが、50代に入ると線の細さがそのまま枯れてギスギスした老けた印象へと変化します。人生の半ば過ぎ以降は、ヘルシーでエネルギーに満ち溢…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事