この3点の保湿が足りないと「カサカサおばさん」!特に春先はご注意

湿度の低い季節には、それなりの“保湿ケア”を心がけていらっしゃる女性が多いはず。

40代ともなると、若い頃よりただでさえ“うるおい”が減少しがちなだけに、ちょっとした保湿にも手間をかけたいお年頃でもあります。

他方、自分では保湿を怠っていないつもりでも、周囲から「わっ。あの人、カサカサおばさんって感じ」などと思われてしまいやすい女性も。

「カサカサおばさんには見られたくない!」がモットーな40代女性のみなさま、ご機嫌いかがでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、カサカサおばさんに見えやすい女性が保湿を不十分にしがちな3大パーツに迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:指先や手の甲など意外と目に入る「手元」

 

少しでもカサいていると「あの人、なんかカサついているオバサンって感じ」と周囲に思われやすいパーツのひとつに、“手元”が挙げられます。

書類を渡す場面や食事の際にグラスを持ち上げるときなど、他人の手元は、実にさまざまな場面で目に入りやすいもの。

そして、顔はうるうるにうるおっていても手元がカサついていると、それだけで残念な印象も醸し出しやすいので、どんなときにも十分な保湿が必要なパーツです。

きちんとハンドクリームを塗る習慣があっても、大量の書類に触れたあとや外気に触れたあとなどは“うるおい”が失われがち。ハンドクリームだけだと保湿が追いつかない方は、オイルや馬油バームなどで膜を与えるようにすると、時短ながらカサカサした印象が回避しやすくなります。

 

2:年齢がもろに出やすく乾燥するとシワも目立つ「首元」

 

首元は年齢が出やすいパーツとしても知られますが、細かなシワくらいなら、十分な保湿によって目立ちにくく見せるのは可能でもあります。

そしてこちらも、十分に保湿をしているつもりが気づくとカサカサ! を招きやすい部分でもあり、どんなに顔がうるおっていても、首元が乾燥していると「カサカサなオバサン」に見えやすいのも否めません。

朝のスキンケアで「デコルテまでは、顔同様に保湿をしている」としても、ファンデーションなどでうるおいの膜を与えている顔とは異なり、首元は外気に触れた時点で乾燥しやすいパーツ。

保湿クリームをポーチに忍ばせて、メイク直しのたびに首にはうるおいを与えるように意識しておくと確実です。

 

3:ガサガサのささくれや線や波も悪目立ちしやすい「爪」

 

“手元”の皮膚の保湿が十分でも、爪がカサカサした印象になっていると、それだけで“老けたオバサン感”が出やすい傾向にもあります。

ジェルネイルなどの習慣がある場合にはごまかしやすいのですが、ネイルポリッシュも一切塗らない自爪派の場合には、乾燥した爪が周囲からの目にとまりやすいため、爪そのものの保湿ケアも怠るわけにはいきません。

また、年齢や体調によって、爪に“線”が入ったり波打ったりといった女性も少なくありませんが、ツヤのない爪はこれらを悪目立ちさせ不健康そうな印象をも醸し出します。

ハンドクリームだけだと爪の保湿までは追いつかないことも多いので、自爪派の方は、ネイル専用のオイルを持ち歩いておくと安心。保湿すると同時にツヤを与えておくと、カサカサしたイメージは瞬時に払拭できます。

 

顔は十分に保湿できていても、その他のパーツでカサつきが目立つと、一気に「カサカサおばさん」なイメージも与えやすくなります。それなりに保湿をしているつもりでも外気の影響などで保湿が足りていない場合もあるだけに、人目につきやすいパーツほど、さらなる保湿を心がけておいて損はありません。

まだまだ乾燥する日々が続いています。お心当たりがあった方はぜひ、これらのパーツは他のパーツよりもより“保湿”に意識を向けてみてください。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

 

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代女性のまつ毛が「プチプラ」で品格の目元に!この2品の組み合わせで

40代にもなると、若いころと比べて、まつ毛の量そのものが減ったり毛が細くなったりする“老化”に、頭を抱える女性も少なくありません。かく言う私もそのひとりで、40歳を迎えたころから、まつ毛のボリュームダウンを…

信じた僕がバカでした…!? 男が「騙された」と感じた40代独女の発言3パターン

40代が新しい恋愛をはじめるにあたっては、若いころのように“勢い”だけでなく、相手の恋愛へのスタンスや理想をさりげなく確認したうえで親密な関係へと発展するパターンも珍しくありません。「もう失敗したくない」…

保湿だけじゃ足りません…! 肌悩みが多い40代女性ほど「使っていないスキンケアコスメ」3選

「このところ、年齢よりも老けて見られることが増えた気がする」「40代になってから、どうもお肌の調子が慢性的に良くないかも」そんなお心当たりがあるならば、デイリーに使っているスキンケアコスメの見直しを図る…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでも…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事