日本語の誤用「お客様が書かれる」、これ正しく言えますか?

先日、ある方が「食べれる」とおっしゃっていたので「それは『ら抜き言葉』ですよ」と注意をしたら「だって先生、『食べられる』って言ったら、まるで「食べられてしまう」ようじゃないですか。目上の人には特に注意ですよ」と反論がありました。いえいえ、目上の人には「召し上がる」を使ってくださいね。

確かに、「食べられる」は「しまうまがライオンに食べられる」というような文で使われるように「受け身」の意味があります。そのような誤解を考慮すべきなのですが、少なくとも「食べられる」に関しては、人間が食べられる方、捕食される方になる表現する機会はなかなかありませんから、可能性の低い誤解を気にする必要はありません。むしろ、「食べれる」と話してしまい、「言葉を知らない人だな」と思われてしまう可能性の方が高いので気をつけましょう。それよりも、誤解されやすい敬語表現もありますので、今日はそのお話と、素敵な言い換えの例を紹介しますね。

 

お客様が書かれる

お客様が、商品に対して感想を書いた。それを読む。この状態を敬語でどう表現しますか?

例 お客様が書かれたクレームを読む。

「書かれた」には受け身表現もあります。

この記事は、〇〇について書かれたものです。

このような言い方で表されることが多いですよね。
この文は、きちんと助詞を使い、補助の言葉を添えれば、書き言葉での誤解はやや防げます。

正解1 お客様が書かれた、この商品に対してのクレームを読む。

文法的には正しいです。でも、相手が先輩などの場合は、先輩に対する尊敬語が交じり、怪しい感じになりますよ。

先輩、お客様が書かれたクレーム、もう読まれました?

これでは先輩に対する「れる」も入ってしまい、大変言いにくいですし、言いにくいものは、聞いていても聞きづらいものです。
そこで「れる・られる」を使わない表現に直します。

正解2 お客様がお書きになったクレームを読む。

そうです「お」を付けて回避する方法ですね。こうすれば、先輩に対して話す時にもそのまま使えます。

お客様がお書きになったクレーム、もうお読みになりました?

この方法は、たいていの言葉で使えますので、まずはこの方法を覚えてしまいましょう。

  • 書かれる→お書きになる
  • 歩かれる→お歩きになる
  • 知られる→お知りになる

 

先生が嫌われる

ある先生が、あることを嫌いだとします。それを敬語でどう表現しますか?

例 そのお店、先生は嫌われているみたいよ。

先生がそのお店のことを嫌い。この状態を敬語で話すシーンです。
もちろん、きちんと助詞を使い、語順を整えれば、書き言葉での誤解はやや防げますね。

正解1 先生は、そのお店を嫌われているみたいよ。

でも、話し言葉ではそこまできちんとしないことが多く、先に述べたように

そのお店、先生は嫌われているみたいよ

のような話し方をしてしまいます。
そこで「られる」を使わない表現に直す方法もあります。

正解2 そのお店、先生はお嫌いみたいよ。

これで「誰かに嫌われる」という受け身の状態から脱出しました。こんなシチュエーションで使うことが想像できますよね。

そのお店、先生はお嫌いみたい。他のお店にしましょうね。

さて、ワンランクアップの言い回しを紹介しますね。ここでぐっと差を付けましょう。

大正解 そのお店、先生は お気に召さないみたいよ。

どうでしょう?先生に払う敬意も感じますし、周囲にもネガティブな印象を与えないですよね。
「嫌い」という超ネガティブワードを「お気に召さない」というやんわりとした表現に直しただけ。これはとても便利な方法です。まるっと覚えてしまいましょう。
もちろん、これは敬語表現のうち、尊敬の表現方法ですから、自分の行動には使いませんのでご注意ください。

 

会長が利用される

有名な方などが、商談などで自分の店をよく利用する、ご家庭で自分の会社の商品を利用する。それを敬語でどう表現しますか?

例 〇〇会長は、当店をよく利用されていました。

なんだか大変な誤解を生みそうな表現になってしまいました。
まるで〇〇会長が、この店を利用して、儲けていたようにも受け止められますよね。
もちろん「食事の場所として」などの言葉を添えれば、誤解はやや防げますね。

正解1 〇〇会長は、食事の場所として、当店をよく利用されていました。

これでOKです。でもこの「利用されて」という言い回しがまだ誤解を引きずっている印象があります。そこで、このような表現はいかがでしょうか。

正解2 〇〇会長は、当店をよくご利用になっていました。

これで誤解は解けそうです。これは「当店」ではない場合も使えますよね。

例 〇〇会長は、休憩時間にあの喫茶店をよくご利用になっていました。

さて、ここでも、ワンランクアップの言い回しを紹介しますね。ぐっと差を付けましょう。

大正解 〇〇会長は、当店をよくお引き立てくださっておりました。

どうでしょう?〇〇会長に払う敬意も感じますし、謙虚な姿勢が前面に出ていますよね。
「利用」という無味乾燥な言葉を「引き立てる」という上品な言い方に変えるだけで、こんなに印象が変わります。特に自分が贔屓にされる立場にいる場合は、相手がどうするかよりも、自分がどう感謝しているかを言葉に含めると良いでしょう。

 

受け身と同じ形の敬語は、「お~になる」「ご~になる」と言い換えることでほぼ解決できますが、他に素敵な言い方はないかしら?と考えてみることで、上手に回避できるばかりでなく、ワンランク上の言い回しに変換することも可能です。
上手な敬語を使っている女性の先輩がいるならば、ぜひ、一緒に行動してみましょう。そして言葉を丸っと覚えてしまうのも良いでしょう。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さかあがり」って書けてる?みんなが間違えがちな漢字の書き方10選

さかあがり。坂を上るわけではないので、「さかあがり」の「さか」は「坂」とは書きません。ではどう書くのでしょう?今日はそんな熟語を10個集めました。1・子どもの頃は、日が暮れるまでさかあがりの練習をしたも…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!…

「強面」ごうめん?間違えてたら赤っ恥すぎる日本語のNG読み10

目で見る分には意味が分かるからと、正確な読みを気にとめなかった熟語ってありますよね。いざ、音読しなくちゃいけない時に、とんでもない読み間違いをして、恥ずかしい思いをしないようにしたいもの。今日は、よく…

「牛車」はぎゅうしゃでOK?意外に間違える日本語の読み10

今回は「説明」に、ちょっと為になるワンポイントアドバイスを入れました。間違いも正せて為にもなる、そんなコラムをどうぞ。1・意訳読み間違いの例いわけ正しい読みいやく意味原文の一語一語にこだわらず、全体の…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

「役務」って正しく読めてる?簡単なのに間違える漢字10選

新元号に変わり「令和」となりました。この「令」という文字は、フォントによって形が違います。万葉集が出典だったこともあり、日本語に興味が集まっているようです。今回も、誰もが知っている漢字を使っているのに…

「一段落」は「いちだんらく」?知らないと恥かく読み間違え10選

元号改正で再び漢字に注目が集まっています。誤読をした政治家が立たされるなど、ヒヤヒヤする場面も。今回は、誰もが知っている漢字を使っているのに、誤読の多いものを選んでみました。1・一家言読み間違いの例い…

合いの手は「入れる」?「打つ」?意外と曖昧な言葉5選

言い回しが何だかとっても似ていて、もうどっちが正しいか分からなくなってしまった言葉はありませんか? そんな言葉の中から、間違いやすい曖昧な言い回しを5つ選んでみました。解説も付けましたので、今日、この5…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事